プロフィール

RED

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

タグ

タグは未登録です。

三面川水系死亡遊戯 #2

  • カテゴリー:日記/一般

山道を歩いていてそれほど気にならなかったメジロアブも川へ降りればこの通り。

もう容赦なくブスブス刺してきます。
そりゃ~もうヒデェもんですよ。
立ち止まると30匹くらい一気の取り付いて来るので、ひたすらダンスをしながらの釣りになります(笑)。
特にジェネの血は美味いのかやたらとアブを引き摺って歩いてます。

釣れる獲物は100%イワナ。
アベレージサイズ25cm~泣き尺といったところ。
アタリはポツポツ程度。やっぱ先行者いるのかな?

それにしても水の透明度はバツグン!
岩陰から魚が追い掛けてくるのがよく見えますよ~♪

トップ好きのジェネは虫系(てれすとりある?)のトップをドリフト。
水面を割っていいサイズのイワナが飛び出してきました。

ルアーはアムズのヒデチャマにもらったサンプルルアー。
これがよー釣れる!発売は99,999%ありません。悪しからず・・・。

こんな調子で釣り上がって行くとところどころで難所にブチあたります。
ほとんどゴルジュ地形が続くので、やたらとヘツリが多い。
しかも滝も多いので高巻きしてかわして遡上します。

思った以上に渓相はハード。
ヤバいところは二人で協力しながらクリアして行きます。

日の差し込む明るい渓なので、イワナの体色も白っぽい感じですねぇ。
瀬の中でも特に大きな岩にタイトに狙わないとバイトしません。
しかもミノーの場合はブラック系にやたら好反応!

なんだか水溜りや横から入る沢にやたらとオタマジャクシがいっぱいいるんですよね。
ゴルジュをヘツっていても、手を入れようとした溝にヒキガエルがいるんですわ。
渓流ってこんなヒキガエル多かったでしたっけ??
なんかカジカカエルのイメージが強いんですが・・・。
まぁ、そんなオタマをイミテートするワケじゃないんですが、ブラック系使ったらイワナ君達に好評でした。

上流へ行くほど渓相は険悪に・・・。
高巻きできない滝は泳ぐしか上流に進む方法がありませぬ。
この辺からザイルにカラビナの出番が始まりました。
ちなみにリュックはオスプレイの30ℓほどのものを購入。
中身は防水処理し、浮き輪として使えるよう浮力材を仕込んでます。
「ほんとに浮くの~?」と懐疑的だったんですが、これが超大活躍!!
浮くリュックがこれほど便利だとは思いませんでした。

あいかわらずアタリはポツポツですが、遡上を続けると尺サイズもではじめました。
最大で35cm。サイズ計って写真撮ろうとしたら手のひらからツルンと滑ってオートリリースしちゃいました。
しかしこれならば50アップも夢ではないのでは・・・。
そんな二人の前に大滝が立ちはだかったのです。

三面川水系死亡遊戯 #3へ続く

 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!