プロフィール

まる

愛知県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1
  • 昨日のアクセス:20
  • 総アクセス数:66873

QRコード

川鱸

6/28(日)

最近は時間の制約があってほんの僅かな時間で竿を振るようなスタイルです。

この日も夜の9時過ぎで翌日も仕事なので川に寄ろうかどうか迷うところだった。

本流は結構増水したみたいだけど水位計を見ると結構収束気味だったのでちょっとだけ様子見に。

川岸に着くとまだ水位は高く、押しが強くてなかなか手強そうな雰囲気。

今回は川岸のブッシュの中からキャストするためロッドは短めの8フィート、パワーも必要なのでスティンガーラックスにステラ4000番で勝負する。遠投する必要もないので現場にかなりマッチしている。もう完全にサクラマス笑

ルアーはショアラインZ120SSR。これしかないと流れの中を探ると10投目くらいで流心を出るか出ないかのところでヒット。

流心近くで押しが強いのもあるが、かなりの突っ込み。ダウンクロスでのキャスト後に相当ラインを出していたのでかなり遠くの方で首を振っているようだ。ラックスを目一杯曲げて応戦すると反転流に入ったようでスルスルと寄ってきた。あと15mというところでなかなか浮いてこないが、リフトすると観念したのかやっと水面を割った。その後何度かガバガバっと水際のブッシュに体ごと乗り上げそうになる^ ^
ピンピンに張ったラインは葉っぱに擦れただけで切れてしまうことがあるのでとりあえず川岸から離したいが、今度は流れが抵抗となってなかなか寄せられない。水底は見えないが平水時の様子から腰上まではないだろうと入水しヨレを作ってやりグリップキャッチ。結構ルアーは暴れてたと思うけど上手に食ってくれたようでフックはオールガッツリ。

jr797ec58uiukitkvvhk_920_690-672cad66.jpg

zvwawd72sfwrfdid826y_920_690-2891720b.jpg

本当に価値ある1尾で久々に足が震えた。というかファイト中から震えてた^^;

キャッチ後は戯れもそこそこにリリースすると悠然と元の流れに帰っていった。

久々に味わった高揚感により火照った体をクールダウンするために肘まで水に浸し、十分に熱が下がった頃釣り場を後にした。

ROD:SLT-82H-Ti
REEL:10'STELLA4000HG
LINE:WX8 16lb +VARIVAS SEABASS SHOCK LEADER 16lb

14.88

iPhoneからの投稿

コメントを見る

まるさんのあわせて読みたい関連釣りログ