プロフィール

TICT

高知県

プロフィール詳細


TICT HP

twitter

studio

facebook

Az-ing lob

カレンダー

<< 2017/3 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:342
  • 昨日のアクセス:808
  • 総アクセス数:1707510

QRコード

ブルヘッド太軸ニューリリース!

  • カテゴリー:ニュース
来る春シーズンに向けて
この1月下旬から「ブルヘッド太軸」が発売開始!






従来のヘッド部分は同様で、引き抵抗感、水押し波動はそのままに、フックの軸径を太く、ショートシャンク、ナロー(狭い)ゲイプを採用したことで
PEラインを使ったきつめのドラグ設定でのやりとりに対応します!




根の粗いポイントや、障害物をタイトに攻めるなど
どうしても強引なやりとりが必要な場面も存在します。







従来のブルヘッドは
アジの吸い込みから吐き出しの速さに対応するべく
できるだけ細軸で、開いたオープンゲイプを採用しています。





アジが吐き出しにかかったときに、どこか一瞬でも口の中に触れれば、持ち前の鋭く細い針先が、一気にフトコロまで刺さり込む
というコンセプトから産まれたものです。



JOKERなどモノフィラメントでゆるめのドラグでやりとりをする場合は問題ありませんが、昨今、細くてどんどん強くなっていくPEラインをドラグを締めた状態で強引にやりとりすれば、一本であるジグヘッドの針に負荷がかかるのは言うまでもありません。


細軸でも掛かりどころがよく、一発でフトコロまで貫通すれば問題ありませんが、メバルなど口の周りに硬い部分が多いロックフィッシュでは針先のみしか刺さっていないケースもあり、そうなれば、すでに開いているゲイプに負荷がかかり、悔しい思いを… ということもあり得ます。


そこで、今回リリースの「太軸」は、軸を太くしたことはもちろんですが、シャンクを短くしてより強靱に。
また、ゲイプをナロー(狭く)にすることで、針先のみが掛かっても追いアワセを入れられるぐらいの開きにくさを追求しました。

ラインナップはPEでの使用を前提に
1.0g・1.3g・1.5g・2.0gの4種類。







パッケージは細軸の黒赤との差別化で黒白です。




ポイントやタックルなどの状況に応じて
従来のブルヘッド、ブルヘッド太軸の両方使い分ければ、さらに引き出しも増え、いざ現場で安心ですよ♪



コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ