プロフィール

しまっ

香川県

プロフィール詳細

本館は↓コチラです

深夜釣行.com

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:146
  • 昨日のアクセス:131
  • 総アクセス数:305818

検索

:

QRコード

オニオコゼを料理する

  • カテゴリー:日記/一般
  • ()
初めて釣ったオニオコゼ



高級魚として有名で、で非常に旨い魚らしいが

鰭のトゲにはかなり強烈な毒があるらしい

注意しててもチクリと触れただけで数時間は激しく痛み

しらずに鷲掴みにでもしようものなら病院送り確実とか(怖っ)

さてさて、どうしたものか・・・

とりあえずネットで捌き方とか料理方法を調べてみる

それから知り合いの割烹のオヤジに電話して料理の仕方を教えてもらう。
(あわよくばやってもらおうかと思ったが、オッサン地元に居らんかった)

どうやら毒があるのは背鰭だけで、背鰭さえ取り除いてしまえば後は大丈夫との事。


さてと、それでは戦いを挑もうか

まずは動かないように絞めないと、料理の最中に暴れてブスリなんてシャレにならん。

フィッシュグリップで掴んでおそるおそるまな板へ


なんちゅう姿形・・・

それから急所と思しき場所に小出刃を当てて


この辺か?

それからブスリと


ギャー、思いっきり背鰭立ててるー

それから教えてもらった通り、背鰭の両側に切れ目を入れる

手にトゲが当たらないように慎重に慎重にゆっくりと

皮がぐにゃぐにゃしててかなりやりずらいが何とか切れ目が入った


念のために結構深めに切り込んでみた

それから背鰭を包丁で押さえて魚体を引っ張って背びれを外すらしいが・・


あららん?切れ込みが深すぎたせいで中骨まで抜けてきちまったぞ(汗)

まぁどうせ中骨も後で取り除かないといけないのだから手間が省けたぜ・・・と前向きに考えよう(滝汗)



えーと、次は内臓を取り出すとするか

ここも皮がグニュグニュで、おまけに骨抜きになった体もグニャグニャで非常にやりにくい



それでも何とか肝を傷つけずに取り出す事に成功

次は、カマ下から頭を外して


ここまで捌いた頃には、手つきも大胆になってきた




エラを取り出す

エラの真ん中についている赤いポッチは心臓だが、この状態でもまだドクドク動いていた



頭とカマを切り離して



肝から苦玉(胆のう)を外す


身の方は3枚におろして、皮は手で簡単に剥く事が出来た

しかしまだ白い薄皮が付いていたので、これは包丁を使って皮を引く


きれいなしっかりした白身だった


苦戦したが解体完了


捨てる部分はこれだけ(背鰭、エラ、胆のう)


ここからは写真を撮る余裕がなかったが

身は薄造りにしてお皿に並べ、肝ともみじおろしを乗せる

頭・カマ・中骨は小麦粉をはたいて油でじっくり揚げる

皮と内臓はさっと湯通しして冷水にとり細長く切って肝で和える

これにももみじおろしを乗せて細ネギを散らしてポン酢をかける。





完成!

で、お味の方は・・・

マズイわけないわな(^_^)v


また釣れないかな~

コメントを見る

しまっさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!