プロフィール

しまっ

香川県

プロフィール詳細

本館は↓コチラです

深夜釣行.com

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:28
  • 昨日のアクセス:100
  • 総アクセス数:312741

検索

:

QRコード

海外遠征(ピラルクと巨大ナマズ)

  • カテゴリー:釣行記
  • (怪魚)
いきなり巨大ピラルクーを釣りあげて大満足の俺。
 
 
この時点で既に勝利を確信し、余裕たっぷりだった。
 
 
 
 
ふっふっふ、俺の巨大ピラルクーはそう簡単には越えられまい。
 
12020747b.jpg
また妙なナマズを釣って遊んでいるようだが、ピラルクー釣ろうぜ。
 
 
(実は自分もナマズ釣りたいってのはナイショなのだ)
しかしこの池は昨日のバラマンディー養殖池とは違って、そうそう簡単アタリを捉えられるものではないようだ。
 
 
自分も追加を狙って釣りを続けるが、たま~にアタリがあるもののフッキングに持ち込めない。
 
 
 
それでも暫くするとまた何か掛けるゲンキマン。
12020750.jpg
今度のはデカそうだが
 
 
 
まさか・・・


12020751.jpg
キターッ! ピラルク~
 
 
最初の雷魚みたいなヤツよりは、随分サイズアップしている。
 
 
 
抱き上げてブツ持ち写真が撮れるなんて羨ましいよ
( ̄ー ̄)




ここでお弁当が届いたのでお昼にする。

12020752.jpg
簡易コテージは風通しがよくて最高に気持ちイイ。
 
 
そしてタイのご飯はやっぱりウマイ!
昼食後も釣りを再開したが、誰にもアタリがないまま静かな時間が流れていく。
 
12020753.jpg
太陽は真上から容赦なく照りつけ、暑さも厳しい。
 
 
やはり暑い真っ昼間は魚の活性も下がるのか?
 
 
すっかりアタリも途絶えてしまった。
 
 
やはり朝のうちが勝負だったのだ。
「明日も来るなら半額でイイヨ」
 
と、釣り堀のおとーさんが言ってくれたらしいので、この池は今日はここまで。
 
最終日の明日も朝からここで遊ばせてもらう事にした。
 
しかし我々の一日は、まだ終わった訳ではない。
 
 
ナッちゃん号にタックルを積み込み、我々は一旦バンコク市内方面へと戻る事にした。
 
とはいえ、まだナイトライフを楽しむには時間が早すぎる。
 
次なる闘いの舞台は
 
 
 
 
 
バンコク近郊の有名な巨大釣り堀だ。

12020755.jpg
 
中に入ると壁面に巨大魚の写真が飾られている。
 
 
ここでのメインターゲットは、メコン大ナマズ。
 
 
そのサイズは平均20~30kgだという。
 

12020756.jpg
入口を入ってすぐ左手が受付カウンターになっている。


12020757.jpg
カウンターには日本語の料金表も置いてあった。
 
 
借りバンガローは随分価格差があるが、高いバンガローはエアコンとかがついたVIPルームになっているようだ。
 
 
我々は短時間なので、とりあえず安いバンガローと、それにバケツ入りの練り餌とネットを借りておく。


12020758.jpg
受付の反対側には売店もあるので、お菓子とコーラとカップラーメンを購入。


12020759.jpg
施設中にはフィッシングショップもあったので覗いてみる。


12020760.jpg
ショーケースには最新高級リールがズラリ!


12020761.jpg
ルーアの品揃えも圧巻。
 
 
ハードルアーはほとんどが日本製。
 
 
パクリ商品などではなく、日本でお馴染みのバスルアー・シーバスルアーがズラリと並んでいる。
 
 
値段も日本で2000円ぐらいのルアーが800バーツ程度だったので、日本で買うのと大差ない。
 
 
こちらの物価水準からすればとてつもなく高いような気もするが・・・
 
 
とりあえずここで使う吸いこみ仕掛けとウキを購入して、いよいよ釣り場に向かう。



12020762.jpg
途中の桟橋から池を撮影。
 
これでも池全体の半分程度の範囲しか写っていない。
 
釣り堀とはいえ、かなり大きな池だ。


時間はもう夕方の4時をまわっている。
 
 
日暮れまであまり時間がないので、急いで仕掛けを作り、吸い込み仕掛けにネリエをつけて投入。
 
12020765.jpg
水面には巨大魚の波紋があちこちに出ている。


12020764.jpg
リールをフリーにして、置き竿でアタリを待つ。
 
 
そして練り餌が溶け落ちた頃を見計らって回収し、餌を握り直してまた投げておく。
 

12020763.jpg
ウキの近くで巨大魚がウロウロしているのは明らかだ。
 
大きな波紋が絶え間なく水面を揺らしている。
 
しかしアタリのないまま時間だけが過ぎていく。
 
 
何かが違う・・・
 
餌の付け方がマズイのか?
 
それとも棚が違うのか??
 
それとも午前中のピラルクーで釣り運を使い果たしたのか?


12020766.jpg
隣のバンガローでは、女連れの若造どもがでっかいメコン大ナマズを釣ってやがる。
 
 
楽しそうだ・・
 
 
羨ましいぞ、コンチクショー
 
 
何が、一体何が違うのだ??
 
 
やはりここは女連れで楽しむのが正しい遊び方なのか?(違)
宇侍見さんも首をかしげる。
 
 
以前フットサル教室の子どもたちを釣れてきた時は、結構釣れたらしいのだが・・・
 

12020767.jpg
釣れないね
 
 
そろそろ日が暮れてウキが見えづらくなってきたぞ。
 
 
日暮れとともに蚊もブンブン飛んできた。
 
という事で、撤収~
 
 
 
簡単に釣れると聞いていた釣り堀でまさかのホゲリ。
 
ううむ、残念。
 
 
でもこれで今日が終わった訳じゃない。
 
これからバンコク市内へ戻ってまだまだ遊ぶのだ。
 
 
 
今日一日ゲンキマン専属カメラマン状態だったエイジ君も
 
昨日のバラマンディで熱中症になったせいで、今日一日寝てばっかりだった宇侍見さんも
 
夜は一緒にエンジョイしようぜ~
 
 
 
って事で、続編ではいよいよタイのナイトライフをレポートしちゃうよ~
 
 
 
 
 
つづく

コメントを見る

しまっさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!