プロフィール

佐藤宏憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:3
  • 昨日のアクセス:75
  • 総アクセス数:1063443

契約メーカー


ラパラジャパン

SPECIAL THANKS


ノースクラフト

シマノ

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

CHARTER BOAT


アングラーズスタッフ

LINK


爆釣速報

検索

:

QRコード

1/21 (荒川・中川)

  • カテゴリー:日記/一般
日付が変わった時間から単独で近くの中川の様子を覗きに。


1月の初旬には魚が入っていたが、サイズが50cmクラスと、この時期にしては・・・

ってことで、サイズが入れ替わったか確認したくなった。



ポイントに着いたのは上げ4分といったところ。



潮周りにもよるが、この場所で一番釣り易い時間帯。


1月の深夜だけあって、メジャーポイントながら人の姿はない。




しかし、流れはほとんどなく、気持ち上流へ流れている程度。

今は無風だが、北風が吹けば、水面は風に押されて下流へ流れ、釣りづらくなってしまう・・・




その前にと、早速準備を始める。



最初にセレクトしたのはワンダー80。




この時期の河川、上げの明暗部狙いでは、僕のフェイバリット。



かなりの釣果を叩き出してくれる、名作ルアーだ。




そして、流れが入り込む下流側の明暗部を探ってみるが反応なし。





明暗に着く程の流れがないかなって事で、4投目は橋脚をタイトに通してみる。





橋脚の先にキャストし寄り添わせるように橋脚際をトレースすると、コンッ。



そして、フッキング。




しかし、重みが伝わらず、小気味良い引き・・・


かなり小さそう・・・



そのまま抜き上げランディング。

サイズは今年最小となる40cmクラス。

middle_1232606734.jpg



とりあえず、1本取れた事に感謝。


本当にこの時期は、1匹1匹の大切さを感じさせられる。


その日のファーストフィッシュが、その日のラストフィッシュになる事も珍しくない・・・


だから、最初の1匹は確実に獲れるようにしたい。






そして、リリースし釣り再開。




しかし、単発だったようで、その後反応なし・・・




ここでポイントを移動。


裏の荒川の様子を見に行くが、上げが効いておらず、下流へ向けてダラダラと流れている・・・




一応キャストしてみるも、やはり反応はなく、賞味1時間程で納竿とした。








そして後半戦。



仕事が休みだったので、夕方から、先日横綱級をキャッチした、荒川の地形変化、流れのヨレが絡むポイントへ単独釣行。

今日はこれから雨が降ってくる予報。


そして、完全に日が落ちる前にポイントに着いた。



ソコリは芝浦で20時19分。



狙いは流れが残っている、ソコリの1時間前までと短時間勝負。



このポイントはある程度の流れがないとヨレができないので、今日の潮周りだとソコリ間近ではかなり釣りづらくなってしまう。



できれば、夕マズメに1本出せればと考えていた。




水面の様子を見ながら準備していると、ポツポツ雨が降り始めたが、ベイトが跳ねているのが確認でき、ヨレが強くできる付近で単発だが、シーバスがボイルしている。

しかし、サイズは50cm程。




ここは、80cmを出す、ポテンシャルを持っているポイント。



50cmクラスは、80UPが釣れなかった時の遊びでしかない。





そして、そのサイズは見切り、ヨレ+地形変化が重なった場所をセレクト。



ルアーは最近お気に入りのにょろにょろ(大)。



1投ごとに下流に立ち位置をずらしながらキャストしていく。



そして、4投目。


一番実績のあるピンにダウンでルアーを送り込んでいき、ルアーがヨレに差し掛かった所だった。


ゴゴッ。



しっかりとしたバイトが手元に伝わり、すかさずアワセを入れる。



フッキングすると魚の重みがロッドに伝わる。



なかなかのサイズだ。




そのままエラ洗いを何回か繰り返したが強引に手前まで寄せる。



最後に1回突っ込まれた後、浮き上がってきた。




80あるか?


そして、無事にネットイン。




メジャーを当てると、ジャスト80cm。



今年2本目の
横綱級
middle_1256530469.jpg



その後、完全に日が落ちると、ベイトやシーバスのライズが見られなくなってしまったので、レンジを落とし、ローリングベイトにシフト。



岸から沖に向けて抜けていくブレイクをタイトに通していくと、手前にきてルアーが浮き上がるタイミングでヒット。


しかし、サイズは40cm程だろう。


魚影を見る前にバラしてしまう。





そこから流れも無くなり、ヨレも消えると、反応がなくなる・・・




そして1時間程経ったところだっただろうか。




再び、流れがでて、ヨレが出来始める。



これが最後のチャンスか。

にょろにょろ(大)にシフトさせる。




狙いは、先程80cmがヒットしたピン。





その2投目。




アップクロスでヨレの先に落とし、リーリング。


ルアーがヨレに入り、水を掴み泳ぎ始めた時だった・・・



ゴゴッ。


しっかりアワセを入れる。



再び魚の重みがロッドに伝わる。


良いサイズだ。




しかし、ロッドポディションが悪く、ティップが入らず重みが伝わったところで弾いてしまった・・・




もったいない・・・







そして、そのワンチャンスを逃し、ヨレが再び消えてしまう・・・




こうなると、魚を出すのは難しい。



最後にブレイクをタイトに通してから帰ろうとキャスト。



そして、手前にきて、にょろにょろが浮き上がり引き波を立てた時だった。


バフッ。



60cmクラスが水面を割って飛び出してきた。




しかし、アタリは伝わったもののヒットまで至らず、この日の釣りを終えた。




ロッド:モアザンブランジーノ87LML

リール:イグジスト2508R
middle_1231225518.jpg
    RCS 55mmマシンカットハンドル
middle_1231225713.jpg
    RCS T型ラージノブ
middle_1231225842.jpg

ライン:バリバス アバニ マックスパワー1号

リーダー:東レ トヨフロン スーパーL EX4号

middle_1229675650.jpg

ルアー:ワンダー80、ローリングベイト77、CDL9、にょろにょろ12,5、サルディナ107F 他

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!