プロフィール

森岡紘士 -朔

岡山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:82
  • 昨日のアクセス:199
  • 総アクセス数:754723

QRコード

ストレート系のタダ巻き

Autumn River Seabass Game

xu8iab867piiu5djimnf_920_690-8a8bac2a.jpg

秋のクオリティーフィッシュを探して地元の二級水系にエントリー。とにかく水の動きの悪い水系ですが、淡水の豊富なベイトフィッシュを求めて締切堤防を越え、淡水湖へ進入し、さらに支流を遡上していく川鱸を探してランガン。

秋は1年で最もベイトフィッシュが成長する季節。泳いでいるベイトの大きさを確認すると7〜8センチが多いですね。

当然ですが、ルアーを選ぶ際もベイトフィッシュのサイズを基準にしてます。

バサーが立ち替わり入れ替わるハイプレッシャーエリアだけに魚のスレは激しい。そんなポイントで如何に魚を反応させていくか?が重要になってきます。

ハードベイトとソフトベイトを使い分けてハイプレッシャーエリアを攻略していきます。濁りが入った状況ではシルエットくっきりのブラックボディーのワームが◎

ワーム+ジグヘッドで使用するストレート系ワームはタダ巻きやダートで岸際や対岸のカバーや橋脚などのストラクチャーを攻略するのに必要不可欠。

suev6jjhty8w37mv28e3_920_690-684456f6.jpg

フィーディングタイムの浮き気味の魚に対して、ストレート系ワームのタダ巻きやダートアクションは絶大な効果があります。

今回は対岸からの流れ込みに向かいキャスト。中層をレンジキープさせながらのタダ巻きでガツンと喰わせました。

淡水域で7本目の川鱸。
55センチのアベレージサイズ。

6v2pburgaewrzgcey39f_920_690-3b39982c.jpg

前日に反応のあったバイブレーションとフローティングミノーは駄目。全く反応の無かったソフトベイトに興味を示した結果となりました。

wdytgc93noz8rp45nbeo_690_920-b6db9e09.jpg

淡水域での数少ないチャンスをモノにする為には、喰わせの釣りを習得しないと厳しいと感じています。そういった意味でもストレート系ワームのタダ巻きやダートを手札に持っておくと心強いですね。

bm35kxbh7u725ymhberj_920_690-e716ab62.jpg




iPhoneからの投稿

コメントを見る

森岡紘士 -朔さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!