プロフィール

森岡紘士 -朔

岡山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:36
  • 昨日のアクセス:59
  • 総アクセス数:753666

QRコード

冬の巻きモノゲーム

Winter Bottom Chinu Game 1.24

厳冬期のデイチヌゲーム。
水温も一桁台に下がり越冬シーズンが到来。今回は巻きモノ「バイブレーション」で一発を狙ってきました。

中潮の1日目、朝のタイドで大きな流れが出てるし、湾奥まで魚が流れていけば、午後の弱いタイドでも4〜5発は「巻きモノ」で当たるんじゃないかなと。

前回(2週間前)待機場所を軸に攻めたけど、今回は越冬場からスタート。外海の水温が一桁台まで落ちているので、最奥の護岸からランガン。

北西の風が強く吹き付けているので、風に負けないように鉄板バイブ「Tracy15」カラーは冬の澄み潮に強いフラッシュレッドを選択。(イメージ写真はレッドタイガーです。)

gk9ffet7emsd5pxjj72d_920_690-471568af.jpg

水温10℃を切ってからが本番。
ミオ筋につく魚を「Tracy15」で丁寧に探っていく。開始数投でランカー級のシーバスを掛けるもエラ洗いでフックアウト。外道だけどキャッチしたかった-_-b

そこから沈黙。我慢の釣り。

それまで強く吹いていた風が弱まり、穏やかな海面になり、午後の強い光量が水へ差し込む。水温が上がれば魚の活性も高くなりルアーの反応も良くなる。このタイミングでフィーディングが起きる。

ただ冬の澄み潮は、ある程度は海面が荒れていた方が警戒心も薄れるので、もう一度、海面が荒れたタイミングでミオ筋に向かってキャスト&リトリーブを繰り返すと「ゴン」っと明確なバイト!

sm7uusa5jo7rum7m7bbr_920_690-f0d11561.jpg

着底させて、底を少しだけ切るように巻いていましたが反応がなく、もう少しだけ上の方を巻くようにティップの角度とリトリーブスピードを調整したら一発でした。

活性によって魚は上下しているので、しっかりと魚のいるレンジを読むことは、どんな釣りでも大切ですね。

33v3bgts64a8j4f7pr92_920_690-0b784c4e.jpg

ここから怒涛のバイトラッシュ!でしたが4発バラシで時合は終了。冬の巻きモノで狙いの一発も掛けれたのですが悔しーい。



iPhoneからの投稿

コメントを見る

森岡紘士 -朔さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

ハク付きに於ける3つのマズメ
14 時間前
有頂天@さん

メバリングと並行して楽しめる…
22 時間前
Gontaさん

ベイト初心者によるベイト初心…
3 日前
ねこヒゲさん

居残りが吉!かもしれない夕マ…
3 日前
ケンスケさん

入水してみませんか?
5 日前
シノビーさん

君の魚 -キミノサカナ-
6 日前
平田孝仁さん

アルコール製剤の作り方
7 日前
rattleheadさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!