プロフィール

宗-ω-)ノ☆

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:29
  • 総アクセス数:132289

QRコード

もいもいもいもいもいもい

ヘッドライトのお手軽DIY〜制作時間15分〜

思い付きで簡単に出来ちゃいました。宗Death(΄◉◞౪◟◉`)だうも。



以前、ウェーディング時のランディングにてライトを点けたら逃げ惑いランディングが大変だったので


ものは試しでウェーディングベストに付いているヘッドライトをREDにカスタマイズしてみました。


用意するものは

afyketanyn7b6wcr4akc_690_920-0886b5b0.jpg

その他にハサミとセロハンテープ



全て百均で揃うものばかりです。

ベースにしたライトはジェントス
 


通常はこんな感じ

e9byrehwrycsu2a75u55_920_920-2c5bcde7.jpgee8kf7r3fkfa49wmyn3x_920_610-418a2efc.jpg

一回ボタンを押すとスポット、二回は広範囲に照らす、三回押すと二つ付いて150lmまで明るく照らしてくれます。東京で釣りをするなら十分な明るさです。


分解などは凄く簡単なのです。


odm46c6kdy7bewpd46fx_480_361-71b7e1c1.jpg

電池を外します

gt7dxymh9x8go9syuurp_480_361-6f2a8dd4.jpg

ネジを外します

czaz9egr6h6pmeigb2je_480_361-462b5520.jpg

内側をマイナスドライバーでクイッ!と外します

jgsyz3edyxkwsn97t7w9_480_361-b17274f7.jpg

サイズを合わせてセロハンテープで上下止めます。仮止め程度でも大丈夫

bpbn6s6cjd2yxfzn8nv6_480_361-0177c09c.jpg

元に戻すとこんな感じです。



 
制作時間は15分。簡単過ぎです。


kjb7zm4963ixirwbwbh6_480_361-c5e7ec7e.jpg
もう一つの窓は通常のクリア(写真などの補助ライト)


7ibbf8up28dks3mn2btd_480_361-2ab0ea81.jpg




ハサミとセロハンテープごあれば100円で出来ますね(΄◉◞౪◟◉`)


(´-`).。oO自己責任ですけど


思い付きで初めてやった割に使える代物として納得できました。


因みに、このライトは秋葉原で2000円程度です。


他のライトでも簡単に出来そうですね。セロハンを変えれば色も自由に変えられるし。明るさが凄く落ちる事は無かったです。ただ、アロンアルファは白浮きしますのでご注意を。



電池はUSB充電式ですが、陸っぱりではハンドライトとヘッドライトを二つ持って行きます。歩く時と狸を探す時、猫に此方の存在を示す時と鯉の死骸が無いか確認する時(鯉の死骸が怖い)にハンドライトを使います。

釣りをしている時や手元、足元を照らす時は首から掛けているヘッドライトを使います。


ウェーディング時はヘッドライトとウェーディングベストに付けているサブライトを二つ使います。


系三つ持っている訳ですが、常時使うヘッドライトはエネループの充電式単三電池、サブライトとハンドライトは単4形の使い捨て電池です。


エネループは充電すればつかえますし、単4形の電池は常時使う訳ではないので、コストで考えると充電で無くても全く問題ありません。


使い終わった電池はリサイクルとして、AEON(ジャスコ)に行けば無料で回収してくれます。多分、どの家電量販店でも回収してくれると思います。環境にも問題ありません。


因みに、錆びたり役目を終えたフックは釣具店で回収してくれます。これも環境を考えた活動でしょう。




ハンドライトもサブライトも安心と信頼のジェントス。アフターケアも十分してくれます。(カスタムはダメでしょうけど)




三つのライトの金額を足しても7000円行かないコストパフォーマンス!








マメに手を入れなくてもいいので、私にはありがたい代物です。
 



私がライトを選ぶ目安として

①明るさ(ルーメン)
②値段
③連続照射時間


ザックリと三つです。







明るければ明るい方がいいですが、電池のパワーを要するので連続照射時間が四時間しか無いものは論外です。

マメに充電しなければならないので、充電を忘れると、ナイトゲームの真っ只中、ライトが点かない、充電が切れると言った事が多々あるので、バランスの取れた物を選ぶと良いと思います。




最近だとエネループ対応やUSB対応の充電式も発売されています。少し高い(4〜5000円位)ので、エネループ対応がオススメです。





私は真っ暗闇の森や海には行かないので、常に常夜灯や、看板、なんらかの灯りが有る所で釣りをするので300ルーメンあれば十分に釣りが出来ます。150ルーメンでもオーケーです。


フィールドに合わせて選ぶのもいいかも知れませんね。





ただ、一つだけ言えるのは




手間の掛からなくてコスパのいい(安くて使える)ライトが1番です。






浮いたお金で他の物に使った方が全然良いと思います。ライトはライトですから。ハンドライトで無くても懐中電灯でも良い訳ですし(デカイけど)



もう少しカスタマイズを突き詰めてみようかと思います。



また今夜













iPhoneからの投稿

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!