プロフィール

山西雄太

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:35
  • 昨日のアクセス:50
  • 総アクセス数:278311

QRコード

魚釣りとは 我が人生最高の 楽しみだ

銚子 ホウボウジギング [外道じゃないんです!]


ココ最近、好調な銚子のホウボウジギング。


ホウボウは外道というイメージが強い釣りだが


銚子・征海丸さんではホウボウをメインで狙う事ができる。



釣り仲間が行くということなので私も参加させていただいた。



agb9xj3vbwb4yy4wamx8_480_480-7c8a6464.jpg

http://www.chourakuen.com/s-master/

マグロのジギングやヒラマサ、根魚まで幅広い船宿さんです。













6時出船。


一時間ほどでポイントに到着。


犬吠崎から少し沖合。



最初はシーライドV120gを投入したんだけど、潮が速くて落ちない



16人もお客さんが乗っていて、お祭りを2回してしまった。



釣果がいい時はお客さんも多い。



お祭りは仕方ないが、自分がお祭りしないように努力する事が大切。










シーライドを逆付けよりも


ボトムキープ能力、着地地点の予想が簡単だからお祭りも少ないので


htdzpm3pybdgezo7vdt8_480_480-3a8b5428.jpg


フォルテン。


90gでも余裕でボトムに落ちる。


カワハギのたたき釣りのイメージでパターンを探るが、細かく叩いていてもジグはほとんど動かないので



1メートルしゃくり上げて、ボトムまで若干のテイションを掛けながら落とす。



この誘いが良かった。



ボトムに着くかな?って時に根掛かりしたような当たり。



『ぐっ』と合わせるとヒット!



ライトジギング用のスピニングロッドがバットからぶち曲がる。



船べりまで寄ってくると、綺麗な胸びれが七色に輝く。



yg3dktrrp2ohiyex76ib_720_868-649333f1.jpg



いきなり型の良いホウボウゲット。




まわりを見ると200mくらい沖でナブラが立っていた。


そこから入れ食いモード突入。


jwcvvt36j8wokfhz2uyx_920_518-51a024c1.jpg


初めての釣りの方でも、、


czrmgfuh7tead5fh9zoa_920_518-f4a6e815.jpg


バコバコ釣ります。









5wn5w9smf3ip46xbh4t8_920_518-6008c26e.jpg


いつもの釣り仲間もゲット。



おそらく、ワラサ・サバのおこぼれを狙いにホウボウの群れがナブラがあるボトムにべったり付いている感じ。


d6aeme5dfg9g8isi7dxd_518_920-84d59d00.jpg

こういう嬉しいゲストも釣れるのもホウボウジギングの楽しみですね。


当りカラーはブルピンやブルー、赤金などの比較的に誰でも持っているような定番カラー。


awobhsk8b8ohy3kidsx4_518_920-aac8b339.jpg


rfmxoz9bzdszogg4n4rg_518_920-8b6d0255.jpg


難しい事はなく、初心者でも充分楽しめる釣りで初めて釣りをさせるのにオススメです。







6ifgyxfpu5bfx2pewvhs_920_518-1d5c84de.jpg



こういうのんびりとした釣りもいい物です。



utxa7cyk78vdwt43yo76_920_518-24b17b7f.jpg


釣り過ぎて寝ています(笑)









周りではナブラが立っている為か青物の反応も時々ある感じ。


grykvmgvdnwzo3njy8uh_669_895-7ca911b5.jpg


ホウボウ以外の引きを味わうのなら中層までシャクるだけ。


胴に乗っていた方はイナダクラスをゲットしていた。


鹿島沖は外房と同じでウネリがキツイですが、行く価値の高い釣り場だと思います。



後半ではホウボウのダブルヒットもあり、いかに魚影が濃いのか分かります。



rtcpsmbipz9xnwc4wyfn_920_518-239f2666.jpg







b4w5pd4khjwe8kgpdsr8_920_518-ee8a36b7.jpg


一匹がジグを食べて、おこぼれを狙って後ろから追っていた奴が食ったパターンだと推測しています。


kbpjwtot3jvsxmp4s9wy_518_920-e78d3160.jpg


ブリ、カンパチでよく見ませんか?


後ろから2、3匹でチェイスするのを。


今回のパターンのホウボウは他力本願な所が多い魚なのではないかと今回の釣行で思いました。


ナブラが近くにあるポイントを狙う事から


イワシなどのベイトが落ちて来るのを待っている魚なのではないかと推測しました。


ナブラが近くに無い時は、軟条で砂などをかき分け、甲殻類やフラットフィッシュ系の稚魚を捕食しているので


ナブラが沈むと当たりが極端に少なくなりました。







小さな方が当たりも出たのでルアーは出来るだけ小さく、軽いウエイト。


ボトムに真っ直ぐ行き、潮を切るルアーがよいかと思います。


スロー系のジグ調査は今度。




あと、、リリースするならゆっくりとファイトしなければなりません。

強引に寄せると浮き袋が出てしまいます。





数年掛けてジワジワとホウボウのパターンを探して、


東京湾か日立沖のプレジャーボートで狙って取るのが目標です。


青物より遊泳力は低いので結構長い期間楽しめるそうです。


なので、接待や釣り初心者を連れていくなら断然オススメの釣りでした。







タックルについてですが、


チョンチョンするのでグラスロッドは不向きでした。

硬めの高弾性のロッドが良い感じです。素直にスロージギングロッドがいいですが、予算を安くするなら

バスロッドでも応用は可能だと思います。




まだまだ最盛期なので、美味しいホウボウを狙ってみるのもいかがでしょうか?

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!