プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:301
  • 昨日のアクセス:1801
  • 総アクセス数:13622198

秋から秋まで

昨年秋からテストを開始し、ジャッカルから発売が決まった新型ミノー。
ちょうど釣りビジョンの頃からですね。
モザイクが掛かってたヤツです。

何度かコレでもういいかな?という所までは来たんですが、決定的にコレ!という形へは辿り付けず・・
答えはハッキリしてるんですが、どうやればそこへ行けるか試行錯誤。もうどうにも行き詰まっている時に、ジャッカル開発のS氏へ丸投げ(笑)すると・・目が点な感じで解決!
なんじゃそりゃ?というアイデアでした。

一気に完成まで進み、残すところは「微妙な調整」。

内部構造も新しい試みなので、あくまでも「感覚」です。
飛距離に関しては、抜群の初速を叩き出し、向い風でもAR-Cシステム並に飛んでるんじゃないか?と思います。

mxd4db66aihm2opat59h-9c1007fd.jpg
コンセプトは三つ
①緩やかな流れでも確実なアクションと泳ぎ出しの両立
②レンジキープ力
③新システムで初速の向上
スレン同様に水と「シンクロ」させる事。

a2pzhbbyeygd4gupeg4d-0f72b676.jpg
流れの緩やかな山陰や東京湾では、それなりの効果や手応えは得られました。しかし流れの早い広島河川では、どうやっても乗り越えられない壁がありました。

xt5i728kknw3b62tsmnw-668f1827.jpg
下部へのフラッシングを高める逆三角形ボディ。フィッシュイーターは。おおよそがルアーより下から上向きに眺めています。
必要なフラッシングはどの部分か?
鳥にフラッシング効果を発揮する必要は無いですよね。

pbejwrceu4ye7trfkkc2-d4dcfcbc.jpg
この画像のルアーも結局はボツ(笑)
釣れたから良しという訳ではありません。

ohiv3vynzot4j588fbrp-17556de5.jpg
発売は来春?

こんなに時間の掛かったミノーは初めてです。


って事で山内さん。
手持ちのアレ、コレ上げますからソレ捨てて下さい(笑)

 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!