プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/12 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アーカイブ

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:382
  • 昨日のアクセス:800
  • 総アクセス数:13565608

SHIMANO新型ミノー

9月、SHIMANO社から新たに発売されるシーバス用新型ミノー
堂々の初公開です!

「レスポンダー129」
azzs5kxcxhr62h87n5k3-a19bb326.jpg
129mm 想定レンジは50cm未満 ウォブンロール横波動強
スローリトリーブ時でのレスポンスを高めたAR-Cシステム搭載のミノーですが、同時に「流れを掴む」感度も高めています。その為、採用したボディは「ボーン素材」。AR-C+ボーン素材+ショートワイドリップを採用する事で、明暗奥まで流し込んでからのバイトをショートレンジで得ることが出来ます。

y5gdwgxw3zzca483grnu-930336e8.jpg

h7g53yfdvhtuv7e734xy-4a7cbd9a.jpg
ボディ形状も右側のサイレントアサシン129と比べ、横幅をダイエットし、ウォブンロール時の明滅ピッチを変え、水押しを高める事で波動も強めに。オープンでの呼び寄せる力が増強された訳です。

34zednvrt7iy3z4ta4vk-81b353a2.jpg
正面から見るとこんな感じ。
昨年の対決DVD時にワンオフで作って貰ったミノーは、リップをショート加工する事でレンジを下げましたが、これだと強い流れが出るエリアでは、アクションが小さ過ぎてしまうんです。

68ikdf4wmuvumsphrc7c-2a64ef68.jpg
上がレスポンダー、下がアサシン。

ktbi8y8kixy978mjw2e4-e1ba06cd.jpg
どのルアーも同じアイを使うというシマノルアーでしたが、新たな試み、ドラゴンアイを採用です!これは多分に開発Yさんの意向が反映していますが、想いは同じです(笑)

6ixugxpmwdpesxytaocj-be28ff3b.jpg

オープンエリアは勿論、明暗ドリフターズの皆さんへも(笑)

パッケージデータを見ると、飛距離テストではアサシン129よりやや落ちていたそうです。しかし実釣での投入では、背の低い橋脚下流側の下げ。つまり流れに乗った風が橋下を抜ける事で、投げたルアーが吹けてしまい失速してしまうという実戦的なシチェーションでも、129に負けない飛距離を出していました。勿論、飛ぶと噂のルアーも投げ比べてみましたが全て失速。やはり丸い球を使う限り、向かい風や吹け風ではお尻が暴れてしまいます。

アサシン129と共に、この秋は1軍入り間違い無しです!

S907M・H/Fとの相性も抜群ですよ♪


 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!