プロフィール

山田直樹

石川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:21
  • 昨日のアクセス:97
  • 総アクセス数:1111322

QRコード

釣り初めの様子【スカッシュF125】

  • カテゴリー:釣行記
ディスタントスポットは、抜群の飛距離を誇るアスリートスリムで探査し、沖をうろつくスズキをキャッチ。
反応がやや鈍くなったところでスカッシュF125にルアーローテーションしてミドルスポットを巻かずにスローで探ってみた。

巻かずに探ると言うのは、ラインスラッグを巻き取る程度にリーリングするイメージ。
ラインテンションがたるんでも、ゆるりと巻き取り、水の流れ(波の動き)に任せてアクションさせるのです。
このメソッドは、手持ちのアスリートスリムではまず不可能。
なぜならシンキングルアーであるから。
シンキングルアーでは、ボトムをとってしまうため、シーバスのヒットレンジから離れてしまい、例えスズキが居ても反応が薄くなる傾向にあるのです。
(全く釣れない訳ではありません)

そんなメソッドで探り続けると『ココン。』と、きました。

キャッチしたスズキは割と細身のナイスプロポーションです。


カラーは大好きなヒラスズキスペシャル。
フックが太軸なので、強引なやり取りができ、ランディングはかなり楽チン。


結構な良型でしたので、フックが太いと安心出来ます。

この1尾を機にすかさずカラーチェンジ。


そして追加。


このカラーは僕がオススメしているひとつ。
フラッシング効果はこんな感じで強烈に輝きます。
ただし、デイゲームでの話ですが…。
でも好きなもんは好きっ!


サイズは60cm後半って、とこです。

更にカラーチェンジ。


またまたオススメカラーでのヒットです。


グローヘッドでハーフメッキ、それでいてケイムラボディーなのでナイトゲームでもアピール度高し。


そりゃ釣れまっせ。
とは言え、水温の低下しているこの時期は、スローでの誘いでないとヒットはおろか、アタリを出すことさえ困難な状況もある。

だからミドルスポットを重点的に探る場合、僕はフローティングミノーを使って、漂わせるようなイメージを抱き、波の動きに任せたアクションで誘っているのです。


続く。

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!