プロフィール

古賀 亮介‐snif

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/7 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

リンク先


blueblue


INX.label


purefishing japan


Jazz


清眼堂


釣り初め~星空珈琲~デカアジハント

年末から続いた繁忙期も、年をまたいでようやくひと段落。

そのまま呼子まで走るつもりだったのだけど、流石に体力的に無理で、
半日くらい寝てしまい、満を持しての釣り初めは、2泊3日の呼子エリア。

ジカタ4か所と島2か所、混ぜこぜで3日間やりきるつもりでいたのだけど、
久しぶりの自由にちょっと寝すぎてしまって、結局定点決め打ちで行く事になった。

無理な計画はいかんね。


今回ゴリさんに加えて、3年程前からいつか何処かでコラボしたいな、と。
僕が想いを募らせていた福岡のコアングラーうおさんと、
念願かなってようやく。二度目ましての釣行でした。

現場に着くなり、自由に楽しみます(*´ω`*)
hnsy2cu84o6fny7ttcrs_480_480-8237ede1.jpg

9kmd6zyby66juu5ohczr_480_480-dce9325a.jpg

フロードライブヘッド×ガルプのイカちゃん。
日中から、27cmまでのレギュラーサイズがたくさん遊んでくれました(*´ω`*)
口の中のバレ難い場所にしっかりと掛かる。
フッキングでテキトーに横着してもオートマチックです。
これ、あんまり怠けると釣りが下手になりそうだなwww


のんびりのほほんと迎えた夕まづめも、それぞれで釣る。
ベストなピンには先行者が居たので、角度を変えて対岸から、
ヤマを張ったピンで、やっと捉えた明らかなギガアジをうっかりランディングミス。
年明け早々抜けとるね('A`)

で、マヅメ終わって賢者タイムに突入。3人合流して。
対岸で釣ってたうおさんに
『古賀くん、惜しかったねぇ~。デカイのミスったでしょ(笑)』って。

夕闇の中ライトつけて、ネットでワタワタしてたのが見えたそうな。
水面から引き上げる空っぽのタモも(^^;;;

うぅむ・・・流石の観察力。
そのセンサーでこれまで多くのトロフィーを獲ってこられたのですね
(`・ω・´)僕の油断はモロバレであるらしい。


ここで取ってれば、翌日からのプランは、
別のエリアにまるっと移す予定だったのだけど、
獲れてないんじゃぁしょうがない。
私はタコになろう。


とっぷり日が暮れてからも中アジはペース変わらず、
レンジ、動きを少し意識して釣っていけば、、
レギュラーサイズまでなら無限に釣れ続けるもんだから、
3人とも早々に飽きて、更にそれぞれの釣りをそれぞれに展開。



h524jucny8vw4ikrgaoh_480_480-b9d46213.jpg
この27cmが天井だったんです。


82gcbmcs6bf3bkk5jym7_480_480-95f44b1e.jpg
色んなワームで釣ってみてます。
クレイジーオーシャンさんの海毛虫、いいねぇ。
カラーがもうちょっと違うの欲しいですな。
ノングロー、少な目ラメのクリア系。熱望。


デカいアジが出そうなピン、タイミング、メソッド。
色々試しながらエリア全体をサーチするのだけど、何処か集中力に欠ける。
どうやら、夕方のミスが効いているようだ。
段々、釣りが次の日のプラみたいになってきたところで切り上げる。


うおさんと、ゴリ兄やんと3人で、
バリスタうおさんの淹れてくれるブレンディーやコーンスープで暖を取りながら、
釣りの話、釣り場の話、未来の話。
いい時間でした。


or9wrispvj2m7ta2muta_480_480-096227b8.jpg
そこから時合いの外~朝までのメタルゲーム。

投げてしっかりしゃくりあげて丁寧に半フリーのフォール。
シーライドミニが楽しかったー♪


ハードベイトで釣るのが至上の歓びな僕ら。
良い群に出会ったら投げずにはいられない。

なかでも特にメタル&スプーンフリークな事で有名なうおさん。
福岡のライトリガーでも、この方、メタル分野の巨匠であります。

シーライドミニを使った事ないっておっしゃるので、
ちょっとした確信を持って使ってみてもらったのですけど。

これがまぁ、すごいの。
僕の前口上なんて全然要らないだろうと思ったので、
『よかったら使ってみてください(*´ω`*)』って渡すと・・・

流石にすぐ使いこなして、ポンポン釣りなさる。
『いいねぇ。口にしっかり掛かるし、おもしろいね!コレ!』と、
アジだけじゃ当然過ぎて、写真に収める気もしなかったので
『楽しんでもらえて嬉しいっすわ~』なんていいながら、
自分の釣りを詰めてたら・・・

なんと、
7g4hd333uvy5yrcbhw44_480_480-45fdb37f.jpg
ケンサキwww

『いいねぇ、フォールも完成されてる証拠だよ!これは気に入った!』
ですって。
ヒッチングでもなく、ふつうにイカ・・・あわわわわ(・ω・;)

渡すだけで理解してもらえた(;_;)

感動しました。


で、たらふく語らい、飽きるほど釣り、飽きても釣り。

朝まで楽しい時間を過ごす。
また、最高の仲間と出会えました。神様ありがとう(*´ω`*)シンジテナイケド






で、
ets2j5wuivtsntchiegx_480_480-ab91c9ba.jpg
ひとり居残り(笑)


狙った魚を獲らずに帰るわけにはいかない。流儀に反しますから。
時合いも、ピンも、メソッドもすべてわかっているのに、負けたまま帰れるかと。

『もう1日やってくるわー』と実家で刺身を待っている親父に電話すると、クーラー満タン指令も出て。




で。
帽子も替えて気分を変えて、
ちょっと集中して魚を出しに行く釣りに没頭。
my89ugatzvgcvkr49rff_480_480-ac2b4800.jpg
お帰りカマクーダさん(*´ω`*)からの

で。
i24mp3gpyivpci29eb43_480_480-2f71d515.jpg
セグロ様御一行。


で、
3746kbe5i23t94xaa34v_480_480-080e3861.jpg
ボトム焦らしで加速リトリーブメソッド炸裂!!泣き尺ラッシュの



pdtkw7e9bbnysk8kwetr_480_480-b120083b.jpg
シーライドミニの激スローフォール用法で更なるサイズ出し。
(この辺りでクーラー満タン指令は完了。多めに休憩して朝に備える)




で。明け方からは
hmgmzu2krssnw57efg48_480_480-9f541945.jpg
ちょっとTRサージャーなトップゲームで遊びーの


axdn8e5zrpd9o9rmhag9_480_480-fd871cf6.jpg
ベイト比較写真なんかを撮って10分程度の時合い待ち。



(この間で投げても釣れるのはレギュラーサイズとサバとカマス)




わらわらざわざわと気配にあふれた水面が、
一転、しんと静まりかえって、違和感を覚える。

普通なら『時合い終わったね』って片付けるタイミングからリスタート。

回遊ピンの中の更に一等地。
ゴロタの瀬に目掛けてフルキャスト。

いきなりドスンドスンと2発。
ysfxgmt2ixke3fokput2_480_480-38d0f715.jpg
やはり。今年はそうなのね。

すぐに写真撮って、群入れ替わって、また水面がざわつきだす。
やっぱり中アジが釣れて、ワームでポツポツ楽しんで。
時合いをほどほどに堪能しつつ待ち。


10分後、やっぱりまた水面が静かになって
tvpmncjmw59j4om8pw2v_480_480-301dc931.jpg
追加。

狙ってた最高のコンディションの腹パン尺上の群、
入りと抜けの2回のラッシュタイム。

数もそれなりに揃えつつ。


『よし。終了。』

時合いもピンも、極限られてる魚だけど、
掴んでるだけに獲れないとやっぱ悔しいもんね。

年末にやったジカタ別ポイントのマヅメ回遊(カメラの充電切れで写真ナシでログに出来てない)でもそうだったのだけど、今季の朝夕のパターンは、大き目個体が差すタイミングで、ピンの中アジの散り方がより顕著であるらしい。非常にメリハリのある海面変化が目に見える。

連発でレギュラーが釣れてる時合いが、不自然にピタッと止まって、
当らなくなったね。って感じてからが本当の勝負時と、言い切れるくらいに顕著。

夜中の潮マヅメで大型の魚が差してきた時に、よくある兆候なんだけど、
ここまで朝の時合い中に大袈裟に目に見えるのも、ちょっと珍しい。



それと、今回のシーライドミニ。
x2unbgsxxs9t5asjw869_480_480-f4a51021.jpg
いつもよりたくさん投げてみて、
2つのセッティングで使い分けてみました。

タックル1
PEセッティング
rod      ウエダpro4EX 4S-610SL(チューブラ)
reel     13イージス2004
line     よつあみWX8プレミアムPE0.4号+フロロ1.5号リーダー
こちらは時合いのスイッチの入った群に主に使用。
フリー~半フリーのスライドを活かしたフォールの釣りで使用。
割とスタンダードなセッティングですね。

タックル2
フロロセッティング
rod  ウエダpro4EX TFL-64EX-R(いつもならジグ単専用機のソリッド)
reel    イグニス2004
line    フロロ0.8号+フロロ1.25号リーダー
こっちは時合いの外でフルテンションの微波動フォール専用。
時合いの外のメタルアジングで、少しでもサイズを上げるコツがコレでした。
デッドリーフォールでやると、バイト数自体は少し減るものの、
群の中の一番強くて賢いのが釣れるみたいです。


このシーライドミニの釣りに関しては、BlueBlueに入る前から、
僕、もうかれこれ3年以上使いこんでるメタルジグなのですけど、
実はまだまだ新しい発見が出てくるので、日々研究中だったりします。
本当に奥の深い、名作と言って良いフィネスジグだと思います。

そろそろ動画、撮りたいねえ。
準備してます^^




それから、今回もうひとつ
m8w89rykuxnibroydwib_480_480-0feab017.jpg
またスライダーシャッドの加速リトリーブメソッドが大爆発でした。

魚の活性がちょっと落ちてる時間帯に、ショートバイト、ミスバイト多発しだして、
居るのになんかイマイチ・・・。ってタイミングがあったんですけど、

ショートバイトを感じたら、その場でチョンチョンと跳ねさせて、
おもむろにゆっくり巻きだして加速させて、ピタッ。と止めて、
スライダーシャッドが惰性でふらついた瞬間にドンッみたいな。

非常にスリリングでアドレナリン出まくる食わせ方が楽しかったです。

こちらのタックルは、
rod      ウエダpro4EX XT-68FS-R
reel     イージス2004
line     エステル0.4号+フロロ1号リーダー
baits   JAZZ尺D2~3g+スライダーシャッド

でした。



寒波襲来中ですが、まだまだピークタイムは継続中。
この冬も、しっかり堪能しましょ(*´ω`*)

コメントを見る

古賀 亮介‐snifさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!