プロフィール

kiyo

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:12
  • 昨日のアクセス:14
  • 総アクセス数:281535

QRコード

fimo 福岡支部 ON会

さてさて、4時頃家に戻り、寝る!

とは言うものの、仮眠程度。

10時頃目が覚めて、うだうだしながら出発準備。

今日は、夜からfimo 福岡支部のON会が催されるのでそれに参加。

昼過ぎに出て、筑後川をちょいと覗いて会場入りのスケジュール。

昼。 ソル友のLuckyさんが来て自分の車で行くことに。

Lucky氏の荷物を自分の車に載せていざ出発!

まずは家の近くのコンビニで、道中の軽食と飲み物を補充。

この時、財布を出すのがめんどくさかったので、おサイフ携帯で購入。

これが後でめんどくさいことになる。

車は一路 大分自動車道を経由し九州自動車道で久留米インターへ向けて出発。

道中、色んな話をしながら車を走らせてると、玖珠あたりでカミさんから電話。

『家に財布起きっぱなしだけど大丈夫なの?』 と。。。。。

あ”~~~~~~~っ\(◎o◎)/! 

でも、もう戻れない。 高速で玖珠。 湯布院位ならならまだしも・・・・・

あの時、コンビニでちゃんと現金で買ってれば取りに帰れたものを・・・・

まぁでも、携帯がカード代わりになるし何とかなるだろうと、久留米の待ち合わせ場所にしてあるポパイへ車を走らせる。

14時前。 ポパイ到着。

15時にソル友の誇大魚氏と待ち合わせ。 早く着きすぎた。(^_^;)

少々カードでお買い物してお店のキャッシュバックキャンペーンで何故か現金が戻って来た。

これは嬉しい。

外の自販機でジュースは買える。(爆

誇大魚氏と合流し、炎天下38℃を示す車の外気温計を横目で見ながら筑後川の筑後大堰へ移動。

『まぁ~時間もあるしちょっと見ていこう!』という軽いのり。

でも到着し、水を眺めていると、したくなるのが釣り人の性。

炎天下タックル準備してキャストをはじめる。




ちょっとだけよ~ が、小一時間振り続ける。

様子見が本気モード。

中途半端にベイトが確認出来るのがダメなんだよね。 投げたくなっちゃう。 



まぁ暑いのにご苦労さんという事態なので、日暮れまで夕飯食べて時間潰そうと移動。

ネットで調べた美味しそうなお店に行こうと車を走らせるも・・・・・・

開いてねぇ~し。

丁度そばにあったジョイフルに入る事に。

久留米ラーメン探す?との誇大魚氏の優しさがあったが、暑いのと腹減ったので、もうジョイフルで良いモード。

入って三人しこたまドリンクバーで水分補給。

飯食って思いっきり飲んで、体を芯までクールダウンし日が暮れたので筑後川へ。

到着し、飲み過ぎで苦しいお腹を騙し騙しタックル準備。

『飲み過ぎでもどしそう!』と叫びながら広い川幅に向かってフルキャストを続ける。

蚊の猛攻を交わしながら、背後の稲光に怯えながら何時降り始めるかとチョコチョコ携帯の雨雲レーダーを見て、本気で釣りたいのだけど狙い所の無い川に向かってただただひたすらフルキャスト。

もう、何も戦略が無く考えのないフルキャストで時間を潰す。(爆

他の人は真面目に狙ってたと思うけど・・・・・

そうこうしていると飽きてきたのと雰囲気が無いので移動。

天建寺橋へ。

ここに着いたら、風が出てきた。

ぬるい風。 雨が降る。

稲光と雷の音が近くなって来ている。

『降りそうだね。』

雨が上がるまで車に待避。

暫くして雨が上がる。

川を覗く。

岸際は地面が出ているのでウェーダーを履いて降りてみる。

案の定。 埋まる。(T.T)

前へ進めない。

しかも流れもマッタリで狙い所がねぇ。

気持は、どんどん萎えてくる。

まぁ 初めて入った場所はしょうがないね。

どうしようもないので、時間も差し迫ったので会場へ移動することに。

博多の会場へ。

みんな準備していてバタバタしている。

そのうち村岡氏もfimo本部の浅見さんを連れて登場。

近くの色んなアングラーが集まり宴が始まる。

今までネットでは知っていたが話したことのないアングラー。

全く知らなかったがこれを機会に話したアングラー。

色んな人に会って色んな釣りの話をした。



正直刺激になる。





色んなスタイルが居て、fimoに対しての期待も色んな感じ。

ちなみに俺はfimoという形を派閥にして欲しくはない。

色んなスタイルのアングラーが集まり。コミュニケーションを取り。色んな事を感じ会える場になって欲しい。 そう思っている。



さて、0時に始まった宴は夜通し続けられて、Tokyoシーパラの小林氏と村岡氏が本場のもんじゃ焼きを作ってみんなに振る舞ってくれたりしながら話に盛り上がった。



5時前頃から空が白々と明け始め。




綺麗な風景を神秘的な色合いで演出しはじめた。

カメラを持つ者。

ロッドを持ってキャストをはじめる者。

何かを感じ。 共有した時間を、大事にするように各自思い思いに水辺へ寄って行く。



この後、明るくなって設備を撤収し・・・・・

自分は、最後の梅酒が仇となり睡魔と疲労で車の中で仮眠を取る。

2時間ほど寝たか、目が覚めるとゴミ拾いが始まってた。

急いで起きて参加。






景色は綺麗だけど、悲しいくらい汚いサーフ。

釣り人だけのゴミじゃなく特に花火のゴミが多い。



みんなが当たり前の事をすれば出ないゴミ。

ゴミ拾いの後は、ジャンケン大会と記念撮影。



 

終了後、涼みにジョイフルへ

30名近い汗まみれで砂まみれの男達が集結。


しかし、両手に花だったのは村岡氏だけ。 嬉しそうである。




そんなこんなで涼しいところで盛り上がり。

徐々に皆さんは帰って行き。

お開きとなった。

満喫でき刺激になった集まり。

企画してくれた、fimo 福岡支部の皆様お疲れ様でした。

田中さんお疲れ様でした。

非常に楽しかったです。(^_-)

コメントを見る

kiyoさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!