プロフィール

コバ

三重県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:87
  • 昨日のアクセス:281
  • 総アクセス数:1579669

QRコード

伊勢湾のランカーシーバス

はてさて、11月も中旬になったが凄腕ウェイン出来ていないので
今週はシーバスメインでちょっとショアジギもという計画。

金曜日、仕事が終わってから帰宅せずに釣り場へ直行。

18:00釣り開始して 夕マヅメは異常なし。

波は思ったより高く、少しササ濁りぎみでいい感じ。
なんだか今日、いけそうな気がする。

過去の経験上一番美味しい時間帯になったので
10年位前によくやったヒットパターンを実行することに決めた。

ルアーはBKLM115のパールレインボー

色は、あまり関係ないと思うけど
なんだか実績高いのがパールレインボー

濁り潮でも、澄んだ潮でも、闇夜も、月夜も
いつでも釣れるパールレインボー大好き。

使い方は、アップクロスに投げて直ぐにスラッグとってから
流れに乗せて巻く。

普通に巻くのではなく超デッドスローリトリーブで流すのだ。
アップに投げたBKLMが
流されて弛む分を回収するだけ+ちょっとα巻く感じ

正面を通り過ぎてダウンになるとBKLMの頭が水流を受けて
微妙にプルフル プルフルの波動が伝わる。

そこで、層を外さないように竿先の高さを ほんの少し高めに
微調整しラインの角度作り、巻きを更に遅くして
超スーパーウルトラデッドスローリトリーブする。

もう、巻いているのか巻いていないのかの微妙な感じで
流れをBKLMの頭に受けて、ヘーラ~ヘーラ~とランカー好みな動きを演出する。

蟻んこが歩く速度でライン回収する感じだな。


魚が居れば、この時に食ってくる。
食わないときは、高確率で魚は居ない。

このパターンで
一番美味しい時間に一番美味しいピンスポットに流すと

ガン!
大型特有の 『ムファグゥン』 という感触じゃなく、
70CM級によくあるガツン系バイトで更に強い感じで当たった。

ハマチっぽい当たり方だったが追い合わせを叩き込み
高速回収すると、そこはシーバス 青物のような抵抗は無く
首振って抵抗しながら水面割って滑ってくる。

強引に巻き鰓洗いさせるとシーバスはバレ易いけど、それは中途半端に強引だからじゃないかと思う今日この頃。

抵抗してもお構い無しにリールを高速で巻き続ければフック先端には凄い応力が過かっているから鰓洗い程度の抵抗では外れにくい。(簡単にドラグが出るような設定ではダメ)

魚は水面割って水上スキーのように滑るので抵抗も出来ないし頭を向うに向けるなんて不可能だから簡単に寄ってくる。

もちろん、それが出来るMクラスのロッドとライン、そして鋭利に磨がれたフックと太軸#3以上のサイズがあって、鰓洗いでは外れないほどのウエイト負荷を針先に乗せることが出来る70CM以上の魚体での話ね。


水面滑らせて沖から一気にゴリ巻きで寄せると
足元まで来た奴は水中に潜り下に突っ込み
ドラグがジジジーと50CM出た。

おっ!ドラグ出た。
70CM級ちゃうで~~~80CM級ちゃうん??

突っ込み止めてそのままエイヤーと上げると
ヤッタ~ヤッタヨ~ 久しぶり~ランカーちゃん。


82CM ルアーは撮影までにロストしたのでTKLMで代用撮影

ストリンガーに繋いで、釣り再開し5分ほどして
同じパターンで

ガン! 

ビシッ と合わせると

プチッ とリーダー切れた。

痛んでいたのね・・



名機BKLM115を失ったのでピンチヒッターは弟分TKLM120


1時間ほどしてコツンと当たったので合わせると
あわせた勢いで水面から飛び出したのはコイツ


            40CM代のセイゴチャン

気を取り直してしばらくすると
沖で
ガツン!
今度は大きな鰓洗いだが、水面滑らずに抵抗する。
ドラグもジジッと10CMほど出ている。

足元までゴリ巻きで寄せて油断した隙に頭を向こうに向けて
ストラクチャーめがけて走り出した。

ドラグが2mほど出たのでロッドを一番綺麗なベントカーブ描く
角度に曲げてバットで受けると止まったが
その瞬間水中で首振ってフッと軽くなった。

強引さが中途半端だった。
丁寧にいなすか 強引に上げるか 
のどちらかを選ばなかったのが敗因。



次ぎの1投で、同じ場所に流すと
ガン!

ビシッ! スカ!
乗らずに抜けた。OTL



高速回収して再々度投入すると
ガン!

ビシッ!乗った。

今度は中型サイズなのでゴリ巻きで一気に水面滑らせて回収。


                  66CM

6バイト4ヒット3キャッチ 上出来です。
23:00終了。




この後、大移動して青物狙いショアジギングの磯へ向う。
駐車場着02:30 車で仮眠して夜が明けてから起きると
磯からルアーマンが帰ってくる。???

もしかしてと、車で高台に移動して確認すると
磯はババ荒れでジグポイントの足場には水柱が上がっている。

釣り不可能 



諦めて、昨晩ロストしたBKLMを探しに熊野のシマユウ釣具へ
そこで見つけたコレ ↓



BKLMだけど普通のBKLMじゃない。EXです。
プラボディーじゃなくてウッドボディーのアルミ貼り。

ウッド特有の自然な水絡みが最高。

普段は高くて買えないけど
コーティングが少し黄変して半額になっていたので2個購入。
半額といっても高価で1,838円

こいつ、絶対ええ仕事してくれるわ。




夕方まで たっぷり時間があるので
尾鷲の夢古道の湯でサウナ入ってお風呂に浸かり
昨晩頑張った腰痛を回復させる。600円






そして、再び大移動して昨晩のポイントに到着。

16:00から開始
昨日は向かい風だったが今日は追い風
波も今日はベタナギ
夜光虫も出ている
でも、今日もいけそうな気がする。

夕マヅメは予定どうり平和なまま終了

昨日と同じ時間になって同じパターンで同じピンスポットに
買ったばかりのBKLMを流し込む。

ウッド製ルアーはやはり良く馴染む感じで最高。

ガン!

こいつも水面滑らして秒殺高速回収。


                  77CM

1時間ほどして同じように

ガン!

バシャバシャ鰓洗いしてもお構い無しに巻き続けて秒殺。

                  76CM


足元でそばえる様なアタリがあるのでセイゴやろと
無視していたが、
コツン! ピチャッ と掛かって


                  51CM

これで、11月凄腕リミットメイク達成。

その後1時間ほどして、流れの上方向に投げ入れて流すと
ゴツン!

ビシッ スカッ  抜けた。(笑)



更に1時間ほどして
潮位が低くなって想定したチャンスタイムも過ぎたので
もう帰ろうかな?
でも51CMの奴を入れ替えたいし明日の朝までやろうかな?
と考えていると

遠投して着水後直ぐに

ドン!
竿を立てて高速巻きで水面滑らせて秒殺回収。


                     79CM

5バイト4ヒット4キャッチ

ノルマクリアーしたので23:00撤収。
2日ぶりに帰宅した。あ~疲れた。


11月はシーバスはもう満足。
残りの週末は青物に集中します。

シーバス頑張りすぎると
俺は青物師だってこと忘れそうだから・・・


ロッド:アルテサーノ100M
リール:01SW4000PG
ライン:AR-C1.5号
リーダー:バリバスVEP30lb
ルアー:BKLM115、TKLM120
     ストリームデーモン、ニューシートプス13.5、K2F142、TKF130
     グース120、ザブラシステムミノー139、ブルースコードC115

コメントを見る

コバさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!