プロフィール

梶原利起

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

タグ

アーカイブ

2018年 4月 (1)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (4)

2018年 1月 (5)

2017年12月 (5)

2017年11月 (4)

2017年10月 (6)

2017年 9月 (2)

2017年 8月 (5)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (5)

2017年 5月 (3)

2017年 4月 (5)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (4)

2016年12月 (4)

2016年11月 (8)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (8)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (9)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (5)

2016年 1月 (7)

2015年12月 (8)

2015年11月 (6)

2015年10月 (6)

2015年 9月 (6)

2015年 8月 (8)

2015年 7月 (8)

2015年 6月 (8)

2015年 5月 (9)

2015年 4月 (12)

2015年 3月 (14)

2015年 2月 (7)

2015年 1月 (9)

2014年12月 (12)

2014年11月 (7)

2014年10月 (14)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (12)

2014年 7月 (11)

2014年 6月 (5)

2014年 5月 (9)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (5)

2014年 1月 (10)

2013年12月 (6)

2013年11月 (6)

2013年10月 (5)

2013年 9月 (3)

2013年 8月 (10)

2013年 7月 (8)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (12)

2013年 4月 (23)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (22)

2013年 1月 (27)

2012年12月 (23)

2012年11月 (24)

2012年10月 (29)

2012年 9月 (34)

2012年 8月 (30)

2012年 7月 (32)

2012年 6月 (33)

2012年 5月 (35)

2012年 4月 (32)

2012年 3月 (32)

2012年 2月 (28)

2012年 1月 (30)

2011年12月 (25)

2011年11月 (19)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (23)

2011年 8月 (17)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (17)

2011年 5月 (5)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (5)

2011年 2月 (4)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (6)

2010年11月 (3)

2010年10月 (6)

2010年 9月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:97
  • 総アクセス数:932920

QRコード

目指せM点超え!

ダミキジャパン・あわび本舗『TRYOUT』概要説明

ルアーを始め、タックル等々、釣具や釣法は進化し続けている。

今後も更なる進化を遂げていくであろう。

進化する過程で実に多くの様々な製品が世に送りだされる。

製品1つ1つには個性があり、特徴がある。中にはオンリーワンの機能を有する製品もあるだろう。

我々アングラーは釣りという遊びを行う上で、ロッドを始め、リールやライン、ルアー等々様々な道具が必要となる。

ロッド1つをとって考えてみても、シーバスロッド、エギングロッド、ライトゲーム用のロッド、ショアジギングロッド他多数と非常に多くの製品が存在する。

しかも、上記のような分け方は大きなカテゴリーの分類に過ぎず、実際はシーバスロッドでも、使うフィールドに応じてレングスも違えば、投げるルアーのウエイトにより、ロッドパワーも異なる多くのロッドが存在する。

かなり細分化され、我々アングラーは購入する際、ロッドに限らず、ルアーでもスナップでも店頭で、あるいは購入しようかと考えた段階から頭を悩ませ、購入されると思う。

景気も悪く、ポンポン考えずに、何でも購入し、実際に試せる方は今の時代少ないと思う。

購入する際、自分が今このシーンで使える物、あのルアーの1つ下のレンジが引けるルアーが欲しい等々と考えて購入に至るまでの過程において、ネットで、友人に聞いたりと製品を購入する際、『情報』を集め判断すると思う。

今や世の中は情報の時代と言われて久しい。

現実にパソコン1つで様々な情報が膨大な量取り出せる。

釣具においても、1つの製品情報がかなり引き出せる。

しかしながら、製品の説明は製造メーカーからの情報が多く、実際に使用するアングラーのリアルな感想、消費者目線での感想や情報は少ないように感じる。

勿論ゼロでは無いが、コアな商品等になるとその傾向は強いように思う。

実際に使用するアングラー=消費者目線での製品情報が少ない現状では、アングラーが製品を購入し、実際に使用して始めて、製品の良さや特徴を感じられるということだ。

当然と言えば当然なのだが、消費者目線での感想や情報が少ないが故に、実際に購入した際、自分の求めているものと違った等々様々なギャップが生じることも往々にしてある。

特に釣具は決して安いとは私自身言い難いところがある。

どちらかと言えば商品単価も高く、製品にもよるが、結構な高額品の部類に入ると思う。

消費者による、消費者の為のリアルな実際に使用した感想、情報がもっとあれば、購入時のギャップの減少、また、その製品が持つ本当の良さ、使用感等を理解した上で購入できるのではないだろうか?

今回私はダミキジャパン・あわび本舗様が行うTRYOUTに参加させて頂くこととなった。

TRYOUTとは『使ってみた』という意味。

メーカーと消費者の間にTRYOUTを挟む構図となっている。

TRYOUTがメーカーと消費者の間に介在することにより、製品を実際に使用したリアルな情報、消費者目線での製品情報が消費者は得られる形となっている。

今回TRYOUTは私達TRYOUT参加者にダミキジャパン・あわび本舗様より13点の製品を御提供頂いている。

これらの製品を私を含め参加者は御提供頂いた商品説明から始まり、実釣で実際に製品を使った感想記事を作成していく。

私もその製品の特徴、使い方、使用感等を消費者の視点でリアルに書いていこうと思う。

私自身今回消費者の視点、目線でということを忘れずに頑張って行こうと思う。

但し、最初の御提供頂いた商品説明記事に関してのみ、まだ使用前ということで、通常の製品紹介に近いものになるかも知れないが、そこは御了承頂きたい。

実際に使用した段階の記事で、リアルな感想、情報を御提供していけると思う。

先ずは、本日TRYOUTの概要説明となった。









コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!