プロフィール

有頂天@

南極

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/5 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:108
  • 昨日のアクセス:299
  • 総アクセス数:483545

QRコード

固定概念をぶっ潰せ!

定期的に行う調整。



家の近所で流れがある場所。
他に池に行って流れの無い状況下でのアクションチェック。これをやっておかないと稀に感覚と実際のアクションとのズレが出てしまう。

「ダートなんて大差無いんじゃないの?」と思われる方も居ると思うが、自分としてはフィールドに与える状況の変化に結構、差は感じる。
勿論、ダート自体だけではなくて他の要素も思い当たるが、そんな中での細分化というか、、、今度、地元の後輩に頼んで色々と検証してみたい事はある。ゴープロの出番だ。笑


しかし自分は楽というか、、、昔は「絶対的なロッド」と「絶対的なルアー」が存在して、他に選べる要素が少なかったのだから全てはアングラーのスキル次第。

それに比べるとPEラインとリーダーというラインシステムは選択肢が多く、ある意味でアングラー側は「楽」を出来る。
状況や使いたいルアーに合わせて自分のやり易い様にメインラインの太さを選んだり、リーダーに至っては太さ、素材、長さで如何様にも出来る。

これはドリフトも同じか。



ジャーキングには良くも悪くも「そう動かせるかどうか?」って部分がある。これを「楽しい」と思うか「面倒臭い」と思うかで数年後はだいぶ違う。

自分はどちらかと言うと「楽しい」と思った派で、釣りを始めてから3年間はとにかく釣りが終わってから練習に明け暮れていた。
誰か教えてくれる人が居たならもうちょっと早く体得出来たと思うが、とにかく「ジャーク」という言葉と何となくの知識だけで四苦八苦。

「自分の努力で」って言葉がどうなのかは分からないが、結局は同じ人間のやる事、恐らく辿り着く場所は一緒。ただ時間が掛かるだけだ。笑





天気図なんて見ていなかったが、どうやら雨が近い様子だった。
「行ける時が釣りに行く時」な自分は、良かろうと悪かろうと基本、タイミングは選ばない。ただ、まだまだ夜の干潮は避けたいが。




浅いから透明度が高い訳ではなく、実際に透明度は高い。
流れが広く溜まるエリアで、ハクは捕食される直前だけ花火の様にパッと散る。

ポッパーをキャストしている人は賢明だな、と。

小振りなバイブとブレードをキャストしている人はスピードが合わない様子。

ミノーはアングラー側が何かしら仕掛けないとボイルを止める。


面白いのは小振りなミノーはボイルを止めていた「らしい」のに、ジャーキングはそのまま魚へと結び付いた事。

自分が去ったその後は色々と想像に難くないが、、、一つ言うなら「ロッドを動かす事」を目的としているのと「魚に口を使わせる事」を目的としているのでは大きく違う。




なんだか痙攣のようだが、、、ソル友さんは見事に「バイオレンスジャーク」と命名してくれた。
正にバイオレンス。笑

慣れない内はこうなるのは当然。次男がやろうとしているのはまだ「ロッドを動かす事」であって、次の段階の「ルアーを動かす事」でもない。
ただ、その次の段階への伏線は張ってある。
物心ついた頃から川で泳がせて小魚を沢山見せて来たし、水族館にも足繁く通った。





派手な動きを見せると「凄〜い!」と言い、水に馴染ませると「魚みたい!」と言う。
一度、「ルアーはルアー」という概念に縛られると中々そこからは抜け出せない。子供達の反応を見る限りは「思惑通り」だ。





小振りで「条件の揃った」プラグをジャーキングすれば容易かもしれないが、敢えては9cmクラスに拘りたい。
そうすると不思議なモノで、条件が揃った場所なら鱸クラスの方が釣り易く、フッコクラスの方が難しくなる。
デイゲームで視野が充分に確保出来ているからか、ルアーサイズによって釣り易い釣り辛いは出て来る印象。だからフッコクラスの方がむしろ嬉しい。


何十年とシーバスフィッシングをやっている人間が「そのボイル、釣れんの?」と諦めているボイルをジャーキングで釣っている。





まぁ前々回と今回、釣れた自分も驚くが。笑

それでもやはりかなり難易度は高い。1つは条件が必要で、スピードは喰わせる瞬間だけ合わせれば、、、。





ナイトでも試してみて、何とか1匹。常夜灯下なのでやる事はデイゲームと変わらない。




そう言えばビッグベイトは、、、




ハク付き。

条件は必要だと感じた。「満月の潮」と「無風」である事。この2つが揃えば暗所でのライズも見られる。混み入った場所に付いていてくれれば可能性も充分にある。

ルアーはエスドライブのフローティング。ほぼトップというレンジを見事に泳ぎ切ってくれるルアーだ。



ちょっとお遊びも混ぜてるんだが、、、





イケそうなんだけど、回収で見事にスレる。爆




もうっ!



コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

ブルーアンタレス -BLUE ANTAR…
22 時間前
柳竿 シンゴさん

お気に入りのロッド!
1 日前
渡邉 雄太さん

飛ばないルアーは飛ばせなくて…
1 日前
ケンスケさん

癒やしのナマズ
1 日前
タケさん

誤爆反転対策・蛇足編
5 日前
rattleheadさん

初フィールドの玩具箱 〜トッ…
8 日前
平田孝仁さん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!