プロフィール

マサ

三重県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (1)

2018年 5月 (3)

2018年 4月 (2)

2018年 3月 (3)

2018年 2月 (3)

2018年 1月 (1)

2017年12月 (4)

2017年11月 (5)

2017年10月 (7)

2017年 9月 (5)

2017年 8月 (9)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (6)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (7)

2017年 3月 (7)

2017年 2月 (6)

2017年 1月 (6)

2016年12月 (5)

2016年11月 (5)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (5)

2016年 8月 (6)

2016年 7月 (10)

2016年 6月 (6)

2016年 5月 (3)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (5)

2016年 1月 (6)

2015年12月 (4)

2015年11月 (4)

2015年10月 (6)

2015年 9月 (3)

2015年 8月 (3)

2015年 7月 (4)

2015年 6月 (4)

2015年 5月 (5)

2015年 4月 (4)

2015年 3月 (7)

2015年 2月 (6)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (5)

2014年11月 (3)

2014年10月 (4)

2014年 9月 (5)

2014年 8月 (6)

2014年 7月 (5)

2014年 6月 (4)

2014年 5月 (2)

2014年 4月 (5)

2014年 3月 (2)

2014年 2月 (3)

2014年 1月 (7)

2013年12月 (4)

2013年11月 (5)

2013年10月 (6)

2013年 9月 (9)

2013年 8月 (11)

2013年 7月 (15)

2013年 6月 (13)

2013年 5月 (15)

2013年 4月 (15)

2013年 3月 (11)

2013年 2月 (13)

2013年 1月 (15)

2012年12月 (15)

2012年11月 (16)

2012年10月 (18)

2012年 9月 (12)

2012年 8月 (13)

2012年 7月 (19)

2012年 6月 (14)

2012年 5月 (18)

2012年 4月 (17)

2012年 3月 (18)

2012年 2月 (20)

2012年 1月 (21)

2011年12月 (23)

2011年11月 (18)

2011年10月 (24)

2011年 9月 (22)

2011年 8月 (24)

2011年 7月 (23)

2011年 6月 (24)

2011年 5月 (28)

2011年 4月 (13)

2011年 3月 (12)

2011年 2月 (17)

2011年 1月 (22)

2010年12月 (10)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:26
  • 昨日のアクセス:171
  • 総アクセス数:629523

タグ

続・ダウンショットティップランについて。

 前回のダウンショットティップランを試した時の感想が『ロストしない上に釣れるやん!?』でした。  環境、お財布とモチベーションに優しいエコなリグなのかなぁと。  2回(足掛け約8時間)の釣行でロスト0は凄いのではないかと!?  釣果的にはプロと呼ばれるアングラーがティップラン用のエギで釣りをした場合と比べると劣るかも知れませんが、普通に楽しく釣りが出来ればOKってアングラーにはかなりオススメ出来るリグだと思います。  とは言え、今んところは自己マン出来る釣れっぷりなので、そこそこ釣れるリグである事は間違いないです!  発展途上ですが、今んところ凄腕の上位にランクインしているのでそれなりに説得力は有るかと。




 前回のログで紹介したのは、ノーマルバージョンでした。  今回は天秤バージョンの紹介&使用感です。  まずは写真をご覧下さい。
msstyoajno6izjh4bxet_920_518-6d7917c0.jpg
これが初代のリグです。  いわゆるダウンショットリグです。  以後、便宜的にノーマルバージョンと呼びます。(詳しくは前ログを参照)




mt7grxza5npcocits783_920_518-8cb9d80b.jpg
天秤バージョンのタイプ1です。  少しでも捨て糸からカンナを遠ざけたくて、天秤を採用しました。(ホントは天秤では無く、エサ釣りの道具です。  針を2本に分ける為の金具ですね。)





59mrwvrxyg3yhmxystiz_920_518-38fb2664.jpg
天秤バージョンのタイプ2です。  タイプ1でも捨て糸を拾う時に使おうと、予備で用意した物です。(キス釣り等に使う一般的な天秤です。)




 実際に天秤バージョンを使った印象ですが、ノーマルに比べると、エギがバタつく感じがします。  天秤が乱気流ならぬ乱潮流を造り出しているのかも知れません。  なので、ティップが揺れ気味になってしまい、繊細な当たりを見逃しているかも・・・的な不安感があります。  ノーマルの場合はティップが揺れるのはカンナに捨て糸が絡んだ証です。  なので、天秤バージョンを使っていると絡んでいるのかどうかが分かりにくいと感じるのでは無いでしょうか?  (これを読んでいる人はきっとどちらも使っていないでしょうから、全くイメージが湧かないと思いますが(笑))  どちらも普通に釣れたのですが、使いにくいと言う印象は拭えませんでした。




 使用感はさておき、肝心の実際に使えるかどうかです。  捨て糸を拾う頻度はノーマルと比べて、天秤バージョンの方がマシと言う印象も有りませんでした。  むしろ、リグが複雑になってしまうので船上で絡まないようにするのが煩わしいと思いました。  リグを投入する時にはノーマルよりも気を使わずに落として行けるとは思いましたが、そこ以外、ノーマルよりもメリットを感じる部分は無いのでは?  以上の事から、ワタクシ的に天秤バージョンは『ナシ』だと判断しました。  今後はノーマルオンリーで精度を高めていきます。




 使う前はかなり期待していましたし、実際に使い始めてスグに釣れました。  しかし、使い込んでいくと、タイプ1もタイプ2もデメリットの方が目立ってきました。  その後、ノーマルを使った時の安定感は『これしか無いやろ?』レベルの感覚でした。





 前回、捨て糸の長さと錘のウエイトでカンナに絡む頻度を検証していたのですが、今回は気になるほどは絡みませんでした。  捨て糸が長め・短め共に劇的な変化は有りませんでした。  どちらかと言えば潮流が早い方が絡む頻度が高いと感じました。  潮流が緩くなってからは絡み0でしたので、潮流の影響はある事は間違いないですね。  ワタクシ的には潮流が緩い方が絡むイメージが有るのですが(汗)  その辺りは今後の使い込みで明らかにして行きたいと思います。




今回の結論

①使われるならばノーマルバージョンを使って下さい!

②捨て糸の長さはまずは半ヒロから。

③ウエイトは状況に合わせて替えてもらうしか無いですが、底が取れるレベルで軽めでお願いします。

④ティップがバタついたら捨て糸がカンナに掛かっているので回収のサインです。

もし今後、いい情報が有るならば、ここに追加していきますね!



これが皆さんの役に立つのかな?って感じですが、上手く釣れたら良いですね。  実際に使って下さって、更なるアイデアが思いついたら教えて下さい!  



 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!