カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

QRコード

ピンチはチャンス!?真夏の昼のグルーパーゲーム!!-Yuta Komatsuda

リトルジャックブログを閲覧の皆さま、こんにちは。宮崎県SPモニターの小松田です。
 
連日の大雨や台風が過ぎたと思ったら、ボンネットの上で目玉焼きが出来そうなくらいの猛暑続きが続いていますが、どのようにお過ごしですか?日中、釣りに行かれる際、熱中症には注意されてください。
 
さて、こんなにも連日の猛暑だと、日中の釣りや外出は控える方も少なくないと思います。私はと言うと、仕事後の夕方から夜に釣行していますが、今が旬の釣りたい魚は日中の時間に限られるために、「いつ行こうか…」と二の足を踏んでいました(笑)
 
その釣りたい夏の魚は、ずばり「アカハタ」です。そんな「アカハタ」を釣るべく、そろそろ発売の「MODELISM-EBI」を携え、勇気を出して真夏の昼の地磯へと釣行してきましたので、今回は、その時の様子を紹介します。
 
「ピンチはチャンス」と言うような言葉を耳にしたことはありませんか?この猛暑の中、外出すること、ましてや磯などの避暑ができない場所に行くことは愚行でしかないように感じます。
 
しかし、いくら人気の地磯でも、こんな日のドピーカンにエントリーする釣り人はいないだろう、これは「貸し切りチャンスだ!」とばかりに、ゴソゴソと藪漕ぎをし、磯と磯の谷間をピョーンと進むこと20分…。
p2pjjtx7kw8tireut8um_480_480-8ab8a3ec.jpg
 
息切れ、呼吸苦、多量の発汗の末、無事到着。もちろん貸し切りでした(笑)
 
ウダウダと準備を済ませ、いざ実釣です。今回で2度目のポイントでしたので、初回時の経験を活かし、まずは、21g(タングステン)のテキサスリグで、手前から徐々に沖の方へとキャストを繰り返していきます。
 
さほど潮も速いわけではない様で21gでストレスなく着底を感じることができ、リフト&フォールを主体に誘っていくと、ガブガブガブというようなワームを咥え込むアタリがあり、少し間をおいて渾身のフッキングが決まり、無事にキャッチです。
twwc42zwovdrar5t8uju_480_480-a74dfa81.jpgagvto847mm2g7z527x8w_480_480-cdedc5b6.jpg
 
真っ赤な魚体に、大きな瞳。とてもカワイイ魚です(笑)
数匹釣ると、ワームの尻尾先端部が割けてきますが、尻尾~胴部のリブ?段差?を目安にカットし、再使用しても釣果に変化はみられませんでした。ショートバイトが頻発する時は、そこを目安にットするのもいいかもですね。
使えなくなったら、カラーチェンジという様に、ワームカラーを変更していきますが、各色好反応でした。
epjebir2rks5sdtj2aeo_480_480-479f3762.jpg
 
手持ちのカラーで特に好反応だったのが、まさかの「マットカラーなピンク」であり、上の2色よりもバイトが深く、あがってくるアカハタのほとんどが、ワームは口の中へスッポリというような状態でした。
657267j3jji95t75isrm_480_480-d7b169f7.jpg
npuggn7vjctsowsnxd5d_480_480-1bc95f16.jpg
 
まだまだ釣り足りない状況でしたが、手持ちの水分が底を尽きたので、やむなく納竿としました。
 
クロー系ワームと言えば、バスではノーシンカーやラバージグのトレーラー、必殺のちょうちん釣りを始め、海ではハタ類やカサゴなどにテキサスリグ、チヌ(キビレ)にジグヘッドリグ等々、同じワームでも多様なシーンに対応できる汎用性の高さが1つのポイントだと思います。
 
このクロー系ワームは各メーカー販売していると思いますが、リアルを追求したクロー系ワームは多くはないはずです。サイズも50mm、75mmと2サイズあり、カラーラインナップも豊富ですので、リアルなクロー系ワームとして多様なシーンで活躍することは間違いないと思います。
 
そんな、リアルなクロー系ワーム「MODELISM-EBI」のスイム動画や実釣動画もアップされていますので、是非とも、発売前に動画をチェックし、店頭で見つけたら、そのリトルジャックらしさを体感してください。

 
もちろん、お値段は良心価格ですよ(*´▽`*)
 
それでは皆さま、また次回。閲覧ありがとうございました。
 

コメントを見る