プロフィール

yebisu

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/2 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:7
  • 昨日のアクセス:125
  • 総アクセス数:230355

QRコード

最強のベイト・ロッド?

昨年の話ですが…、

「高い道具を買いなさ~い」で御馴染みのユーチューバー(Kのフィッシングチャンネル)、Kさんが溺愛するシマノのワールドシャウラ…。


其の影響? 徐々に…段々と…興味が湧いて来て、買っちまいましたよ(悪魔の囁き)衝動買い・・・。


機種は、『ワールドシャウラ17114R‐2』(DCシステマティックスペシャル)。
http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5337

ワールドシャウラ(ベイト・ロッド)の最長モデルで、DCブレーキとのマッチングを考えて作られたロッド。


此れにエクスセンスDC(改)(MGLスプール+PE1.5号200m)をセットして…、先ずは肩慣らし、メタルジグ30gでスタート!


始めは…「こんなものかな?」の普段通りの飛距離。

次に少しだけスイングを大きく力強くしてみたら・・・、30gのジグが普段より明らかにぶっ飛んで行きます。

シマノDCブレーキ搭載機種で、(何時もの釣り場で…)彼処迄飛んだ記憶は無かったんで…吃驚!


だって8フィートですよ!たった8フィートで彼の飛距離!

(本当に、他社の10フィートクラス以上に匹敵する飛距離)


ブランクスが、其れ程他社と違うのか???


(此れについてはずっと謎だったのですが…、村田基氏が『釣りフェスティバル2020』シマノステージで語っていたのを観てやっと納得)



私は村田基氏の信奉者では有りませんが…、本当に此奴は掛け値なしに凄いのです。



処で…最近の村田基さん…、以前とは少し変わって来た様な・・・!

前はもっと、頭ごなしな意見が多かったと思うのですが…。


DMMオンラインサロンやSNS、そして自らのショップ経営で一般アングラー(消費者)にとても近い位置に居て、常に情報をキャッチ(更新)し続けているから?


最近の…小さなベイトリールしか作らないメーカーへの不満。

新登場『カルカッタコンクエストDC200 HG』の巻き取りスピードの遅さ!

XGを販売すればもっと売れるだろうに…。

ベイト・ロッドが進化しているのだから、ベイト・リールも進化しろよ。


私の考えとリンクする話題が多くて、一寸驚きでした。


例え其れが…、氏の戦略だとしても――、アングラー側の意見をストレートに業界に伝えて(反映して)貰えるのならOK!ですね。



あっと!話が逸れて仕舞いました、話題を『ワールドシャウラ17114R‐2』に戻します。

超軽量・ハイパワー・感度・抜群の飛距離、そしてレギュラー・テーパーを活かしたルアーへの対応能力の高さ(奥深さ)。


良く撓るのに収束が早いブランクス、だから…全体的にはシャキッとしている。


軽いルアー~1オンス以上のメタルジグも余裕で扱え、更にビッグベイト迄投げられる!

(そんなの有る…?)


詰り一本持っていれば…、状況に由っては此処は軽いルアー、此処はメタルジグのロングキャスト、そして此処ではビッグベイト…、然う云った使用が可能なのです。


(ガイドが大き目で、FGノットに干渉しない設計なのもGood!)


正に!シマノと村田基氏が生み出した、フィッシング・ロッドの最高峰。

(最新テクノロジー満載の、スーパー・万能・ロッド)


今回登場した『ワールドシャウラ1832R-2』マルチパーパスロングストロークカスタム(8.3フィートのモデル)も、ルアー対応重量7~30gなのに…、何と!キングサーモンにも使えるらしい・・・???


(ワールドシャウラは、表記されているルアー・ウエイトの倍の重さ迄対応出来る様に開発されているらしい…、だ・か・ら・そんな事が可能なのでしょう!)


(何と云う…、徹底した現場実釣主義)


製作(者)サイドの、「釣りは何が起こるか解ら無い…、だから今此処で…、此のロッドが通用し無ければ駄目なんだよ!」って声が聞こえて来然うです。



(先ずは、ウエーディング(リバー・シーバス含む)&バーサタイルのシーバス・アングラーから火が付く…のでしょうか?)



そして…秋~春には、更なるロング・ロッドがシリーズで発売予定とか…。


現段階(釣りフェスティバルでの新商品も含む)で、8フィート代の(バスや海用)ベイト・ロッドで、此奴等2本(機種)に勝てるロッドが果たして存在するのだろうか?


其れ位…他のベイト・ロッドと比べ、完成度(総合力)がずば抜けている。


難点はね…矢張りレングスが短い事、「何故御前は8フィート何だよ~!」って思わず叫びたく為ります。


今後…、ワールドシャウラの9フィート~10フィート・シリーズが続々販売展開されて行ったのなら――、他社にとって凄い脅威なのでは?


まあ!アマチュアとしては大歓迎、増々…此れからのソルト・ベイト・フィッシングが面白く為り然うです。



ああつ!今からドキドキっす。

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

時合の前の時合
19 時間前
登石 直路(nao)さん

ハクガ・マサカ
1 日前
有頂天@さん

連発を呼ぶクレイジーツイスタ…
2 日前
平田孝仁さん

直線強度100%超えのノット
5 日前
ケンスケさん

シーバスを始めたい人へ話をし…
6 日前
シノビーさん

行ってきました!フィッシング…
8 日前
ねこヒゲさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!