プロフィール

家邊 克己

福岡県

プロフィール詳細

34.,coltd

34co.,ltd

サークル34の入会案内はこちらから入れます

サークル34

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:48
  • 昨日のアクセス:148
  • 総アクセス数:9073033

QRコード

ボートアジング

  • カテゴリー:日記/一般
こんにちは。




最近、ボートアジングによく行きます。




釣り船屋さんが教えて欲しいとのリクエストで行く事もありますが、この間行った長崎の大村湾のボートは中々面白かった。




釣り船エスポワールさんの遠藤船長で新しい釣り物にチャレンジしようと非常にバイタリティのある船長さんで初心者にも丁寧に教えてくれます。









5hm8zbsvo8gzorsw8dy5_480_480-139bc206.jpg






nk9pzkm5wg2jegk39uvb_480_480-79a1f22d.jpg








大村湾は、湾口が非常に狭く奥深い事が特徴で湾口が狭いので湾口付近は潮が早く複雑でその分色々な魚が入ってきます。




しかもいい事にこの海はまるで池の様な感じで殆ど波がない。










ohxv3car9v4bdpevrrep_480_480-26deceaf.jpg









湾の奥行きが深いので沖の波が入ってこずに爆風にならない限りべた凪になり船酔いを心配される方はここのボートだとまず心配はないと思います。




ポイントの水深は、10m〜28m位とボートアジングとしては浅く潮も釣りやすい素直なポイント、テクニカルな複雑なポイントと色々あり釣り人の技量により選択でき今の時期のサイズは20〜28cm位が狙え一番食べて美味しいサイズが釣れる。




その他にも丸アジの35cm位が釣れるのですが大村湾の丸アジはかなり脂が乗っていて美味しいとの事で、時にヒラメ、コチなども釣れる。




釣り方ですが、基本ボートの場合は船が片アンカーでトモが動く場合が多いのでオカッパリのアジングのように上のレンジから攻めていくと潮が複雑だと自分がどの位置、レンジを釣っているかイメージし難いのでボトムを基準にし、先ずはボトムを取る事が第一です。




大村湾では水深が浅いので潮が素直ならジグヘッド単体で充分釣りになりますが、潮が複雑になってくるとやはりスプリットが必要になりガン玉の5B〜6Bを1個〜2個打つ事でボトムが取れます。




ボートアジングの場合、釣り場と状況により縦の釣りがいい場合と横の釣りがいい場合とに分かれてくる。




その日のパターンを早くつかむ事が重要でスプリットを打つ場合その位置でもアタリの出方が変わってきてもう一つ重要なのがジグヘッドの重さの選択です。




スプリットを打った時に、縦の釣りの場合ラインを止めた瞬間にスプリットを起点にしてジグヘッドが落ち始めます、そのフォールスピードがその日によって変わり、横の釣りの場合も潮に乗る乗らないに別れ潮に乗った方が良い場合もあれば乗らずに沈む方が良い場合もある、その日のパターンでジグヘッドの重さを選択する事が重要です。




これはオカッパリでも言える事ですが僅かな重さの違いで食いが違ってきます。




ボトムが取れたら二、三回トィッチを入れリグを上に引き上げます、この場合オカッパリよりも水深もあるので大きく動かしますが潮が速いと動かし過ぎるとボトムから離れてしまいボトムが取れなくなるので注意してください、その後フォールの場合はその位置でスプリットを止めてそこから落とすのですが、テンションをかけた方がいい場合と送り込んだ方がいい場合とこれも別れてきます。




難しいようですが実際にやってみるとそれほどの難しくないです、横の釣りの場合はアップから自分の前までとダウンを釣る場合に別れてきます。




アップの場合は投入点をからボトムまでをカウントしてアップに投げてそのカウントで止めテンションを掛けながらアタリを待ちます時々トィッチを入れながらテンションを掛け上から下までを探ります。




次にダウンで釣る場合ですが、ボトムを取り自分の前まで流しその後ダウンに入る訳ですがそのままテンションを掛けているとリグが浮き上がるのでそこからロッドを送り込む様にラインに付いて行きます、ロッド一杯まで送るとリールのベールを起こしラインを出しまたロッドの一を自分の前まで戻し再び送り込みます。




潮の速さにもよりますが潮が速い時はこれ以上やると浮き上がってしまうので、ピックアップしてやり直します。潮がゆるい時はもう少し送り込んでアタリを待ちます。




アタリは、色々なパターンがありますが一番多く分かり易いのはコンッとでるアタリですが、それ以外にもかなり細かいアタリが出ておりおかしいなと思われたら即、空アワセをしてください。




その他にも色々な釣り方がありますが、また次の機会にお話しさせていただきます、ボートアジングどこでも釣れると思いますから是非一度チャレンジしてください。


























 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!