SUPPORT MAKER


ラパラ

アピア

ER

TOOL CONSULTING

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

APIA STAFF

小林 厚治
木村 仁
安田 浩樹
北添 貴行

LINK


logo-mini.gif

アングラーズスタッフ

プロフィール

吉田 隆(ヨッシー)

千葉県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:107
  • 昨日のアクセス:100
  • 総アクセス数:1934188

検索

:

QRコード

ナイロンラインで淡水川鱸



千葉県のホームで遊ぶ時はメインターゲットが不調であっても、他の魚に逃げることも可能ですが、ナマズがメインだと中々潰しがきかないのです。

潮の満ち引きとは無縁な場所も多々ありますが、そういう場所ばかりでもなく。

トップでナマズを楽しむには、潮が少ない方がターゲットとの距離も近ずくため、より一層のチャンスが生まれる、そんな図式ですが・・・


そのジアイまでの時をどう過ごすか?


こう見えてお金は無いけど、老人に勝るほどの時間を持っている。



でも老人よりは多少耳の聞こえが良いのでボイル音の嗅覚は敏感。


ボシュ!ボシュ!




と聞き覚えのある音に吸い寄せられ、静かに遠巻きから海面を覗きこむと・・・やってる、やってる!





あれ、絶対シーバスだろ!


しかも、でかそうじゃん♪





とりあえず表層から速巻きかな。





で、ゴン!来た!来た。










fymei3zcf6ad7yysen6n_480_480-acde4652.jpg



なんだコイツ?口が変じゃね?




完璧に騙されたわ~




ってことで、この日はナマズしか釣れず。。




wy8yfyspom6wrviiyx6x_480_480-99112b7a.jpg

r7nsoc9wc49z2jd8myfu_480_480-b891e3d2.jpg


次の釣行前夜、ナイロンに巻き替え、少しでも飛距離を稼ぐ作戦。


日没後の満潮からの下げ潮、今夜も老人を狙う振り込め詐欺みたいに騙されるのか?



騙される前に軽くキャストし、ラインを水でなじませて、本番5分前。













3w3gh525jakxv355eatw_480_480-d1dbf76a.jpg


待ち切れずに2分フライングしたけど、1投目でナイロンラインの伸びを体感。


ここで釣ったシーバスは初めてだけれど、タモを忘れたからグリップ打ちでのランディング。





sybzu4rpdxm5hyt7t64w_480_480-226011da.jpg



リールはメタニウムMGLです。
規定通りの65メーター巻いてますが、その前のフロロは1割ほど少なめに巻いてました。


ナイロンとフロロですが・・・

同じポンド数でもラインの直系がナイロンの方が細めではありますが、同じ太さならナイロンの方が引っ張り強度は上ですね。

根魚を狙う時は、沈みやすく根ズレにも強いフロロを使用する頻度は高いのですが、感度はそこまでの違いは無いと思います。
(糸ふけ次第)

特にトップ狙いでのフロロはスナップ部分から約30センチにかけて、根掛かりせずとも、ザラザラになってました。

ようは、ラインが水中に沈み、シャローのゴロタやボトムに擦っていたのが原因。(ザラザラでもブレイクは皆無)

これをナイロンに変えて同じトップルアーでナマズも狙いましたが、終始ラインはツルツルの状態。


やっぱりトップルアーには、ナイロンに軍配?


そんなこともなく、風が強い時は糸フケを持って行かれるので、ナイロンに比べウエイトのあるフロロの方が扱いやすい場面も出てきます。(小場所であるほど)


しかもナマズはショートバイトが無く、ほぼ丸飲み。水と一緒に吸い込むわけですよ。

その吸い込み直後に反転しロッドへ重みが伝わりアワセを入れる。

この反転した時に、あらかじめ沈んでいる(遊び)ラインの方がしっかりと重みが伝わるのでは?

ここに重点を置き、暫くフロロを使用してたわけですが、その後ナイロンを使い実際に魚を掛け飛距離の違いも体感してきました。



ナマズ狙いに関してはそもそも飛距離を必要とせず、どちらかと言えばアキュラシーを重要視しており、遠心ブレーキは強めに設定。
それでも30メーター以上は普通に飛んでます。
(フロロもナイロンも)


で、シーバスを狙う時は飛距離が欲しいのでブレーキダイアルは0に。


更にブレーキシューをオフにしていくと、ここからフロロとナイロンの飛距離に差が出始め、軽量なナイロンに軍配が。

フルキャストした際のスプール内でのラインの浮きあがりもナイロンの方が抑えられるので、トラブルも少ないのかな。


今回、久々にナイロンでシーバスを釣りましたが1度フッキングしてしまえばバレる確率も少く、ドラグ調整が苦手な方、足元を中心に探る場面が多い方は弾きずらいナイロンもイイと思いますよ。





wm9ci7egzfcyyfft4r2z_480_480-6779c49c.jpg

可愛そうに・・・ボーン!ボーン!笑



タックル
・アピア foojin`R ウォールマジック B70ML
・メタニウムMGL HG
・マルチゲーム ナイロン20lb(ラパラ)
・カウントダウンアバシリップレス マッド(ラパラ)


 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!