☆SALT IMAⅩ!! http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja チヌパラとイナパターン http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6yhx46b6 2014-07-24T00:05:00+09:00 この日は翌日が休みだったので下げ潮5分からソコリ付近まで遊んできました。

海面には時折ジャンプするボラの姿とモジッている無数のイナッコ。

この潮位でイナが活発に追われているので、ジアイは長いかも。。。そして連発するかもですよ♪

と、先行者のtoshiさんと談笑しながら、対岸の際から落とし・・・



ヒットルアー:サンダーブレード(ストーム)







ヒットルアー:サンダーブレード(ストーム)











確かこのカラーでの後頭部への打撃スレ^^


テンションフォールでバイトが出ているので、例えフッキングせずとも縦のアクションを入れ続けていると1キャストで2バイトくらいありました。





その後は、ストームのプロトのボトムバンプで連発。全てダウンからです。
こちらのルアーは、来月早々に発表いたします。



そして潮止まり寸前。。。



イナが浮いているので、エクリプスのミニスライトのヒラ打ちで。



最後は・・・




ヒットルアー:チヌパラドッヂ(アピア)




今回はボトムを捕らずに着水してから中層をたた巻きでヒットしました。

ジグヘッドには出すことの難しいジョイント張りのクネクネしたナチュラルアクションが利いたのでしょうか・・・

これはチヌ以外でもいけそうです♪




ヒットルアー:チヌパラドッヂ(アピア)








toshiさんお疲れ様でした♪

またよろしくお願いいたします♪




タックル
・アピアlegacy` BLUELINE71MT

・イグジスト2508
・PE0,8号 sufix832(ラパラ)
・Rapinovaフロロカーボン16lb(ラパラ)


・ロッドホルダー(ER巣山技研)
・スティングレーシャフト
vjzvzm6xbwchmnc4n6rz-f3586042.jpg








《PR》

nm337o2wkhokw7taopih-0adee492.jpg





 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
ソルスト9月号とチヌの色々 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6m9hobvr 2014-07-22T19:46:00+09:00


ソルスト9月号

表紙は美男美女がド~ンと♪


遠藤さんのヒラメ、実は遠藤さんの取材日に私も隣でヒラメを狙ってまして・・・

あんな大きいのは釣れませんでしたが、いつの日か私も釣ってみたいです^^






私は千葉県のチヌ攻略という事で取材記事が載っております。



現在はルアーで川チヌをメインに狙い続けているのですが、20年前はエビを使って外房の川津港や内房の花見川河口で狙っていたこともあります。
その当時、釣れたのか?と聞かれれば、ボチボチでんなあ!笑

あんまり釣れませんでした・・・

グレとかフグは沢山釣れた覚えがあります。。


その後は飽きてしまい、茨城から片貝海岸まで行って夜は石持ちをイソメで狙い、昼間は波乗り。で夕方はセイゴや根魚狙い。


他にも外房一帯で、多種な釣りを楽しんでましたが、今みたいに携帯も無かったし、写真も使い捨てカメラで撮っていた覚えがあります。

もちろんその当時も試行錯誤でサイズを出す方法や沢山釣るための手段(食べるから)を模索しており、石持ちもサイズを狙う方法があったんですよ。確か。。。中層を狙う?だったかな・・・

餌チヌをやっていた時も、グレしか釣れないと、ここに本当にチヌいるのかよ!?って。今でも同じ思いの人はいるのかもね。
本当にここでシーバス釣れるの?!って思う人もいるでしょうし。。。


どんな魚でもしっかりと狙おうとすると、やはり棚の存在が大きい気がします。ヒイラギに付いたシーバスを狙うにしても、ボトムを取るとか、取らないとかとか。
これも実際にヒイラギを狙ってみるとよく分かるのですが、明暗周りに浮いたヒイラギに近ずくと、ヒイラギはボトムまで群れ全体で沈みます。
普段の釣行の際、ヒイラギがルアーに引っかかれば・・・


釣りってそんな偶然の繰り返しで、フィールドに立った分だけ何かしらを得られます。
私もルアーで釣れた最初のチヌは偶然でしたが、あの感触は今でも覚えてます。

くそ暑いなか、バイブレーションを引いていたら、ギューーーーン!て・・・

エイかと思いましたよ!


サイズは50センチくらいだったかな・・・

でもその後はなかなか釣れず。だって何故釣れたのか理由が分からないから再現できないわけです。

その後は、竿を持たずにチヌが着きやすい場所を目で探し、と同時に本屋でチヌの餌釣りをルアーでリンクできそうな方法を見て真似をしました。



現在はネットですぐに検索できます。





http://umiduri.shoone.net/tsurikata/16chinu_maeuchi.html


チヌの前うち


私が最も得意とするバイブレーションでのアプローチ方法。
これは、大量の動画や餌師のブログを読み漁り、同じイメージで狙ってます。



これも横浜fsでお話ししましたが、カニを使った釣り方と同じです。


カニに針を付けて沈ませる。
沈んだカニは、地面を足で掴まる。

そのカニをリフトで剥がし、浮かせる。


この浮いた瞬間が、いわゆるボトムバンプになります。






 

http://fishing.shimano.co.jp/fishingcate/74


餌師の動画




そのボトムバンプにも当日の潮位や潮の押し込み具合で、アップから狙うのかダウンから狙うべきか・・・

私は15グラムのバイブがメインなので、潮位が足りない時はダウンオンリーで狙います。
もしもっと軽量なバイブを持っていればアップからのバンプでも巻きでも探れますが、活性が高過ぎると、チヌにスレる事もあります。

確実に口を使わせるには、ボトムからわずかなバンプ幅での食わせの間。


ダウンからのメリットは、潮の流れにルアーが逆らえることです。
リフトして頂点に達したルアーのテンションを抜けばルアーは流されますが、流れに逆らいながらも頂点でリールを巻けば、ルアーは逆らいながらも前進します。





チヌのイガイの落とし込み

雑誌にも載ってますが丘からのCD-7での落とし込み。
これは普段の立ち込みでも普通に行っております。もちろん使っているルアーは、飛距離の出るバイレーションがメインです。


対岸の際やストラクチャーにズドン!と打ち込む方法です。
この時は、正面から打ったほうがアワセが決まりやすいです。
もちろん着水と同時にラインテンションをかけないと根がかかりますし、バイトは拾えません。
ですのでリールハンドルを持ち帰る人は、やや不利になります。

あとは着水する水面に対しての角度があるとベストなので、やや上に目掛けて投げるか、長めの竿でトップガイドの位置を上げるのも一つの手です。


一番簡単なのは、やはり潮が高い時(水深3メーター以上)は、足元を色々なルアーで探れる丘から狙ったほうが軍配があります。

特にこれからの時期、昼間を狙う方は少しでも水深のある足元のシェードのが良いでしょうね。





話が反れますが、チヌは硬いものをアゴでガリガリと砕こうとします。
なので、バイブレーションなどの硬いルアーでもすぐに吐き出さずにフッキングが決まるんだと思います。

ただ、時期によっては柔らかいものを欲しがる時期もあるようで、知り合いの餌師は、黒いイガイからミドリイガイと呼ばれる物へ変更することもあるようです。

イガイに比べて噛み砕き易いのと、色もグリーンブラックみたいなカラーですよ。
だから、グリーン系のルアーに反応が良い?





私が好んで数年使い続けているサンダーブレードのグリーンバックのUV 。



もちろんこれにしか反応しない事はなく、他のカラーでも釣れます。
色が目立つ目立たないは、ブラックライトを当ててみると、予想外の結果が出ることもあるので面白いですよ。


いがいに、ピンク色が目立ったりとか・・・


でUV系は、フレッシュな固体や活性の高い時に好反応な気がします。


逆にスレている時はフラッシングの強いほうがリアクションで食う確立が高そうです。



長々と、、、書いてしまいましたがソルスト宜しくお願いします。。


早く、釣行記をアップせねば・・・笑




 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
1091河川 時々木登り http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6gku64fx 2014-07-21T00:05:00+09:00 http://www.fimosw.com/u/spartas/ugrcywm29tajvc

アピアログ更新しました。
宜しくお願いします♪







 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
カウントダウン中にドン!と良型♪ http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6i5p9wwk 2014-07-17T17:10:00+09:00 今回は丘から時合いを外しての釣行です。

足元にはハードストラクチャーが所狭しと点在。チヌを寄せてから根を交わすためのレングスが必要なので、今回はフロウハントをチョイス♪


もちろん先頭バッターはは、CD-7。
巻けばバイブ並の波動も出せますが、足元のストラクチャーの中に隠れているチヌを抜きたいのでダウンへ軽く投げて沈めるだけ。






ヒットルアー:CD-7青(ラパラ)


今シーズン釣った中で、一番ウエイトがありガンガン真下に走られました^^




56センチ



同じ要領でシンペンも沈めてみる・・・





ヒットルアー:パンチライン80(アピア)



序所に流れが出てきた頃に、バイブをアップクロスでボトムから浮き上がらないようにトレースして。。。




ヒットルアー:サンダーブレード(ストーム)




ヒットルアー:テツジン14(ストーム)








で最後は・・・外道の・・・




ヒットルアー:サンダーブレード(ストーム)


ピックアップ寸前に足元から飛び出してきました・・・釣りわけ失敗!^^




嬉しくない時は、無理矢理笑わない・・・笑







タックル
・アピア フロウハント89ML
・バイオマスターc3000HG

・PE1号 sufix832(ラパラ)
・Rapinovaフロロカーボン20lb(ラパラ)


・ロッドホルダー(ER巣山技研)
・スティングレーシャフト
vjzvzm6xbwchmnc4n6rz-f3586042.jpg








《PR》

nm337o2wkhokw7taopih-0adee492.jpg






 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
リーマンアングラーの時合い http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6fxp3o23 2014-07-16T00:05:00+09:00 この日も片道2時間かけて仕事帰りにチニング。

もちろん翌日は仕事なので1枚釣れれば御の字。


10年以上前、釣り友が面白いことを言ってました。
サラリーマンアングラーは、釣り座に立てる一瞬が「時合い」だと。


言われてみればそうだね^^


前回のログの続きではありませんが、いわゆるバイブレーションでの時合い前に魚が出せればと・・・

ではバイブレーションの時合いとは?

これは瀬にベイトが乗り、そこへチヌも便乗して捕食が始まる時間帯のことです。
必ずしも干潮では有りませんが、ある程度潮が引くと起こる現象です。


逆に今日は渋いな!

という時は、背にベイトが居てもチヌがストラクチャーやブレイクから離れず、バイトはあるが、なかな食わない状態。


で今回の釣行は、、、激渋。

爆風なうえに、潮とは真逆なアゲインストで海面がグチャグチャ。

多少渋くても海面が穏やかであれば、ベイトの量や、干潮前にベイトがどこへ溜まるかなど予測できるのですが、今回は全く予測不可能でバイブではノーバイト。


そういう時は、どうしているかと言いますと・・・
海中のリーダー使ってベイトの位置を探り、そこにシンペンを入れ直してベイトのレンジを探ります。こういった探りもシーバスロッドに比べライトロッドのが情報量も多く有利になりますね。


やはり潮が高く、ベイトもチヌも広範囲に散っている状態なので、バイブとは正反対の波動でボトムをチョンチョンやりながらズル引き。



チヌパラにガッツりと♪



その直後に同じチヌパラで1枚追加。








小さいのとレギュラーサイズ^^


この後も例の物で釣りたい!と投げ続けましたが・・・


ノーバイト!

理由はウエイトが分散して、綺麗に落ちないから?

あと、ボトムを引く時に引き重りが強すぎて、感度が悪くなりますね^^

こちらのチューンは、またウエイトを変えて再チャレンジします^^




その後は、そろそろバイブの波動が生かされる頃かな・・・・


という事で、とにかくボトムをゆっくり引いて、ブレイク付近でチョンチョン・・・




ヒットルアー:サンダーブレード(ストーム)
フックはVMCのプロトタイプです。






ヒットルアー:サンダーブレード(ストーム)







サイズは・・・愛嬌ということで^^







写真は真横にいたソル友さんに撮っていただきました。
ありがとうございます。




ちょっと水没しましたが楽しめました♪
お会いしましたソル友さん、また宜しくお願いします。




タックル
・アピアlegacy` BLUELINE71MT
・イグジスト2508
・PE0,8号 sufix832(ラパラ)
・Rapinovaフロロカーボン16lb(ラパラ)


・ロッドホルダー(ER巣山技研)
・スティングレーシャフト
vjzvzm6xbwchmnc4n6rz-f3586042.jpg








《PR》

nm337o2wkhokw7taopih-0adee492.jpg






 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
世界に一つだけのルアー♪チヌパラ http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg65spdgfs 2014-07-14T14:40:00+09:00 だいぶ昼間のチニングは厳しくなりましたね。

その理由には色々な要因があるのですが、刻々と変化する川の中の魚の気持ちを考えた場合、丘&立ち込みの両方から探ると、また違った景色が読み取れるので、釣果に関係なく竿を振ってみるのも楽しいと思います。


さて、アピアから絶賛発売中の
〔チヌパラドッジ〕5gと7g





実際に使ってみると実に面白い。
私がよく行く河川は場所によっては牡蠣ガラなどにより根がかりが発生するのですが、基本砂地なのでその辺の心配はありません。

ボトムを引こうがバンプさせようが、思う存分楽しめるのですが、それ以上に面白みを感じるのは、ワームなどを自分のお好み、フィールドに合わせたカスタムを、その場で微調整出来ることです。





物は試しと、フックもワームもフィールドへ多種持込み、ベイトに合わせてアピール加減やフォールバランスを見ながら夜のチニングの為に時間を費やしたりしてます。


このシーバスは、シャッドワームに穴釣り時に使用しているテキサスリグ用のフックを使い、フックポイントを後方に移動させて馬の背にハクが沸いている中へ、ドリフトさせながらのリフト&フォールでした。





こちらはノーマルフックで馬の背をボトムバンプでのヒットです。



かなり昔の話ですが、バイブレーションをメインにチニングしてた時に私の隣へスッと無言で入ってくるなり、ワームでバシバシ真横で釣られてしまった苦い思い出があるのです。

しかも私の時合いが終了し、一服している最中に。


その時に瞬時に感じたのが・・・

バイブレーションには反応しない魚が居るのか?
もしくは、波動によって時合いが異なる?
ただ単にフレッシュな群れとスレた群れの違い?


それから時が流れてバイブレーションの時合いは、ほぼ確立されてます。
そしてなぜ、千葉河川でバイブレーションが強いのかも理解できるまでになりました。



今、私が最も興味があることは、潮位による波動の時合いです。


此処には書き切れないので、今は細かく書きませんが・・・


数日前のまだログアップして無い魚。
バイレーションには無反応な満潮時のタイミングでシンペンを入れたら1発で出ました。

理由は簡単なんですが、立ち込みで不可能な落とし込みによる丘からの狙い方だからです。

ここ数年、私の夜でのチ二ングは、バイブレーション、シンペン、シンキングミノーが主体でした。

この3種での大きな違いは、フォール時に発生する波動です。
バイブレーションのみ波動が生まれないんです。

その波動を利用し、FSや以前のログでシーバスとの釣り分け方などをお話しました。



で、今シーズンからチヌパラという名のボトム攻略の要となる固定重心ルアーがルアーローテに加わってます。




フックもダブルにしたら、どうなんだろう?


ワームが刺さらない?

食わせのイメージ的には、バンプさせてから少しボトムを引いて、またバンプ。
となると、ワームが落ちて行く途中にバイトするので、シーバスを狙う時同様、綺麗な落ち方をするようワームセッティングも大事なんだろうね・・・


でも、昨夜みたいに向かい風の爆風では飛距離的に厳しい?






隠し玉として、トーナメント用と謳われている高級バレットシンカー10gと、チヌパラ5gとワームで16g以上のウエイトが完成!

もちろん昨夜、投げましたよ♪

結果はまた次回書きますが、理想は10g~3gくらいまで序所にウエイトを落とし、可動式によるバレットの浮上を期待してます。

浮上とは、バレットがフォール中に水を掴み、その力でバレットのみが上昇しワームはノーシンカー張りにナチュラルに落ちる仕組み。


ただ、下方にチヌパラがぶら下がっているので自然なアクションは、かなり難しいです^^


もちろん駄目もとで遊びでやってますが、今はワームコーナーに立ち寄るのが、マイブーム^^






シンペンでも出すことの不可能な頭下がりで尻上がりの、ヒラヒラフォール。

このアクションに興味を示す固体は多いと思ってます。

続きは、また次回^^




タックル
・アピアlegacy` BLUELINE71MT
・イグジスト2508

・PE0,8号 sufix832(ラパラ)
・Rapinovaフロロカーボン16lb(ラパラ)


・ロッドホルダー(ER巣山技研)
・スティングレーシャフト
vjzvzm6xbwchmnc4n6rz-f3586042.jpg








《PR》

nm337o2wkhokw7taopih-0adee492.jpg





 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
アピアの新製品 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6in3j7yu 2014-07-12T00:05:00+09:00 これからの時期にピッタリなドライシャツ。

若干タイトな仕上がりですので、街中でも冴え渡ること請け合いです!
















出演者:イケメン俳優 キムタックス君













私も着て撮影しようと思いましたが・・・


営業妨害になりそうなので・・・^^


サイズ、S,M,L,XL
定価:3200円(税別)




私のはLサイズですが、結構余裕があります(生ビールを2杯以上飲まなければ)



そして、ボトム攻略「チヌパラドッジ」




これは昔のチヌパラ。。





こちらが現在のチヌパラのプロトタイプです。















インプレは、また次回書かせていただきます。













もう既に店頭には並んでいると思いますので、ぜひお試しください♪





宜しくお願いいたします。


 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
ECLIPSEの川上君と浸かり♪ http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6f97erkw 2014-07-10T14:21:00+09:00

お互いに仕事帰りなので、早めに到着可能な自分が先にエントリー開始。

ただ平日だというのに、先行者多数・・・

ロッドを握り、立ち居位置を確保しようと歩を進めると、手前に知り合いの方が居ました^^

その方は何度かお会いした事のあるアピアのライジャケが眩しい、釣り具シマヤの遠藤さんのお友達でした♪

その奥にも先行者が居たので、真ん中の立ち位置を譲って頂き・・・有難うございます!



久々のナイト浸かりでのチニング。

先ずはアピアから発売のチヌパラにワームをぶら下げ、ボトムをこずきながら探っていくと、早々にヒット!

だが、スッポ抜けて・・・ゴムだけチヌに剥がされた!


しかも3回も・・・



なんて日だっ!



その後は、ベイトが流芯に寄ったので15gのバイブをダウンからのボトムバンプで。



ヒットルアー:サンダーブレードuv(ストーム)



その後も、同じルアーで1枚追加し・・・







先行者の方に撮って頂きました。有難うございます。サイズは、52と54。



その後、川上君が到着し一緒に並んで遊びましたが・・・

連日の雨量で、ジアイも短く渋いなか、開始早々に。。



エクリプスのパワースライトで。



何を狙っても、サクッといつも流石ですね^^



で、奥の1級ポイントを陣取っていた方々がお帰りになるので、そちらに行こうかと思ったら・・・



なんと、、暴走ハンター君の一族の面々でした^^



結局、ここに居た全員が知り合いで、最後は皆で一緒に丘へ上がり、ハンター君をいじって帰りました^^





最後のおこぼれ。。

川上君、写真ありがとうございます!



途中、雨にも打たれましたが、とても楽しかったです。

先行者の方々、有難うございました。

川上君、また宜しくお願いいたします♪








タックル
・アピアlegacy` BLUELINE71MT

・イグジスト2508
・PE0,8号 sufix832(ラパラ)
・Rapinovaフロロカーボン16lb(ラパラ)


・ロッドホルダー(ER巣山技研)
・スティングレーシャフト
vjzvzm6xbwchmnc4n6rz-f3586042.jpg








《PR》

nm337o2wkhokw7taopih-0adee492.jpg






 

]]>
吉田 隆(ヨッシー)
河川上流域バス&シーバス http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6pbdrzai 2014-07-07T00:05:00+09:00 今回は若手エースの暴走ハンター君(15歳)とソーランリップレス縛りで遊んできました!

もちろんハンター君のホームです^^

所々でボイル祭りだが、しっかりと際を通さないとバイトすらナッシングゥ~!

で、ようやくフッキングが決まり、ライトロッドで抜き上げる・・・






ヒットルアー:ソーランリップレス(ストーム)




その後、ハンター君も気合満々で、狙いまくり・・・



バラしまくり・・・


で、笑顔を駆け寄ってきました!






ソーランリップレス、丸飲み!




ラパラキャップがお似合いです^^




その後は、ハンター君ガイドで最上流まで

バス狙いで、、歩き・・・・歩き・・・歩き





で、ようやくポイントに到着するが、、、ヤバクない?

幽霊いない?蛇いるよね?


俺・・・サンダルなんだけど!!



蜘蛛の巣と藪を掻き分け、牛蛙の声がする方へズンズン進み・・・


ようやく、狭い川にたどり着き、ハンター君は左へキャスト。自分は右へキャスト。。。しようとしたら、ハンター君、1キャスト目でヒット!


で、自分がタモを片手に駆け寄り、優しくランディング。






これも、ソーランリップレス丸飲みの60半ばの淡水系シーバス!



で、自分も釣り再開。もちろん右へキャストしリップレスをゆっくり引いてくると・・・


ハンター君きたっ!


バスだよ!ハンター君、タモ!タモ!




隣にいるハンター君、先ほどのシーバスが網から外せないらしく。。。チョー焦っている^^


で、抜こうか迷っていたら外れちゃいました・・・



その後、サンダルで池に行くが・・・2人でロスト連発^^


来た道を二人で手を繋いでトボトボと帰りましたが・・・


その時にハンター君が面白い一言を・・・



ヨッシーさん、バス残念でしたね!

抜いちゃえば良かったのに!



あっはい。。次回は抜きます。。^^






タックル
・アピアlegacy` BLUELINE71MT
・イグジスト2508
・PE0,8号 sufix832(ラパラ)
・Rapinovaフロロカーボン16lb(ラパラ)


・ロッドホルダー(ER巣山技研)
・スティングレーシャフト
vjzvzm6xbwchmnc4n6rz-f3586042.jpg








《PR》

nm337o2wkhokw7taopih-0adee492.jpg









 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
解説 絡まないブレード So-Run http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6tjsamp3 2014-07-05T14:00:00+09:00

ストームより発売中のソーランブレード



ウェイトは21gと29gの2種類をご用意。



上:21g
下:29g


この二つの違いは、ウェイトによるボディーの大きさと、フロントフックのサイズ。

ブレードの結束部分からテールフックまでには違いはありません。



他のソーランシリーズと同時進行にてテストを重ねてきましたが、当初はやっぱり絡まりました。
その時の絡まる確率は10キャストで2回ほど海老になる感じでした。


○海老

テスト中にシリコンチューブを巻いているのに、なぜ海老になるのか?


普通に使うぶんには問題なかったのですが、着水からフォール中に突発的なラインテンションや、ボトムを取った後のバンプアクションなど、ブレード部分がフロント側に傾くことにより、トラブルが発生してました。

その対策としてチューブの長さを延長し、ブレード部分がフロント側に流れることを阻止しました。

ほんの数センチ、ボディー側に被せるだけで、糸絡みは激減し、ほぼ皆無に近いです。







〇引き抵抗を軽減


引き抵抗を弱めることにより、疲れの軽減によるストレスレス。
そして3Dにディープエリアを探ることも可能です。


この対策として、ブレード自体を大きく設定しました。
これは、ある程度の引き抵抗と巻きでの感度を上げるための物です。

ただブレードサイズを上げると、巻き抵抗が大きくなり当初の目標とはズレが生じました。


その打開策としてブレードの形状により無駄な水流を後ろへ受け流す。










先が尖ったスプーンの様な形状です。

ほど良く流れを感じながらも、速巻きリトリーブやリフト&フォール対応。そして非常に浮き上がりが早いのも特徴です。

浮き上がりを早めることにより、ウェーディングでの使用も安易となりテトラポット付近を平行に探ることも可能です。




〇バラしを減らす

重いルアーほど、比重の関係でフッキングが決まらずにバレる確率も上がります(ロッドにもよる)

そのバラしを少しでも緩和する為、リアフックは大きめなサイズを搭載してあります。






ボートの穴打ちから港湾にサーフなど、是非お試し頂ければと思います。

近い将来、もう1サイズ小さい物も検討中です。





 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
Apiaウォールマジック ベイト http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg659prhk2 2014-07-04T13:50:00+09:00 http://www.fimosw.com/u/spartas/ugrcywmux6t54g

ウォールマジックでの釣行記です。宜しくお願いします。]]>
吉田 隆(ヨッシー)
フックについて「ラパラVMCグループ」 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6fyabz2a 2014-07-02T00:05:00+09:00 http://fishingtrain.seesaa.net/article/385407335.html




いや~探しましたよ!武田さん!^^

ラパラの事は、武田さんに聞けば全て分かります!



先日のログにも日々勉強!と書きましたが、歴史を紐解くと分からないことが多く、そして恥じらいもなく教えを請う。

FSなどでもマニアックな質問をされると、即座に答えられず、やはりコアなラパラファンには教わることが多いです。




1974年にラウリラパラが死去し、それから40年。
丁度、武田さんが産まれた年になりますね。
もしかして・・・生まれ変わり?^^

そして2000年にフランスのVMC社とラパラが合併しラパラVMCグループとなり、世界的にも最大手です。

それからラパラルアーやストームにノースクラフトなどVMCフックが採用されております。

ただノースクラフトに限っては、全てがVMCというわけでもなく、オグルなどは、また別の国産メーカーのフックが採用されていると思います。ただ何れは、全てVMCフックが搭載される予定ではいます。



こちらがノースクラフトのルアーに搭載されている同じフックです。

私が好んで使用しているアドラシオンも、このタイプですね。

実は、国内ルアーメーカーさんのフックも、これが使用されている・・・


とか、はっきりとは言えませんが、そんな噂もありますよね^^






で、どんなフックかと言いますと・・・


曲がりにくく、折れにくい。


がまかつさんや、オーナーさんの中間に位置するタイプです。




実際にフック交換無しで、どれ位使用出来るもなのか今シーズンのチニング開始から、実は使い続けています。

ウェーディングで掛けた本数は、同じフックで20枚くらい。
途中でフロントフックが1度だけ曲がり、その場でペンチを使い真っ直ぐに直し、今も問題なく使用可能な状態です。






実際にノースクラフトのフックは発売されないのですか?

と言った、ユーザー様からの声も多いようです。


VMCの中でも色々なタイプやクラスがありますが、ソルトをメインに研究されてますので、非常に錆にも強く長持ちします。








左から、8# 6# 4#のサンプルです。



まだ値段も発売日も決まっておりませんが、詳細が分かり次第、またご報告いたします。





http://www.thefind.com/sports/info-vmc-sure-set-hook



ストームのブーツなどに採用されていた、スコーピオンフフック。

バラシが少なく、とても人気がありますが、こちらもVMCフックとなります。


またフックに関しましては書かせていただきます。






 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
プロトロッドで連発 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6enyx6b3 2014-06-30T00:05:00+09:00 今回もアピアのプロトロッドを握り、チニングです。

前回の立ちこみとはだいぶ状況が変わり、場スレしたチヌもストラクチャーから、なかなか離れず、一瞬、居ないのか?と思ってしまうほど、レンジとルアーのカラーにシビアでした。







ヒットルアー:ゼータドライブ78










対岸の際でルアーを見せると2メーター位は追ってきます。

ただシャローには挿してこないので、横の動きだけではなく、途中で縦のアクションを入れると、追い続けてバイトが出る感じでした。







ヒットルアー:ゼータドライブ78





で、今回の当たりカラーは「ゴールド」








ヒットルアー:サンダーブレード(ストーム)





イルカみたいに手を振ってます・・・














ヒットルアー:サンダーブレード(ストーム)














ヒットルアー:サンダーブレード(ストーム)





新色のギーゴでも釣りたかったのですが、なかなかバイト出せず、粘って・・・






ヒットルアー:サンダーブレード(ストーム)












普段は、潮止まりで帰宅するのですが、色々と試したいことがあり、1時間延長。


この前は、フォールで狙ったのだが、ゴールドを持っていたのでボトムズル引きでお試し・・・

バイブのボトムズル引きと同じ感覚で探るのだが、1キャスト目からバイト。

その数分後にヒットしたのだが、2本連続でバラし。

で思った・・・



フックが地面に密着し過ぎて、フッキングが甘いことを。。









バラしたくないので、網を使いました^^

ヒットルアー:バグラチオン(アピア)






ゆっくり巻いて、ブレイクの上で少し止めてあげると食い易いのかも知れません・・・






ヒットルアー:バグラチオン(アピア)



キビレかと思ったが、本日の最小サイズ^^



で、最後はブレードのボトム引き&バンプでも・・・・



ヒットルアー:ソーランブレード21g(ストーム)






あっ、あと1尾居ました・・・・




ヒットルアー:フラッタースティック7(ストーム)



シンペンで釣ったのが、本日の最大でした~^^



54センチ


その他、プロトで数枚。


この後は、習志野で釣り人達と合コンしましたが・・・

酒に飲まれた方は・・・


シーバスなんて、かんたーん♪
とか

チヌなんて、よゆう~とか喚いていた輩がいました。。。^^


僕は日々勉強だと思いますがっ!^^





タックル
・アピアlegacy` BLUELINE71MT
・イグジスト2508
・PE0,8号 sufix832(ラパラ)
・Rapinovaフロロカーボン16lb(ラパラ)


・ロッドホルダー(ER巣山技研)
・スティングレーシャフト
vjzvzm6xbwchmnc4n6rz-f3586042.jpg








《PR》

nm337o2wkhokw7taopih-0adee492.jpg






 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
バグラチオンとブレード http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6o34myw5 2014-06-26T00:50:00+09:00

朝マズメの短時間勝負の時は、ベイト探しから始まる・・・・
というより、ハクが入っているエリアを知っているので、前日からイメトレを行い、最終的にどのルアーで仕留めるのか・・・

今回は29gのブレードまで投げることを考慮し、シーバスロッドを持参。







ヒットルアー:ソーランブレード29g(ストーム)



この日は、1バイトのみ。

いや~渋いです・・・






ブレードのインプレは、また書かせて頂きます。




また別の日は丘から川チヌ狙い。

ただ潮が動かないので、無駄打ちせずに1チャンスを狙ってみる事に。

その1チャンスとは、潮止まりのジアイとかではなく、上流から海面付近に流されてくるベイトに付いたチヌを狙う。

もしこれが夜なら、明暗などが狙い易いのだが、昼間の場合は、7割方ボトムが有力。
バイブレーションならば、ベイトの流れる速度に合わせてボトムをバンプさせながら誘えば、バイトは捕れるはずだが・・・




ヒットルアー:バグラチオン(アピア)


昨年もバグラチオンで遊んでましたが、このヒラヒラしたフォール姿勢もチヌは好きなようです。

以前は干潟でキビレも狙ってましたが、その時メインで使っていたルアーは、ノースのバリスティックや、アムズさんのハニトラ70S。
特にハニトラのフォール姿勢とバグラチオンの沈んでいく姿が似ており、私はその二つをリンクさせて使ってます。




そして今回、初めてライトタックルで、チヌをブチ抜いてみました。
もちろんフルベントになりますが、粘りは半端ないですね。









また暫くはライトで狙いに行きますね♪





タックル
・アピアlegacy` BLUELINE71MT
・イグジスト2508
・PE0,8号 sufix832(ラパラ)

・Rapinovaフロロカーボン16lb(ラパラ)


・ロッドホルダー(ER巣山技研)
・スティングレーシャフト
vjzvzm6xbwchmnc4n6rz-f3586042.jpg








《PR》

nm337o2wkhokw7taopih-0adee492.jpg





 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
ワームワインド http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6niga6zo 2014-06-25T00:05:00+09:00 久々にゴムを使い遊んできました。




ダート系の10gのジグヘッドにR32。

掛けた魚を確実に捕りたい場合は、アシストフックやトレーラーフックを咬ますとバレ難いはず。

ただ今回は、ライトロッド楢ではの手首を使った簡単なワインドでの誘いなので、邪魔なフックは付けずにシンプルに。


先ずは、足元から探るがアワセが甘く、2本バラす・・・



次はドラグを少し緩めて、20メーター程投げて、中層からジグを左右にダートさせると。。




ライトロッドなので、アイスジグを扱う感覚でお手軽にしゃくれるのも嬉しいところ。




↑同じ魚



その後も、数本バラすが・・・


実は、一番難しいのは、ワームを真っ直ぐに刺すところだったりして^^



真っ直ぐ刺さないと、理想のアクションどころか、ただ単に場がスレるだけ^^










ゴム遊びも、偶にやると楽しいですね♪

因みにこのゴムは無臭です^^











タックル
・アピアlegacy` BLUELINE71MT
・イグジスト2508

・PE0,8号 sufix832(ラパラ)
・Rapinovaフロロカーボン16lb(ラパラ)


・ロッドホルダー(ER巣山技研)
・スティングレーシャフト
vjzvzm6xbwchmnc4n6rz-f3586042.jpg








《PR》

nm337o2wkhokw7taopih-0adee492.jpg






 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)