☆SALT IMAⅩ!! http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja ビッグベイトで大型のバラマンディを狙ってみた http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6r6cguk5 2016-07-23T20:03:00+09:00



ビッグベイトの定義がよく分かりませんが、台湾に持ち込んだ最も最長ルアーが、フラットラップフロ―ティング16センチ。

長さの割にはウエイトが少なく29g。


過去にはこれでランカーシーバスも獲ってますが、手前のスーパーシャッドラップは、昔自分で購入した割には、釣った事がありません・・・笑

まあ、ウエイトが45グラムあるのでイメージとしては着水音で寄せる感じかな?



今回の遠征で使ってみたかったという事もあり、休憩を挟みながらビッグベイトで大型のバラマンディも狙ってみました。



https://youtu.be/ooC88TE-StU


実際に動画内も掛けてますが、やっぱり食ってくるサイズが大きかったです。



また、海外遠征でバラマンディを狙える機会があれば、たぶん、ビッグベイトオンリーで遊ぶかもしれません・・・
それ位、楽しい世界でした。





このルアーはマックスラップロングレンジミノー12センチ。


動画でバラマンディが実際に捕食しているベイトも撮ってあります。

見た目はキビレみたいな魚でサイズもほぼ同じ。
あれを丸飲みするらしいので、10センチ台のルアーでは小さ過ぎるのでは?って、カメラを回している時に感じちゃいました^^


もし、台湾で遠征に行かれる予定のある方は、大きいルアーを持って行かれたほうが、さらに楽しめるかも知れませんよ~




https://youtu.be/ooC88TE-StU


自分は今から残りの蜂の子を食って朝マズメの支度をします♪




 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
アピア パックロッドフル活用 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6bizuuwd 2016-07-20T00:03:00+09:00 アピアのパックロッドで色々と遊んできました。








on台湾in台湾の旅&釣行です。

https://www.fimosw.com/u/spartas/ugrcywm2miuoo4

こちらから宜しくお願いします。







 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
アピア バグラチオン&ドーバー http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6osvjubu 2016-07-17T19:20:00+09:00
https://youtu.be/K6QgMQZsIYQ

↑動画


アピアの数あるルアーの中でも個人的に出番の多いバグラチオン。

そのバグラチオンですが普段のターゲットは昼間のシーバスをメインとしてます。特にスト打ちやシェード打ちの際は、鬼の早巻きからピタッと止めて食わせの間を持たすのですが、その釣り方をそのまま台湾へ。

実際に同じ速度での誘いの後でのフォールでも数本出ました。


その時の動画も撮影しているはずですが、まだチェックできてません。




ドーバー99Fでも数本キャッチしましたが、ゆっくり巻きリップを食わせた後に抜きを入れると自然と浮くので、そこで食ってくることが多かったです。







この画像はハマーナイトではなく、コットンキャンデイのバグラチオンかな?








https://youtu.be/K6QgMQZsIYQ

宜しければごらんくださいませ。



 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
エアオグル http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6giwwio7 2016-07-16T12:01:00+09:00





https://youtu.be/9Fp-lE0FIn8

↑動画



バラマンディ釣行において数あるエアオグルのなかでも85スラロームをメインに使ってきました。

遠征前からエアオグルは反応の良いルアーだと聞かされてましたが、なんでもS字系の動きに過敏に反応し、またサイズをも狙えると。




今回の釣行で満遍なくルアーローテーションを行いましたが、噂通り数、平均サイズともに一つ頭が出ていました。



で、この日のパターン(日によって異なるらしい)は、ゆっくり巻いてスラローム本来の動きを生かしながら、時折、チョンチョンとアクションを加える感じでした。

その動きをそのまま、あとはレンジ調整。


https://youtu.be/9Fp-lE0FIn8

動画は他にも作成中です。


帰国したら車のバッテリーがあがっており、現在充電中です・・・









 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
バラマンディ タイ湾は高雄 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6k473wgu 2016-07-15T00:03:00+09:00 2時間ほど前に成田空港を経て帰宅しましたが、台湾の方が気温が高かったので少し肌寒く感じます。


さてさて、ようやくバラマンディという魚とご対面できるチャンスがやってきたのですが持ち込んだルアーはタックルケース2箱分。

普段、自分のシーバスシーンでは使ったことのないルアーが半分、あとは、これなら絶対釣れるでしょ?例えば普段使い慣れているソーランブレードやサンダーブレードといった魚種問わず反応が取れそうなルアー。


それと定番かも知れないジャークベイト。

ジャークベイトでもアピアのバグラチオンのようなシンキングタイプ、逆に元祖ジャークベイトと言っても過言ではないフロ―ティングタイプのエックスラップがあるわけです。

今回はこのジャークベイトで釣りたい気持ちが強く、先頭バッターとして使いました。



その他、ビッグベイトやトップ系も含め全てのルアーを投げ込み食わせの間の作り方、どういうアクションに興味があるのか。

もちろん色々な動画を読み漁ってからルアーチョイスもしているので、台湾に向かう前からイメトレは完璧です・・・笑









初フィッシュはエックスラップ10 13グラム



リップを噛ませテロテロ巻きながら止める。
フローティングルアーなので止めた時にルアーがプク~と浮上。
横の動きから縦の動きなどの変化を好むらしく、嬉しい1尾。





ここの平均サイズは50~60、その中に70~80も交じり、メーターも過去に出ているようです。








釣りを始める前にガイドさんに60センチのバラマンディでも80センチのシーバス以上のトルクがありますよ。と脅かされてましたが、意味が分かりました。


体高もそうですが、肉が厚いのでウエイトがあり、ギュンギュン走ります。



って書くと、皆さんも台湾に行きたくなるのでは?^^



30センチくらいのバラマンディも沢山いますが、それはメバル用のジグヘッド+2インチ強のワームで直ぐに釣れます。


数を釣りたいかたは、それもお勧めだそうで、現地の台湾の方はそれらのタックルで狙ってました。




あと面白いのが同じルアーでも色が変わると全く当たらなかったり、稚魚を養殖する技術はまだ台湾にはないので、基本的にはネイティブを川で釣ってきて出荷する前に管理している池だそうです。


だから大きいサイズのバラマンディを狙う方法、着き易い場所も存在するらしく自分も体感させてもらいましたが、大きいルアーを投げないと小さいバラマンディが先に食ってしまう。

でも現地のルアーフィシングはまだまだ盛んではなく、プラグを持っている人、もしくはプラグを投げられるタックルを持っていないようです。



こういった話も日本人のガイドさんにお願いしたから分かったことであり、視野が広がった気がしました。








BX スイマー ジョイント 12センチ 22グラム(ラパラ)


中身のバルサを覆っている部分はプラですが、ジョイントもバイト数が多かったです。


ロッドは、アピアのパックロッドプロトモデル。発売は春を予定しております。


ロッド:foojin`xx SEA FARER 94MLX(アピア)
リール:ツインパワー3000HGM
メインライン:rapinova-x 2号(ラパラ)
リーダー:rapinova フロロカーボン 30lb(ラパラ)











まだまだ続く?







 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
アピア パックロッド http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6rwae5g5 2016-07-11T09:05:00+09:00




昨夜はスピニングリールのラインを巻き直し。
ライト用には、ラピズムのナイロンを仕込み、台湾の魚もアイスジグやジグに反応するのか?

噂だと、結構根魚も多いみたいなんですよね・・・







フィッシングショー(アピアブース)でも展示されてましたが、遠征や自転車釣行などに大変役に立つ、パックロッド。


foojin`xx 94MLX








5分割になっており、トラベルバッグに仕舞えます。


そのトラベルバッグ、3辺の和が158センチ。
縦が60センチ前後ですが、スッポリと入りますよ。






海外出張も奥様や上司にバレずに持ち運びできますので、トラブルならぬトラベルが可能ではなかろうかと・・・笑








もちろん、市販のロッドケース内にも余裕で収まります。






http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6b7rfraw

魂の籠った自作ロッドケースを背中からぶら下げると、こんな感じです。




斬らせていただきます。。笑




マジョさんにWi-Fi設定を教わったのでインターネットも使えるかな?





どうか、綺麗なお魚さんが釣れますように・・・笑



では行ってきます。

 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
ニュータックルで試し投げ http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6sd484ii 2016-07-08T13:35:00+09:00

メタニウムを購入してから先ずはフロロを巻き淡水の魚と戯れ、その後はナイロンラインでもお試し期間を経て・・・

いずれもラインのポンド数は201lb。



そして昨夜は同じメタニウムにrapinova-x PE2号(32ポンド)に巻き替えました。


使用したロッドはfoojin`Rのベイトロッド、B712Ⅿプロト。











投げる予定であるルアーウェイトは軽量タイプで10グラム位~



逆に重量級では2オンス半まで。













シャッドラップは40グラム以上。













予備リールとして、もしくはメインとしてどちらが投げやすいかな?

レボのビッグシューターには、rapinova-x3号(約40lb)を200m巻いてあります。



この二つのリールを交互に試し投げ。








これはビッグシューターではありませんが、釣れない釣りの時はもっと重量のある右巻きを使っているので、この筋トレに比べたら軽く感じます・・・


とういうより、もともと右投げ右巻きだったのを左巻きに矯正したので、今は右で巻くと腕が疲れる・・・笑




そんなことを思いながら昨夜は川で試し投げをしてました。




ロッド自体がとても振り抜けがよく、軽量。



そういう意味でもメタニウムの方がバランスは良さそうですが、こればかりは体感しないと分からない。



もちろん2オンス以上も投げ込んできましたが、ふと思ったのが・・・




台湾ではどの位のサイズの魚が釣れるのかな?笑



ルアーのサイズで魚のサイズも変わるのか?




やっぱり、タックルチョイスは現地で決めよう!















狙っても無いのに偶然、ちょうどイイサイズが釣れて試し投げに役立ちました・・・笑









ビッグシューターでカウントダウンアバシの10グラム使用。



ブレーキ設定が定まってないので、もう1回くらいは試し投げしたいかな~って感じですね。





今からバーブレスにして、パンツやら靴下の支度もしないと全然間に合わないかも・・・笑











 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
「簡単・激安」自作ロッドケース http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6b7rfraw 2016-07-06T23:00:00+09:00
http://ameblo.jp/eenon/entry-11645666838.html

アピアテスターの長谷川さんのブログ内容をパクらせて頂き、自作バズーカ―ロッドケースを作ってみました。







必要な材料は近所のホームセンターで購入。

メインのパイプの太さで仕舞えるロッドの本数も変わってきますが、自分はvu65のサイズで揃えました。







塩ビ管の長さは、ロッドに合わせて130センチでカット。






そのカットしたパイプを何度か重ね塗り。

色は好みです。







この日は、ロッドケースも作りながら、庭の植木の手入れ(近所迷惑な伸びまくり)も同時に行っていたため、正直、かなりの手抜きです。







パイプの蓋とキャップ(ロッドの出入り口)は、スカイブルーで景気よく目立つように。



で、乾かしながら、植木の手入れ。


しかし、近所の面倒見のよいオジサン、オバサンに捕まってしまい、電動のこぎりやら、脚立、高枝切ハサミを持ちだし・・・



世の中捨てたもんじゃない、と思いつつも、それまで切っちゃいますか!





写真に載せきれないほどの伐採模様。


ガレージには車も入れられないし、乾いてない自作ロッドケースには木くずが飛びまくってたし・・・




でも、ご厚意によるボランティアで朝から日没まで手伝って貰えるのは幸せですよ。



ただ、タラの木は、ほぼ全滅。。。。








ステッカーも貼り、どうにか形にはなって、ロッドも仕舞えます。







全長で135センチくらい。

一番太い先端の幅が、75ミリ。



アピアの太郎さんにオーバーチャージするかも?とアドバイスを頂き、さらにアピアから全長110センチのニューウェポンも届いたので、そのサイズに合わせて短めに作成。太郎さん、ありがとうございます。




ロッドはこの自作バズーカ―に同じ方向の差し込みで3セット入れられます。

・シーバスロッド2セット
・ライトロッド1セット


グリップなどを互い違いに工夫して挿入すれば、もう少し余裕が生まれそうな感じです。


材旅費はスプレーは別として、3000円ほど。

所要時間は、カットから組み立てまで1時間+塗装の乾燥。



パイプは人間が両足全体重で踏みつけてもビクともしないので、海外先で雑に扱われても大切なロッドには影響は出ないと思います。








:教訓

材料を購入する際は、お店でパーツのサイズアワセ、若しくは簡単に組み立ててからレジを通した方が間違えが少ないと思います。


自分は、65ミリで買い合わせたつもりが、75ミリが混ざっておりレジに2度も並ぶはめに・・・


自分の不注意での無駄な出費は控えましょう。。。汗





 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
時代は赤と黒 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg63ssfrjo 2016-07-05T09:45:00+09:00
https://youtu.be/7Zcdzn3nK0g

タコ釣り動画




動画を見ていたら釣りたい!

というよりも、普通に旨そう!食いてえ~







ルアーの宣伝をしておいて何ですが、タコは昔からモリで突いて獲ってました(もう時効です)


でもショアから釣れるなら、楽しそうですよね。






http://www.rapala.co.jp/how_to/2016_07.html


マダコシーズンの開幕です。

july_01.jpg


すでに、大阪湾では各地で釣果が出ているようです。

今の時期は、岸の近くに非常に多くのタコが寄ってきているので、タコ釣りデビューにはもってこいの時期。

その強い味方が、TKE 30(タコエギ 30g)
使い方は簡単。
投げて沈めて、ゆっくり巻きながら、時々止めて震わせるだけ。
今までの引き抵抗と違うムニュッっとした感じや、ズンといった感じが伝わってきたら即座に大きく強くフッキングを入れてください。



強めのフッキングの理由は、海底に張り付いているマダコを浮き上がらせること。

july_03.jpg


これで、その後スムースに足元まで寄せて来れることになります。
驚いたタコは海底の岩にしがみつこうとしたり、岩の隙間に逃げ込もうとしたり、時には、周囲にある手のひら大の石をわし掴みにして抵抗しようとします。

大きいタコだと、ちょっとやそっとの力では引き剥がせませんので、フッキングと同時に海底から引き剥がすのがキャッチの最大の秘訣となります。

タコは投げても釣れますし、足元の壁際に垂らしても釣れます。
両方チェックすることで、釣果倍増間違いなし。
いろんなところに居るタコを見つけて誘って抱かせてみてください。


july_04.jpg


TKE30は、お尻上がりの姿勢が特徴です。

july_05.jpg

これにより、海底の海藻に埋もれて見えにくくなる事がなく存在感を確実にタコに与えます。
さらに、タコのアタックを誘発するシェイクの際に、海底への設置面が少ないことから魅惑的に揺れ動きます。
そして、海底からフックが離れた位置にあることで根がかりが少なくて済むこと。
海底を釣るタコ釣りですから、根がかりはつきもの。
少しでも根がかりを減らして、快適にタコ釣りを楽しんでください。




これベイトタックルでやったら絶対面白いですよね。









波乗りを始めたばかりの頃、女とバスが大好きなサーファーが居て、九十九里に向かう途中、おじゃが池によく拉致られ、嫌だ嫌だと断っていたのに食えない魚釣りに付き合わされ、タックルも買わされた。

で、夜はおじゃが池で女の子達数名と、肝試しをやるからと・・・


それ以来、女性荒れるギーになってしまいました。



ほんと困ったもんです。








長らく眠っていたアンバサダーを叩き起こし、また夜のおじゃが池に行こうか、はたまたタコでも狙ってみるか瞑想中です。


90年代初頭のギア比としては6:3:1。
かなりのハイギアです。

左は5:3:1ですので。




あの頃に戻りたいな・・・



そして吸い付きの良い獲物を捕らえたい。


で、タコ焼きパ―ティー!




話が脱線しそうになりましたが・・・





https://youtu.be/7Zcdzn3nK0g

タコ漁、流行る前に、そして乗り遅れぬよう覚えておこうか、これまた瞑想中。。。


タコ荒れるギーではない方、是非お試しください。


時代は赤と黒ですよ~






 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
史上最高傑作ルアー Rapalaフラットラップ http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg66zztfrf 2016-07-03T22:18:00+09:00 久々にシーバスネタです。

ビデオカメラのメモリーカードを整理&消去してしまう前に、動画を1本あげさせて頂きます。

https://youtu.be/M7uZ9piT0qY


河川にてシーバス釣行です






さてさて、最近は節約貴族で自宅にて本ばかり読んでます。






子供のころから漫画は一切読まなかった自分ですが、今思うと漫画もコミュニケーションツールとして必要だったのかも。







釣りと日本料理って類似している部分が多いなと感じるのですが、例えば四季。


旬の魚がいて、それを引き立てる野菜や色合い。
この野菜も時期のものを使う。


寒い時は体の温まるもの。
熱い時は冷えるもの。



自然界ってよくできてますよね。






ナマズって食わないイメージが多いけど、埼玉県では養殖したり食べさせてくれるお店も多いです。





鯉の荒いも有名ですが、自分が10代のころ、生きた鯉を親方に無理やり捌かされたことがありがありましたが味は覚えていない。


覚えているのは鯉が凄い暴れてね、必死になって鯉の目をタオルで塞いでいたことかな。





これから?既に栃木県の知り合いからは鮎があがってるよ~
と連絡を貰ってますが、天然の鮎はやっぱり全然違う。


色、ツヤに香。









懐かしいね。


これは那珂川で教えてもらいながらの、鮎の友釣り。







また行きたいけど・・・破産するよね^^



でも食べたいよね・・・











だれこれ?





仕方ない、この食欲をそそる画で我慢するか。




 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
バラマンディが釣りたくて台湾は高雄へ http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6w2cvc3o 2016-07-01T17:50:00+09:00

https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=18ftlBtGcRHhSp-NQvg-SEP13eG8&hl=ja


台湾の場所は↑

地図上で左下が高雄。
真上が台北。





https://youtu.be/ngVKT_bRjGE

ネイティブのバラマンディー 王様村田さんのメーター動画です。




格好いい魚だよね!って思うのは人それぞれ。

シーバスを心から愛しているひとも居れば、根魚シーズンが待ち遠しく寒い時期が好きなひともいる。


だから釣りたい時に釣りたい魚を狙うのがベストだと思うのですが、自分のスタイルも同じかな。


今月の11日から4日間、台湾へ遠征する機会を設けることができたので、これから行ってみたい人、興味のある人、迷っている人のために記録として残しておきたいのですが、やはり気になるのは金額や予約方法などではないでしょうか。


当初はタイに行って、メコン大鯰やバラマンディーを予定してましたが、ナマズ友達のマジョさんに相談したら、日本語が伝わる台湾の方が危険が少ないのでは?

確かにそうだな、しかも行ったことのない国へ、一人で行くのだがら・・・笑


人生経験の豊富なマジョさんに相談して良かった!という事で、行く先を台湾に変更。


これが今日から数えて5日前。


普通の人はね、安いツアーなどを数か月前から探して、そこに職場なりの休みを充てるが、自分は逆パターン。


まず連休が確実に取れてから行き場所、パスポート、飛行機、ホテルの予約を出発12日前に、1日で終わらせました。が、やはりスケジュールに余裕がなく、帰りの飛行機は早朝から高雄を日本に向けて飛び出します。

万が一、朝寝坊でもしたら日本に帰ってこれないのでは?と思い、その時の対象方も勉強しましたけどね・・・笑



で、今回の予約方法ですが、全てパソコンでのネット予約です。
たぶん、スマホでも可能だと思います。


・飛行機 イーツアー

ネット予約で困るのはクレジット決済のみ。
ここは、銀行振り込みも可能です。



・ホテル

飛行機とセットで予約したので多少の割引がきき
1泊3000円



飛行機と三ツ星ホテル3泊(朝食付き)の総額 40000円



・現地ガイドが必要な人は、数万円(時間による)。だいたい3万くらいかな。



自分は、ノースクラフト(ルアーデザイナー)の北出さんよりご紹介頂いたガイドさんにお願いすることにしました。北出さん、ありがとうございました。


初日はその方ににガイドして頂き(ネイティブでは無い)、2日目は初日に釣り座で知り合うであろう異国の釣り人と友達になり、情報を貰う予定・・・笑

そのために、ホテルは河口付近に予約したので、まずはそこの川で釣りをしても平気か?を教わり自力でネイティブに出会えるチャンスがあるのであれば、例え雨でも竿を振り続けようかと・・・




・海外旅行保険

ネットで契約するとびっくりするくらいに格安なんだけど、これもクレジット決済が多く、カードを持たない人は厳しいかも。

そんななかで、AIU海外保険は出国当日に空港やコンビニでも契約が可能です。自分はクレジットカードに含まれている海外保険を利用する予定。



・パスポート


https://www.pref.chiba.lg.jp/kokusai/passport/passport.html

昔持ってましたが、期限が切れたので↑千葉県のパスポート取得方法。


10年分で16000円
 5年分で11000円


自分は後、10年は生きていそうなので長めに取得。



・飛行機荷物


https://www.china-airlines.com/jp/jp/fly/prepare-for-the-fly/baggage/carry-on-baggage

チャイナエアライン↑

飛行機荷物も細かくて、釣りバリなどはどの扱いになるんだろう。

何度か海外旅行や飛行機を利用している人は、上記の記載も含めて把握できていると思いますが、覚えておいて損は無いはず。



ロッドは危険物なのか?
長さで規定で追加料金を取られないために・・・


色々調べたら、203センチ以内に収めた方が良いみたいで、海外遠征を頻繁にする人は、ロッドケースの長さなど工夫しているようです。
ようは、自作ですね。


今回、自分の持ち込むロッドの長さを計ったら最長で180センチ弱なので190センチの長さの自作ロッドケースを作ろうと思っていたところ、imaの川上君が180センチのロッドケース持ってますよ~という事で、後程見せてもらう予定。

それが使えれば、借りパクできるし、ラッキー♪だよね^^



だいたい、ここまでの事柄が済めばあとは現地で竿を振るだけ。


ただ、まだパスポートを貰ってないので(7日に取りにいく)万が一、貰えなかったら、台湾の料理は日本のどこかで涙を流しながら食べることになる・・・笑



そうそう、あとルアーにバーブレス、メインラインもこれから用意をします。






続く・・・かも





 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
野池 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg685vrbrs 2016-06-30T11:30:00+09:00 千葉の旅券所にパスポートの手続きを行いに行ってきましたがコインパーキングが何処も満車で駐車スペースを探すだけで大変。

駐車スペースを確保した後は高級デパートSOGOをサンダルで駆け抜け、受付開始。

今回は、10年間有効なパスポートを申請しましたが、年に一度海外に行けたら最高だろ~な。。


とは言っても、パスポートが手元に届くのは来週だけれどね。


で、帰宅したらホテルやら飛行機やら色々と予約するべきものもあったが、少しだけ釣りしよ~かな!








もうね、大嫌いな毛虫が大量にいるから、藪は漕がす、出前の見えバスに遊んでもらいました。








ザリガニパターンなのか、五目ソフトのシュリンプ、ボトムズルズルが面白かったです。

で、夜は職場の送別会でハイボールや日本酒をたしなみ、今日はプチ二日酔い(笑)



Android携帯からの投稿]]>
吉田 隆(ヨッシー)
新作?機能性重視 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg63rtxya3 2016-06-25T13:55:00+09:00

*駐車場でのイメージ画像


淡水域を徘徊してますと、大概の方はロッドを2本以上は持ち歩いている光景を目にします。


1本は手に持ち、もう1本はバッグに差し込んでいる。
自分の場合も地元の子バス狙いであってもベイトとスピニングは持って行きます。






今回お伝えしたい内容は、ラパラからこんな便利なバッグも発売されてますよ!という宣伝です・・・笑




http://www.rapala.co.jp/rapala_bags/rapala_bags.html

こちらから入って頂くと、【ソフト スリングバッグ】がご覧
いただけます。





















裏地は肩への負担を軽減するソフトな素材を採用しており、また肩掛けの表部分には小物やハサミ、車のカギなどを収納するのに便利なファスナー仕様です。








側面の収納スペースも広めに設計されてますが、デジカメ、スマホ専用の区切りもあり、カバンの中をガサゴソと探す手間も省けます。









本体のメイン部分には、大型のタックルケースが2つ、ワイドメジャーも収納可能です。

また仕切りの部分には、リーダーやフックにワームなどを入れております。






Ⅾカンやワイヤーなども設置されており、そこにフィッシュグリップ、プライヤーなども、ぶら下げられます。



















釣りに使うのは勿体無い程の収納力とデザインですが、そこはやはり釣り人のために細部まで行き届いた利便性感じてます。


釣り用のバッグをお考えの方、是非、チョイスランナップに加えて頂けますと有りがたいです。





http://www.rapala.co.jp/rapala_bags/rapala_bags.html







最後にどーでも良い話で恐縮ですが・・・



トリガーX、蛙がすげー釣れる!


蛙を釣りたい方のためにレクチャーを。




キャストしてアシなどにワザと糸を引っかけ、ワームを浮いた状態にし、そのワームを海面までゆっくり落とし・・・チョンチョン




そうすると、どこからともなくランカー蛙が忍びより、パクッ!と。


結構ハマりますが、キモいので素手では触れません。。。
その他、もちろんバスも釣れてますが・・・笑









ラトリンラップでも蛙を狙ってますが、なかなか難しく、バスしか釣れない・・・笑



 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
利根川水系 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6hrvc353 2016-06-23T22:50:00+09:00




アピアログ更新しました。
宜しくお願いします。

http://www.fimosw.com/u/spartas/ugrcywmucdv4ad]]>
吉田 隆(ヨッシー)