☆SALT IMAⅩ!! http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja クレイジーなナマズ釣り http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6bihjunw 2016-04-27T00:03:00+09:00
まとまった雨が降った翌日、本命のターゲットは昼間の2級河川で狙うとして、寝る前に少し寄り道。

真っ暗闇の中での河川単独ウェーディングは全く怖くないけど、田んぼとか水路とか薄気味悪いよね。。。

痴漢に注意の看板も立ってるし、大丈夫かな。



草むらを進み、緩やかな斜面を下り水路の際に立ち・・・・パフ♪




1投目から心地よい捕食音が響き、ナマズ以上に自分の活性が上がるがフッキングせず。






で、ようやく4パフ目で・・・
















蝉トップのグロー。
ナマズが波紋を出してチェイスしてくる姿が見えるのが、また楽しい♪








次は先ほどとは逆にアップから狭い場所を速巻きで誘ったら1パフフッキング♪














クレイジーのグロー、やっぱ目立つのかな?






メジャーとマイ両ハンドのニュルニュル感が、どこか懐かしいというか、ソワソワするというか、興奮するというか・・・・やる気になります(笑)



また雨が降ったら寄り道clubですね♪





タックル
・アピア foojin`R ウォールマジック B70ML
・T3MX
・ラピノヴァⅹ マルチゲーム 1,5号(ラパラ)
・ラピノヴァ フロロリーダー20lb (ラパラ)
・へドン クレイジークローラー 


 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
ヒプノグラブの斬新な形状! http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6y9rwprx 2016-04-25T00:03:00+09:00



5月号のアングリングソルトにも記載しました、STORMから発売予定のソーラン ヒプノグラブ







サイズは、3”カーリーテイルと4”のカーリーテイルとなります。








パッと見は普通ですが、細部に渡りこだわりが見え隠れ!









テイル部分に蛇腹のように縦スジを施し、水流を発生させることにより、よりナチュラルなアピールと安定したスイミング姿勢を実現。







サソリの毒針みたいな部分はウエイトとしての意味も持ち、テキサスリグでのフォールではピロピロピロピロ~と・・・


まるでドリルや竜巻のように沈むので、凝視すると目も回ります。。。










五目ソフト同様、こちらも針持ちが非常によくジグヘッドでのズレなども軽減された仕様となっております。

更に凹みを持たすことにより凹みから直にハリ先が出ている状態なので必然的にフッキング率の向上へと導きます。

また根掛かり回避のためにワームの薄皮に針先を隠して探る必要もないので、どなたでもフックセッティングも楽なんですよ~♪













五目ソフトシーリーズにシュリンプタイプも発売されてますが、カーリーテイルをも使えることにより、探れる幅や見せれる距離も広がりました。
























ムラソイは、今年も好調で毎回数は出てますね。

これから日差しが強くなると、更に狙い所が絞り易くなりますう~。









ボトムをネチネチ探る時はシュリンプ系。

ベイトフィッシュがゴロタの真上や海藻周りに定位している時などはグラブがあると助かります。












ソーラン ヒプノグラブ、是非名前だけでも覚えてくださいね^^


ワームの目玉は、もちろんソーラン独特の悪そうな目つきです!








 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
STORM ソフトマテリアル発表! http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6g7szsfr 2016-04-23T01:00:00+09:00


STORMのソーランシリーズより新作の発表です。

ナチュラルな波動を生み出す、オリジナルソフトマテリアル3種。







http://www.rapala.co.jp/storm_lures/ssrmm.html

・ソーラン マカンミノー



 
ハイプレッシャーなフィールドやルアーローテーションで威力を発揮するハイピッチなスイングテールミノー。






http://www.rapala.co.jp/storm_lures/ssrst.html


・ソーラン スパイクテイル



高浮力素材と極細ピンテールの絶妙なマッチングで、ステイやフォール時のアクションをオートマチックに創出!





http://www.rapala.co.jp/storm_lures/ssrhg.html


・ソーラン ヒプノグラブ






テールバンプとサイドリブが生み出す異次元ウェーブ!
今までなかった全く新しいタイプのカーリーテールワームが登場!!



いずれも6月ころの発売となります。



 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
foojin`xx絶好調♪ http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6asn3rut 2016-04-20T00:03:00+09:00
先日の釣行ですが、今シーズンはなかなか思うようにいかずムラが多い。
その要因として風や天候が安定せず、シーバスの群れが入ったかと思ったら翌日には抜けている。

でも釣っている人も大勢いるので、どうなんだろうと課題を残しながらダメなポイントは見切りをつけてフットワーク軽めに。

どちらにせよ、やはりベイトの存在が大きく左右するこの時期。




この日は沖にイワシ。
足元のゴロタ場には大量のハク。


さて、どちらを先に探るか?


沖のイワシの群れは青物に追われているのか?というくらいに移動がやたらと速い。

ルアーが届くうちに沖のイワシの群れを撃って、ヒットしない場合は、そのまま足元の死角となるゴロタ場の根周りを探りハクに着いたシーバスをも狙う作戦。


http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6n7g7iw2

このソーランブレードインプレログと1部同じ魚が掲載されてますのでご了承ください。








ルアーは、ストームのソーランブレードの1色のみ使用。






沖のイワシに着いているシーバスのアベレージサイズは60~70アップ。


足元のハクに着いているシーバスは1回り、小型でした。












ほぼ頭から丸飲み。


足元のハクに着いたシーバスを狙う場合のキモは死角の場所にフォールで見せるのか、またはボトムからのリフトアップで死角を舐めるように浮上させて追わせるのか。


































今回はベイトに恵まれ、久々に色々と試したいこともできました。

















それにしても、フッキング率が非常に安定しているロッドです。
前回に続き、今回も2桁掛けてバラシはゼロ。

釣れた魚は、その場で普通にリリースしてますが、特に場スレもせずって感じでした。
ベイトの量に比例してシーバスも多かったのでしょう。







この後、まさかの超特大マダコがヒットし抜き上げましたが、モタツイテいる間にゴロタの隙間から逃げられました・・・

くそ~食いたかったな!と、ちょっと後悔。。




タックル
・foojin`xx BAY SPEEDER77MLX
・ツインパワー3000HGM
・Rapinova-x MULTIGAME 1号
・Rapinova フロロカーボンリーダー16lb
・ソーランブレード21g~29g使用(ストーム)



 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
熊本地震の伝言版 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6w79sbcm 2016-04-18T11:05:00+09:00 この度の思いもかけぬご災難、心よりお見舞い申しあげます。






http://s.ameblo.jp/ebizo-ichikawa/comment-12150419991/

市川海老蔵さんのブログ内を利用した伝言版




http://news.yahoo.co.jp/story/151

私たちにできること 募金など



http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=12513

熊本市ホームページ 必要な物資や配送方法










1日も早い復興をお祈りしています。]]>
吉田 隆(ヨッシー)
ソーランブレード http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6n7g7iw2 2016-04-16T08:15:00+09:00

6vrydsriucprod99hu98_480_360-4420162c.jpg

ストームより発売中のソーランブレード



ウェイトは21gと29gの2機種。


kdhv5tbpa8u7wxsc79i7_480_360-ca3856a1.jpg
上:21g
下:29g


この二つの違いは、ウェイトによるボディーの大きさと、フロントフックのサイズ。

ブレードの結束部分からテールフックまでには違いはありません。



他のソーランシリーズと同時進行にてテストを重ねてきましたが、当初はやっぱり絡まりました。
その時の絡まる確率は10キャストで2回ほど海老になる感じでした。


○海老

テスト中にシリコンチューブを巻いているのに、なぜ海老になるのか?


普通に使うぶんには問題なかったのですが、着水からフォール中に突発的なラインテンションや、ボトムを取った後のバンプアクションなど、ブレード部分がフロント側に傾くことにより、トラブルが発生してました。

その対策としてチューブの長さを延長し、ブレード部分がフロント側に流れることを阻止しました。

ほんの数センチ、ボディー側に被せるだけで、糸絡みは激減し、ほぼ皆無に近いです。




sf4xgoosneixw65ctk3o_480_360-bdfc3198.jpg


〇引き抵抗を軽減


引き抵抗を弱めることにより、疲れの軽減によるストレスレス。
そして3Dにディープエリアを探ることも可能です。


この対策として、ブレード自体を大きく設定しました。
これは、ある程度の引き抵抗と巻きでの感度を上げるための物です。

ただブレードサイズを上げると、巻き抵抗が大きくなり当初の目標とはズレが生じました。


その打開策としてブレードの形状により無駄な水流を後ろへ受け流す。






7ijrhyeroozizan9e6jp_480_360-84b8ced4.jpg

d2rjhbi4t9obx2zzvhnb_480_360-b5f87486.jpg

先が尖ったスプーンの様な形状です。

ほど良く流れを感じながらも、速巻きリトリーブやリフト&フォール対応。そして非常に浮き上がりが早いのも特徴です。

浮き上がりを早めることにより、ウェーディングでの使用も安易となりテトラポット付近を平行に探ることも可能です。




〇バラしを減らす

重いルアーほど、比重の関係でフッキングが決まらずにバレる確率も上がります(ロッドにもよる)

そのバラしを少しでも緩和する為、リアフックは大きめなサイズを搭載してあります。



xdbvpjd6ukbuzraf6d9o_480_360-23e492b7.jpg



ソーランブレード、発売から約2年経過しました。

寒冷期はボトムの釣りがメインとなり、ボトムバンプを数度行い、そのまま巻き上げによる上昇アクションで食わす。
渋い時も有効な探り方です。




逆に水温が安定し出す春から初夏に掛けてベイトも活発に動き出します。またベイトの種類も富んでおり、沖からの回遊型、シャローの滞在型など様々。

そのベイトの動きや習性によってシーバスも回遊するのか、死角となるシェードに留まるのか。










寒冷期に意識していたボトムからの誘いから一転し、テーリングしているシーバスやベイトを追っているシーバスを狙う時は、やはりテンションフォールがとても有効となる場面が増えます。

そのテンションフォールを入れるタイミングや軌道もその時々で変わるものの、シャローであればその瞬間までのリトリーブ速度。これでブレードの回転数を調整してます。


またシーバスが居ることが分かっていながら食い渋いと感じる時、または場スレさせずに釣り続けたい場合はストップ&ゴーなどを交えて見せ方を変えますが、立ち位置をズラしながらトレースコースに変化をもたらすことも大事でしょう。












今年の春も多くのシーバスを連れてきてくれてます。

これもフォール時にエビになりにくく、ミスキャストによる場スレも軽減してくれているものだと解釈してます。


鉄板バイブレーションで寄せてから丁寧に探りなおすのも一つの手ですので、是非お試し頂ければと思います。










  ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
イワシ接岸でフィーバー♪ http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6zj72ydt 2016-04-14T00:03:00+09:00
イワシの移動が速いのでポイントを絞り切れてませんでしたが、ようやく春らしい光景を目にすることができました。








ベイトを吐き出したシーバスの全ての口の中からイワシが出てきましたよ。

また今日も雨が降ってきましたが、残ってくれると嬉しいですけどね・・・


http://www.fimosw.com/u/spartas/ugrcywmtga3twv

続きは、こちらから宜しくお願いします。






http://www.fimosw.com/se/0734/rvcdwacyec

ラパラカップ、4月22日 16時より開催。
参加者募集中です♪






 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
地元のポイント http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6mnfh2uf 2016-04-11T00:03:00+09:00







自宅のタラの木。
とても愛情を込めて何年も育ててますが、通行人の邪魔になるらしく、冬にパイプカット。
悪い事すると、寝ている間に奥様や彼女にパイプカットされますので皆さまもお気を付ください・・・笑



でも何とか芽がつき、枯れずに育ってくれてます。







パイプカットしてないタラの木は、元気もりもりのビンビンですわ♪



今年は自宅のタラの芽は獲らず、というより獲るタイミングを逃した感じ。



で、今さっき栃木県への出張から帰宅したのですが、栃木県も沢山生えており・・・乱獲。









5分で1091の1089。



それを洗って・・・・









天婦羅に!




揚げたては特に美味しいのですが苦味と独特な香りが自宅のタラの芽とは若干、違いました。


翌日も裏山でタラの芽を採って、会社の従業員に振る舞い・・・










今年の初物だと、こんな感じで喜んでおりました。









注:ネットで拾ったイメージ画像







さて釣りは休みがガッツリと取れないので仕事帰りに地元のポイントでリフレッシュ♪


足元には大量のハク!


そしてボイルボイルボイル!









ルアーを引くとフックにハクが引っかかってきます。




足元でのボイルポイントはライトがこぼれ明暗になっておりますがプレッシャーなどで、ハードプラグだとなかなか食わないんです・・・
(正確には・・・食わせられない(笑))





なので、明の手前の暗部からのリアクションで。






CD-7










次の休みは、ディゲームかな?



タックル
・アピア foojin`Rアートマジック87LX
・カルディアキックス2500
・RAPINOVA-x 0,8号(ラパラ)
・RAPINOVAフロロリーダー16lb(ラパラ)







 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
水温と風向きの関係 ディ河川調査 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6e9ymy23 2016-04-08T06:30:00+09:00
仕事帰りは近場で短時間竿を出し一瞬のジアイを楽しんでますが、先日は下げ潮の河川にて立ちこんできました。

今シーズン初場所なので先ずは地形のチェックがてら、ベイトの確認。
シャローの流れの弱い際には、2~3センチのハクがチョロチョロ、自分が近ずくと逃げちゃいます。

その他、上流からモジリながら流されてくるイナッ子。


雰囲気的に、感覚的には悪くなさそうだが、水温がずいぶんと低いなあ~。

正確に言うと、ボトム付近のみ低温となっており、これは比重の関係で塩分濃度の濃いもの、なおかつ低温な水は沈む。





話が変わりますが、北風が吹くと水温が下がる?これほんと?


水の中に浸かる時はウェーダーを履きますが、浸かりをやる方は水温に敏感です。が、水没しない限り濡れない・・・笑


冬でも海の中で遊ぶサーファーは、それ以上に水温を気にし、風向きや海流を絶えずチェックしてます。

少しでも暖かい海で遊びたい、なおかつ動きを妨げないウエットスーツを着用し快適に。


ウェットスーツも多種なタイプが出てますが、中でも面白く見えるのが上半身は長袖、下半身は膝下の一体化タイプ。

全部、長袖タイプで良いでしょ?と思いますが、きちんと使い分けてます。


波待ちをしている際、北風を受けると体感温度が下がる。が水温は上がる。逆に南風が吹くと体感温度が上がるが水温は下がる。


これはエリアと海流によって異なりますが基本的には陸から風が吹くと水温の高い表層の水は海に流れ出ます。
その替わりに深度の高いエリアの冷水が沖に寄ってくる。


千葉県の波乗りポイントはほぼ太平洋側。
こちらは南や西が吹くと水温は下がり気味。

今年は夏の終わりからメバルを楽しんでましたが、これも水温と風向きでエリア選定をしており、東が吹くとどこのエリアの水温が下がるのか?
また、水温が下がった後、どの風向きでベイトが寄るのか?
その寄ったベイトはいつまで、そこに滞在するのか?
ベイトが抜けたらメバルも居なくなるのか?

この内容はフィッシングショーでも少し触れましたが、文章にするは案外難しいです。理由は利口ではないからね・・・笑


例えば干潟で釣りをしており、そのルートやルアーセレクト。
これって頭ではなく、体が勝手に動きますよね?
そう、感覚なんですよ。


内房でも風向きによって水温の変動、水温や風抜きによってベイトの移動、フイッシュイーターの活性へと繋がる。







この日のボトムは低温、でもシーバスはいるでしょ~?


ボトムは取らず、中層から水面直下を流れてくるイナッコのレンジに合わせて、スローリトリーブ。


バチを食って、マイクロベイトも食って、これからイワシの群れに着き早い動きにも慣れてくれるかな?






CDA-5も振り抜けの良いロッドで30メーターは飛ばせます。


タックル
・アピア foojin`Rアートマジック87LX
・カルディアキックス2500
・RAPINOVA-x 0,8号(ラパラ)
・RAPINOVAフロロリーダー16lb(ラパラ)



http://www.fimosw.com/se/0734/rvcdwacyec

ラパラカップ、4月22日 16時より開催。
参加者募集中です♪





 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
RapalaStyle http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6y8wttsu 2016-04-06T09:01:00+09:00

http://www.fimosw.com/se/0734/rvcdwacyec


また今年も
・・・



ラパラカップ第13回[春の開幕戦]を開催させていただきます。





☆大会期間☆

 4月22日16時~
5月31日23時59分まで



ミニマム以外、キーパーサイズは40センチ以上となります。





☆使用ルアー☆
・ラパラ
・ストーム
・ノースクラフト
・ブルーフォックス
・ルーハージャンセン
・トリガーX





◎賞の詳細[予定です]

・リミット3本 総全長優勝

・リミット3本 総全長準優勝

・総全長 1位

・総全長 2位

・ビッグフィッシュ賞

・特別賞 7位

・特別賞 17位

・特別賞 27位

・特別賞 37位

・ミニマム賞

・ソーランシリーズ ビックフィッシュ賞




・マルチビッグフィッシュ賞
(オフショア可 キーパー20センチ以上)

・メバル カサゴ総全長
(オフショア可 メバカサ混合OKのキーパー20センチ以上)


合計13賞


メバカサの部門、個人的には好きなのですが、不人気なんですよね・・・


残して欲しい方、居ますか?笑




http://www.fimosw.com/se/0734/rvcdwacyec

ラパラカップへのエントリーは↑こちらからとなります。

詳細も上記よりご確認下さりますよう、お願い申しあげます。





 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
悶絶ハクボイル打ち http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6wd3yv3t 2016-04-04T16:07:00+09:00
http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6gsu7h52

続編です。

ライズするシーバスを見つけ、場所移動。
此処からではベイトは目視できないが、日中にポイントチェックをした際には、2センチほどの大量のハクベイトを確認。


チュポチュポと一定の間隔で水柱が立つのだが、遠投が必要な場所なので先ずはシンペンで縦の誘い。








着水と同時に30センチ程テンションフォールさせて軽くリフト&フォールの繰り返しで、バイトが出なければ回収。

パンチライン80のナチュラルホロや他のカラーでも試しましたが、この日はレンズホロへのバイトが集中。











ショートバイトが多くて、途中細軸のフックには変えようか迷ったがジアイを逃すので、このまま我慢・・・笑







その後、ボイルが沖へと少しずつ移動し始めるタイミング。


手持ちのシンペンではギリギリ届かないのでミノーに交換。









ドーバー99Fでボイルしている中をただ巻きで通過させただけで、狂ったようにバイトが復活。


6本ほど掛けるが、フックが大きくて途中でポロリんチョ・・・


いや、フックが大きいんじゃなくて、魚が小さいだけだけどね^^












この日は色々な魚に遊んで貰えましたが、今年は魚が少ない気が・・・


これから良くなると言い続けてますが、抜けるのも早いですしね。











今回のハクベイトの当たりルアー。

ドーバーのホロを見て思ったんですが・・・



このルアーの中にハクが7匹居るんですよね。だから群れに見えるのかも。。。


って考えるとルアー選びがより面白い^^


タックル
・アピア foojin`Rアートマジック87LX
・カルディアキックス2500
・RAPINOVA-x 0,8号(ラパラ)
・RAPINOVAフロロリーダー16lb(ラパラ)


http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6gsu7h52



 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
大量のイワシが・・・ http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6ndh24bk 2016-04-02T16:22:00+09:00 自宅の灯油が空になり、身も心も冷え切ってます・・・

そして釣果のほうも。


先日、強い南風で大量のマイワシが押し寄せられた内房エリアですが、もう抜けてしまった感じですかね。
抜ける前にサビキでもやっておけば良かったかも。

ただ海面にはマイクロベイトがパチャパチャやっているのでまだチャンスはある?


先日の岸ジギ同様、先ずは横からの探りでソーランブレードのテクトロ。


カウント2から表層狙いでゆっくり壁際を通していると、やっぱり居た!


でも、海面でのエラ荒いで速攻でバレた・・・



想像以上に魚が小さい?




仕事帰りの寄り道なので辺りが薄暗くなる前に、ジグに変更。









1投目で出ましたが後が続かず、可愛いサイズ1尾で終了。












ん~次の潮周りと風向きに期待♪



タックル
・アピア foojin`R ウォールマジック B70ML
・T3MX
・ラピノヴァⅹ マルチゲーム 1,5号(ラパラ)
・ラピノヴァ フロロリーダー16lb (ラパラ)
・五目ジグ20グラム グロー(ストーム)




 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
曲がる竿が楽しいin干潟 http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6h8fc6eg 2016-03-31T00:04:00+09:00




hcj59fc4puiajpicuixf_480_238-5b8c74da.jpg

jrc2gnvgmk9pzkc34evx_480_352-ba9c76ef.jpg

88MLXと比べると明らかにティップが入っていることがわかるはずです。
60g負荷の時点でティップが下を向き始めていることがわかると思います。

軽量ルアーをティップでパシッと弾くようにキャストすると飛ばしやすく、少し重いルアーはペンデュラムで投げれば想像以上に飛ばすことが出来ます。

ルアーを巻いている感覚も、ティップが受ける水流を手元で感じて巻くような繊細な釣り方ができ、ひとたびバイトがあればククッとオートマチックにティップが入ります。
ティップが入ったことを確認してからアワセる。これぐらいの余裕を持ってフッキングすると最大限ティップの柔らかさを使えるかと思います。

そして500g負荷の時の写真。
ティップの柔らかさに反してバットはしっかりと残っていることがわかると思います。

これもキャストするとき、魚を掛ける時、ファイトする時に体感できる部分です。

しっかりとバットにウェイトを乗せるキャストをすればある程度のウェイトのルアーを投げることもできます。
そしてティップが絡め取るようにバイトをとらえた後のフッキングでは、柔らかいロッドにありがちなフッキングしきれてない、という事もなく、しっかりとフッキングすることが出来ます。

そして掛けてからは多少の無理をすることができるパワーも兼ね備

ちょっと個性的なクセのあるロッドですが、このティップの魅力を知ってしまうと手放せなくなる一本です。


http://www.fimosw.com/u/spartas/ugrcywmvihwjem

安田さんが作成された
foojin`R アートマジックのインプレッションです↑
とても分かり易く解説されてます。




先日、このロッドを持って出張前に干潟へ行ってきました。
とは言っても久々なエリアなので、マジョさんに電話し一緒に行きませんか?きっと、大量のベイトが入ってますよ~♪と無理矢理誘惑。


マジョさんの勤務が終了するの待ちながら干潟用のルアーを物色。
車内にリップレスあったけな~?


そう、今日は干潟に行く予定は全くなく、衝動買いみたいなもの。



普段から干潟で使うルアーは毎年ほぼ変わらず、8gぐらいから20g弱まで。全長も8センチから12センチのシャローランナーがメインになります。


そのルアーを使って下げ潮のタイミングでエントリーを開始し、基本的には手前から探りを入れ、徐々に沖へと歩を進めます。

流れも河川ほど激流では無いため、ヒット後に流れに乗ってしまう魚もそれほど多くもなく、さらには港湾のように縦への突っ込みもありません。








オープンエリアの広大な干潟。
風を遮る風防などもなく、まして気圧が安定しないこの時期、当然この日も爆風でタフコンディション。

そう考えると振り抜けのよい短めのロッド、なおかつ軽量。


バチ時のイメージが強いロッドですが、ナイトゲームにおいての干潟でも非常に扱い易いモデルだと思います。



で、タイトルの(曲がる竿が楽しい。)

これは好みの問題ですね。



ヒット後に鬼のゴリ巻きで寄せる必要のないシャロー、イナシながらファイトを楽しめるロッドという事です。



釣りの一連の動作として、投げる、アタリを取る、アワせる、掛ける、寄せる、キャッチする。曲がるはどこに入るんだろう・・・笑



一緒に行った仲間のロッドが綺麗に曲がっていると、それだけでも充実感を味わえますよね。

今は釣りのゲームでも・・・


グググゥッ!ってアタリを感じたり魚を寄せたりできます。



でも余計に釣りに行きたくなっちゃいますよね?

なぜなら(竿を曲げてないから感触と視覚が不満足)











この後、ユンケルを飲み栃木県まで4時間車を走らせ、そのまま朝から12時間仕事。


でも竿が曲がった感触、やっぱイイわ♪




バディのマジョさんは、新製品のボジドライブのシンペンなのかな?

そのルアーを使って影でコソコソとボジッってましたよ^^







タックル
・アピア foojin`Rアートマジック87LX
・カルディアキックス2500
・RAPINOVA-x 0,8号(ラパラ)
・RAPINOVAフロロリーダー16lb(ラパラ)
・ルアー ソーランリップレス9 ソーランミノー9,5(ストーム)




 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)
絶滅した東京湾アイナメ http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg6w23f48y 2016-03-29T00:05:00+09:00
ニコ生で誰かが言ってました、東京湾のアイナメは絶滅したのだと・・・


でも確かにカサゴやメバル程、魚影も濃くなくショアからだと難しいかも知れません。魚影が薄いためか、情報も少なく【東京湾アイナメ】と検索しても、それほどクローズアップされてませんしね。

もちろん自分の周辺にも〈最近アイナメどう?〉
なんて会話をできる相手も近くにおらず・・・






釣れる場所は正直、いくらでもあります。
普段、何気なくシーバスを狙っている、その足元にも居るかもね。

今シーズンもアイナメの顔が見たくて見たくて、そして首振りダンスを味わいたくフィールドに立ってました。

昔ほど釣れなくなったと言われてますが、私が思うにポイントが少なくなったのでは?


私が初めて釣ったアイナメは20センチくらいだったかな。
以前ログにも記載した覚えがありますが、まだ車の免許が取れない10代半ば、バイト先の先輩の車で毎晩、メバル釣りをやってました。

バイトの休憩中にハリスとハリを結び、出来上がった仕掛けを段ボールの切れっパしに巻く。
その仕掛けと振り出し竿にバケツ、あと黄色いヘッドライトをオデコに巻いて釣り座へ・・・笑


電気ウキの下に仕掛け、ハリにイソメを付けてちょっと上にがん玉。


餌釣りにもジアイはありましたが、なぜか先輩はメバルと外道のアイナメが釣れるわけですよ。

最初は外道のアイナメが掛かってしまって可愛そうだなと見ていたのですが、釣りが終わった翌日はバイト先の居酒屋でそれを捌いて皆で食べるわけです。

職場は皆さん調理師ですから、アイナメって高級だよね!旨い!


へェ~そうなの・・・




で、また翌日も同じ場所へ。



で、また自分はメバルしか釣れない。



で、、またその翌日も自分はメバルしか釣れない。




で、なんで!?って成るのが普通で、先輩の仕掛け、小細工してんじゃないの??同じ仕掛けですよね!











今では、それなりに狙って釣れるようになりましたが、同じ場所でも棚が違うと着く魚種も変わる。


ようは先輩は、浮き下を長く取っていただけの話。
いや~今でも役に立ってますよ・・・笑




このころはもちろんナイロンでやってましたが、PEでやってたらどうなんだろう・・・
感度ビンビン?弾く?


最近使っているラインは0,09号。
想像以上に強いので安心はしてますが、糸が負けないロッド。

細分化が続き色々な魚種と遊んでいると、ロッドに合わせたラインではなくラインに合わせたロッドが必要だと感じる時があります。








話が反れましたが、内房エリアで狙う日中のアイナメは今からがピークです。


イメージ的にはほぼボトムだと思われますが、結構上でも食ってきます。(中層)

しかも色々なアクションにも反応する魚なのでスピンテール系でもジグでも追ってきますよね。


ジグといば通称アイスジグ(正式名は、ジギングラップ)
ハードプラグでの最初のアイナメは、何を隠そうアイスジグでした。



東京湾の入り口部に当たる富津の港内で釣れたのがきっかけで、それからアイスジグが気になりはじめ・・・


その後、数年の時を経てラパラからサポートを受けるようになり、現在に至るわけです。


アイスジグで遊んでいると、色々な発見があり時間が経つのが非常に早い。足場の良い港湾にもゴロタが敷き詰められた場所が多くあります。

その上でアイスジグをシャカシャカやっていると狙っていない魚がゴロタの隙間から俳出て来て、ちょっかいを出す。

この時に、あっ!メバルだ!


なるほど、昼間は穴の中にもメバルって居るんだね。


居る場所が分かれば夕マズメにワーミングすれば簡単に釣れちゃいます・・・笑


アイナメのポイントもこんな感じで遊びながら探すのも有りだと思います。で、1匹釣れた場所は、必ず来年も高確率で釣れます。
さらに1匹居れば、もっと近くに沢山るんですよ。


桜が咲く季節、ベイトを追って群れで移動する事が多いアイナメ。

そんな時こそ、中層のスピンテールなどが効果的なのかもです。






アングリングソルト、こちらにアイナメも載っておりますので、どうか宜しくお願いします^^




 ]]>
吉田 隆(ヨッシー)