相模川アフターシーバスを求めて

アフターシーバスの釣果の話しが聞こえ始めて早2週間。

今年に入ってログを更新するような釣果に恵まれず、やきもきしてました。

そんな週末。この週は上げをじっくり堪能する腹づもりで上げっぱなで河口に向かったが、現場で潮を確認するとまさかの勘違い、干潮からピッタリ1時間が経過。。

それもあって狙っていたポイントはアングラーがびっしり。まるで戦争映画の最前線のよう。

なので、早々にポイント変更。こちらは人一人おらず貸し切り状態。

早速パイロットルアーとしてTKLM 12をチョイス。
広範囲にキレッキレのジャーキング、間に柔らかいストップ&ゴーを織り混ぜる。

しかし、手前まで巻いてくると、潮位が低く水面とティップまでに距離があるため、うまく水を噛まずにスカッ、スカッ。。っと水面をスライドしてしまう。。

なので、より水面にティップを近づけようと思った矢先、

ボシュッっっ!

ぅおっ。。ミスバイトぉぉ。。

冷静にビックリ合わせに絶え、もうワンアクション。

パシャ。。。

あ、反転された。。

ここんとこトップでもヒラメが出るほど相模川はヒラメが好調のため、シーバスと断定は出来ないが魚が居ることはわかった。

運良く(?)フックにも触られなかったので、あとは口を使わせるだけ。

ここで、
同じルアーで誘惑する、
ルアーチェンジして目先を変えてやる。

今回は迷わず後者を選択。
目先を変えてやり、スレを防ぐ。

まずは同じ系統でサイズダウン、ミラクルワークスの阿修羅9センチで同様にジャークを入れ、気持ちポーズを取るも、出ない。

ならばと同じレンジでカゲロウで探る。

で、出ない。

そして小カゲロウでレンジを入れる。。

も、出ない。。

ここで賭けに出る。

水面でのウェイク系ルアーで水面をかき回す!

てろてろてろ…バフッッッゥゥっ!!


出た!、乗った!!

が、しかし首振らないし、寄ってくる。。
これは50センチクラスのヒラメか!?

するするするっと寄ってきて、
手前でぽっかり浮いたのでライトを当てると、シーバスだ。

そこそこあるじゃんって思った瞬間、そこから一気に潜られてヒヤヒヤさせられるも、もう一度浮いたところで勝負あり。

無事81センチの良型の確保となりました。


コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!