プロフィール

佐藤宏憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:61
  • 昨日のアクセス:36
  • 総アクセス数:1063936

契約メーカー


ラパラジャパン

SPECIAL THANKS


ノースクラフト

シマノ

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

CHARTER BOAT


アングラーズスタッフ

LINK


爆釣速報

検索

:

QRコード

1/16 (荒川)

  • カテゴリー:釣行記
  • (RIVER)
出撃するつもりはなかったものの予定が早く終わり、バチの様子も気になった為、下げ七分から荒川へ。



現着すると石川氏、ozapy氏、太田氏の姿があったのでご一緒させて頂く事に。




早速状況を聞くもバチの姿はまだ確認できていないようでしたが、それでも下げが効き始めてヨレができたタイミングに反応があったとの事。




しかし、そのヨレはすでに消えており、再びヨレが入るタイミングを待ちつつ実釣開始。




自分は流速差が生じ、ヨレが入りやすい潮上のポイントをセレクトし、まずは上ずっている魚がいないかにょろにょろでシャローからミドルレンジまでを広範囲に探った後、魚からのコンタクトを得る事ができなかった為にローリングベイトにシフトしてボトム付近を探っていく。



どうしても、シーズン初期はバチも表層まで上ずらず、ボトム付近を流されているケースが多く、そんなボトム付近を流されるバチを捕食しているシーバスにはローリングベイトが強くなってくる。




ただ、その使い方は秋のハイシーズンなどとは異なり、あくまでもアップクロスからいかにルアーをナチュラルにドリフトさせていくか。




状況が良い日は別として基本的にはルアーがダウンに入ってしまうと魚からの反応が鈍くなってしまうのが河川のバチの釣り。




そして、バチの存在はもちろんですが、次いで重要なファクターになってくるのがヨレの存在。



このヨレがあるかないかで反応は大きく変わってしまい、シーバスもヨレに溜まるバチを強く意識している。




それ故にヨレの中でしっかりと喰わせどころを作れるかが釣果を大きく左右させる為、しっかりとヨレの中でシーバスが捕食するきっかけとなるルアーが水を掴み始めるタイミングを作れるようにキャストの飛距離と着水点を調整してラインを捌く事が重要になる。




この時にヨレまでルアーが届かないのは論外として、ヨレより沖に飛ばし過ぎてしまえばヨレに到達する前にルアーが水を掴み始めてしまってヨレに入る時にはダウンになっている為、反応が悪くなる。






そんな事を意識しながら1時間程釣りをして、途中数回のショートバイトが出るもフッキングまで持ち込めず、ようやく若干ではあるがヨレが差し始めたタイミング。





しっかりとヨレのラインに合わせて飛距離を調整し、ローリンベイトをアップクロスからトレースしていくとルアーが水を掴み始める瞬間にバイトが集中♪




しかし、なにかがシーバスのコンディションから外れており、フッキングまでは持ち込めはしたものの全てハンドルを数回回したところでフックアウトしてしまうという展開の中、なんとか50cmクラスをキャッチ♪


(ローリングベイト77)



その後、微調整を繰り返して深いバイトを出していこうとルアーローテーションして探っていきジョイクロで数回バイトを得るもフッキングまで持ち込めず・・・





再びローリングベイトにシフトするも、やはりパターンにはハメられず、数本バラした後にようやくキャッチできた魚はテールフック1本でかろうじて。


(ローリングベイト77)




ここで石川氏、太田氏が先に帰宅し、風も若干吹き始めたところでサイズを狙う為に潮下の地形変化が絡むポイントに移動。





先程と同様にローリングベイトで探っていくと幸先良くゴンッ♪




フッキングした瞬間からそれなりのサイズであると分かった為、慎重にファイトしてozapyさんにランディングして頂きました。





サイズは残念なから弩級までは1cm足らずの79cm。




それでも風の力も手伝ってか今度はローリングベイトバックリの気持ち良いバイトが出てくれました♪



(79cm ローリングベイト77)


その後、しっかりとパターンにハメる事ができ、すぐに60cmクラスを追加♪


(ローリングベイト77)



ここで、このポイントをozapyさんに譲り、自分は最初の流速差が生じるポイントで実釣を再開して早々に♪




しかし、やはりこちらはサイズダウン。


(ローリングベイト77)


そして、反応は続いていたものの翌日も仕事の為、納竿としました。



バラシを含めたらヒットは10本弱と今年も順調に魚が戻ってきましたね♪






thanks:石川氏、ozapy氏、太田氏




ROD:ブラックアロー93ML

REEL:モアザンブランジーノ3000

LINE:Sufix832 ADVANCED SUPERLINE 1号(以上 ラパラジャパン

LEADER:モーリス シーバスショックリーダーフロロ25lb

LURE:
マックスラップ13(以上 ラパラジャパン
テツジン(以上 ストーム
ライクブリンクス70、86(以上 リトルジャック
ローリングベイト77、にょろにょろ12.5、ジョインテッドクロー148改、サスケ裂波120、エアーオグル85SLM etc.

コメントを見る

佐藤宏憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!