プロフィール

森岡紘士 -朔

岡山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:97
  • 昨日のアクセス:98
  • 総アクセス数:706857

QRコード

黒鯛×チヌ最前線

黒鯛×チヌ最前線が届きました\(^o^)/
r3pp6ukdf8evmvhk38k8_690_920-ebce3da2.jpg

凄いボリュームで読み応えありました。チヌに情熱を捧げるソル友さん達も出ているので楽しませてもらいました。

自分はチヌゲームマニア(笑)なので、この手の本があればなと常々思っていたので即買いでした^ ^ fimoとのコラボ企画もあり、こうした取り組みが一つのキッカケになると良いですね。

チヌゲームの魅力が十分につまった一冊だと思います。これからチヌに興味を始める方にとっては十分すぎる情報量なのではないでしょうか。

ただマニアからすれば何か物足りないというか、いわゆる王道パターンばかりだったので、異端児みたいな記事が見たかったですね^ ^

まずシチュエーションが限定的。河川やその汽水域でページが埋まっています。チヌは汽水域や内湾だけでなく沖磯だったり外洋の沿岸部など広く分布しています。

その点、遠州灘の磯クロダイゲームは興味深いですね。こうした未開のシチュエーションを開拓していけば、更にファンも増えそうな気もします。

このシーンにおいて、もっと注目されていいのが…

憧れの魚、オキナワキチヌ。通称チンシラーと呼ばれ、本土では見る事が出来ない幻の白いチヌ。こいつが釣りたい。
ij6xdxwh3xp23swrrsm6_920_690-1e67c1bb.jpg

本土のキチヌは最大45cmほどですが、オキナワキチヌは最大55cmオーバーになると言われています。詳しい生態については分かっておらず謎に包まれた魚です。

調べると年無しクラスはコンスタント?に捕獲されているみたい。本土ではキビレよりチヌの方が大きくなるのですが沖縄では逆みたいです。このあたりも興味深いです。

沖縄に住んでいたら間違いなくチンシラーゲームに没頭すると思います。自分の知る限り、現地にはチンシラーゲームのスペシャリストもいるみたいです。お会いして話を聞いてみたいですね(笑)

チンシラーへの憧れが、日々モンスターキビレを追い求める原動力になっているのかも知れません。編集後記を読むかぎり、チンシラーが表舞台に来る日も近いかも知れませんね。

そんなこんなで読んでいたらチヌに会いたくなってきた。黒鯛×チヌ最前線で広島の現地アングラーとして登場していたKAGEさんとチヌのメッカで遊んできます\(^o^)/

KAGEさん釣らせて下さいよー(笑)



iPhoneからの投稿

コメントを見る

森岡紘士 -朔さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!