プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/7 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

カテゴリー

アーカイブ

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:3104
  • 昨日のアクセス:3401
  • 総アクセス数:12764812

個人的シリーズ第4弾

個人的シリーズ・・

ネタは山ほどあるんですが・・ちょっと飽きてきました(笑)

今回は・・

夢の数だけある(笑)色んなバイブレーション

個人的に想い出深いバイブレーションBEST 15

なんて中途半端な(笑)

実は18まであったんですが、手元にあるのが15種類でした。

という事であえてランキングしません・・

まずは・・

egsrrh5txa9swfumrcrm-ac75745a.jpg
リップインベイト/メガバス社
これはオリジナルじゃないかな?古いルアーは全て広島の自宅にあるので京都にあるのは比較的最近のモノ。
本当にこのバイブにはお世話になりました。まだ岩国港で釣りしてOKだった頃、バイブではダントツのトップですね。
メガバスってやっぱ凄いメーカーだと思いますよ。

iokwejmbb64jjyuyjs4t-c12ea783.jpg
TDバイブ/グローブライド社
最早文句無しに世界1位のバイブレーション。バリエーションの数もまず間違いなく1位でしょうね。バス用なのでシーバスには耐久力が低く、使い込むと水が入る・・そしてラトルが低音になる・・それが一大ムーブメントを起こしました。同じことを考えるアングラーが全国には居て、その後ウーハーシリーズで登場。
ちなみに私の中ではTDバイブと言えば、ビッグママの近藤さん(笑)内輪ネタでごめんなさい。

zy3czskxgwif8dytzwyx-c52f35d9.jpg
レンジバイブ/バスディ社
シーバス用バイブレーションとして、恐らく過去最も売れたバイブレーションである事は疑いようの無い事実。仲間の多くがこれを使用。当時境水道では無敵バイブでした・・が、実は私自身はこのバイブでの釣果は数えるほどしかありません(笑)それほどマールアミーゴに心酔してました(笑)

dxp8yot4tnzvr5cwci3d-240a9f36.jpg
ザブラバイブ/ジップベイツ社
強波動系のバイブなのに引き抵抗が少ないナイフエッジ機構。河シーバスで大活躍です。振り返ってみると大型シーバスしか釣った事ないかも?そんな良いイメージしかないバイブレーション。

wcocpjc4m4bduct3fspm-100d9a20.jpg
SO-V/デュオ社
とあるDVDで釣りまくったバイブレーション(笑)多分もう廃盤かな?めっちゃ釣れるバイブですよ。特にイワシ付きシーバスには抜群の効果を発揮。河というよりは海で使用頻度が高かったバイブレーションでした。

m7myp4zzb3erpzd7of3r-bf44dba2.jpg
デフダイバー/ティムコ社
ボートシーバス用に開発されたバイブレーション。なのでスピニングで投げるとエビになる確率が高めでしたが、広島河川シーバスには圧倒的な効果を発揮。特にデイ河川、コノシロ付きではなくてはならない存在でした。釣りビジョンで計量前に逃げられた90後半?のシーバスをゲットした想い出深いバイブ。

s737pg9kdbg5dofw7emn-551853de.jpg
シリテンバイブ80/マドネス社
シリコンバイブ・・何やらイヤらしいネーミングですが、私は80をメイン使用です。ナイトゲーム、コノシロ付き。ドはまりするバイブですね。良く釣らせて貰いました。無駄な部分の全く無いバイブレーションだと思います。

5eiifgh78zxz3y9dx6yu-13f9ad8b.jpg
IP-26/コアマン社
岩国港で泉さんと釣りした時に初めてみた時は衝撃でした。港のど真ん中のナブラに届くんですから(笑)その後発売になり、最初に手にしたこの金銀パール。本川で死ぬ程90アップを抜いてやりました(笑)NO.1鉄板バイブは永遠にコレで決まりでしょう。

72eotp4o2whxsxm3r348-956addf5.jpg
ビッグバッカー105/ジャッカル社
もう・・衝撃です。たまたまサンプルを持ち込んだ夏の川崎新堤。初めての川崎でしたが、もうスゲー釣果でした(笑)これ以降、大型鉄板と言えばビッグバッカーですね。青物にもシーバスにも効果的なバイブです。あまりの波動の強さにナイトゲームでも圧倒的な釣果でした。

wewu9ohmw643yo64bst7-d1d6c8bf.jpg
ビッグバッカー80/ジャッカル社
その小型版・・なんて簡単に言えません。今現在私が投げる鉄板バイブの7割がコレです。105すらほぼ投げなくなりました(笑)

mn7u5vm3fommtv3co2cg-13daef53.jpg
RE70/ジャッカル社
REはリボーンの略。奇しくもビッグバッカー80と同時期発売という
呪われたとしか思えないタイミングでの発売。最初はリップ付きバイブをやろうとしてたんですが特許関連で仕方無く断念。その後その期限が過ぎていた事が判明(笑)どうやってもそんな運命だったバイブなんでしょうね。手前味噌ですが素晴らしい出来映えだと思います。今でも中海や宍道湖で大活躍です。浜恭もバイブならほとんどコレしか投げてないようです。

o72uh8x2b37uxc84zer7-f23e78de.jpg
キックビート/ロンジン社
まさにお手本のようなデザイン。重くしても軽くしても基本設計が完璧なので何やっても安定感抜群です。芸術品の域に達してます。

njx4a9psrhypdthwtydb-29681a2a.jpg
サルベージ/シマノ社
かの有名デザイナー監修。まさに非凡という名のバイブ。バリエーションの豊富さはシリテンやTDバイブと双璧。裏切らないバイブレーションと言っていいでしょうね。

scidcvt2dyio6bsea6rp-4d2f33c1.jpg
まめさん/DAMIKI JAPAN社
すみません・・私的にはこんなにコンセプトが明確で新しいパターンを築いたバイブは無い!・・・と思いたい(笑)
ボトムから30cmという聖域を完全攻略する為だけに開発。なので普通のバイブとは違いますよ・・と言ってもやっぱ通じませんでした(笑)結局他の鉄板バイブと同義に扱われてしまいました。
ちなみに写真のまめさんはタングステン合板。簡単に曲がる超薄々仕様。世界で1番薄い鉄板バイブ。めっちゃ釣れますが結局販売しませんでした(笑)

手元には無かったんですが、ブルーブルーのナレージシリーズ。エビに成り難いという凄いバイブレーション。
などなど・・多くのバイブレーションが存在します。

いつかまた紹介したいですね!

 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ