プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アーカイブ

2018年 5月 (10)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (2)

2018年 1月 (6)

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:697
  • 昨日のアクセス:896
  • 総アクセス数:13798220

XEFO・アクトゲームベスト

前作より大幅なリニューアルとなったアクトゲームベスト

リニューアルといっても完璧だった前作に加え、新たなテクノロジーを加えたのが今作。

その思考は全く変わっていません。

2wedktwjosa79k7e3r5r-8854fc26.jpg
ちなみに完成したのは昨年9月(笑)
自宅近くの四条烏丸の焼き鳥屋で合格サインを出しました。
完成から発売まで1年・・それがシマノクオリティです。

今回のベストも超絶自信作です。
良いから売れる時代ではありませんが、だからこそ製品の性能は他を圧倒出来るほどのアイデアを出しています。

xeac8gr3p8wgs43xfrrn_480_480-0c6b8a0d.jpg
今回でベストのプロデュースは4作目。
過去の製品全てに一貫してるのが「PEラインが絡みづらい」設計にすること。
ご存知の通り、PEラインは軽い為に身体付近にまとわる可能性が高いんです。なのでベスト前面にはなるべく「物」が出ないように心掛けます。このコンセプトは未だ他にないのが不思議です。

sv96a4j5kdgyww99smun-42ec6662.jpg
なぜか廃盤になったスマホポーチ(笑)他社が真似する中、シマノはカタログ落ちしてました(笑)それが今回復活です。

h3snpzwtxbpf3hyottky_480_480-962861c9.jpg
前面下部は360度ターポリン。
実はこのアイデアは前作から出してたんですが素材が高い為に却下。代案としてポーチ類の制作に絡めての素材購入で単価を下げる手法を提案しましたが、それも却下。
でも・・なぜかサーフ用はその案が採用されてました(笑)
まあ・・これも実力差ということで・・。

obiugddwjmiy6ifzbfpu-676bd319.jpg
アピアのグリップホルダーをリスペクトして、ベスト自体にホルダーを設置しました。大体のグリップは挿せますが、念のためにD環も配置しました。これでグリップを掴む際に手が濡れることを避けられます。

kebtrzvk4pyz7zchfz5w_480_480-c04ed385.jpg
ポケット左前面は従来と変わらず二段ポケット仕様。
スナップ類、鍵は上、下はメジャーなどはここに入れます。

i7gneewtmgrgjxpkffby-292f4d4a.jpg
右前面のセカンドポケットはプライヤーホルダー専用。前作は右側面から出し入れしていましたが、今作は真上から出来るので、プライヤーホルダーへ確実に挿すことが可能です。

両面ともメインポケットは前作より少し大きくしています。最近のルアーボックスが若干大きくなっていますので、それに対応出来るよう計算しました。

38y34osmhyfetj8vb4ds_480_480-4ce4f8c1.jpg
本当はこんなの要らないし却下したんですが、どうしてもということでツールベルトを配置。これの有る無しで売り上げが違うらしいです(笑)でも・・
プライヤーをぶら下げているのをよく見ますが、プライヤーって1回の釣りで何回使いますか?私はベストにハサミを付けているので魚が釣れない限りプライヤーは出しません。

95gxky3fg7d9vt4x45rj-ecb49c59.jpg
背面底にはドリンクホルダー。前作よりひと回り大きく、650mlクラス対応です。
ここで私のミス。前作は背面は三段ポケット。1番上に鍵など失くしたり濡らしたくないものを入れるスペースを作ってましたが、私の指示ミスで今作はありません。指示したつもりだったんですが、確認を怠ってしまいました・・。
意外に高評価だったんですが・・。

4na3wxfiz5wcpk3vx6wu_480_480-e50fee28.jpg

y63egjd3i3tmctr3nkat-bd8c5779.jpg
なんと!べルトの代わりにBoaシステムを採用!紐がうんちゃらとか?季節に応じて横幅を変えるとか?最早不必要。
釣行が終われば開放し、釣りする時は締める。完全に身体にフィットするのでその着用時の安定性は群を抜いています。

kwybomz6fs7djsszdmhi_480_480-51090312.jpg
安心のL2規格

更にコアアクトというテクノロジーにより、フロントポケットの出っ張りを軽減。前作もかなり左右分散してたんですが、今回は科学的に分析されました。

基本的に私がこれまで関わってきたベストは全て足が長く見えるように設計しています。これはなるべく上部へ持ち上げるデザインにしてるという事です。なのでタレパンダみたいになる多くのベストと異なり、Boaの採用も合間ってしっかりと腰で止めて着れます。

肩への荷重負荷もBoaによりかなり軽減されます。腰を360度しっかりとベスト自体をホールドする事により、どのタイプと比べても圧倒的に負荷が減ると思いますので、重たいルアーを使用する方などには特にオススメです。

長時間の釣りに欠かせない機能を全て盛り込んだアクトゲームベスト。

オススメどす(笑)



 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!