川の呼吸を釣る

  • カテゴリー:釣行記
夏夜

カンカン照りの太陽が西の空に消え闇夜に包まれるが。

暑い。

夜とは言え、汗の量は多い。
夜の水際に立つだけで体力の消耗は進む

それにプラス、寝不足。身体は堪える


しかしそれでも、水際に立つ
ブレず、夏の大鱸を追う

今夜は流れが効かない
それでも、現場に立つ


これがどれだけ大切な事か、鱸釣り師なら誰もが知っているだろう


狙いは、夏コノシロ


しかし、反応するのはボラ付き

難しさ、もどかしさ、悔しさ


汗と共に、誰も知らぬまま流れ去る。


潮回りが悪く、川の呼吸を釣った



川の流れは上げ潮、下げ潮、気圧や風
いろいろな分野から流れが発生するが、必ず呼吸をする


呼吸とは。


流れが寄ったり、離れたり。

早まったり、止まったり。

ヨレたり、歪んだり。


今や当たり前の話


僕の通うホーム河川は、深いポイント、浅いポイント、明確に分かれ二級河川とは思えないほど、流れが出て川が呼吸をする


潮が動きにくいが、その数十分を狙えるほど通いこんでいた


狙いは、歪みから流れが伸びる一瞬

ダラーンと流れる河川が止まり、潮位のみ上がる、その後。

スーーンと、流れる


まさに一瞬


そこにベイトが絡めば。


理想は決まっているが、自然は甘くない




そのタイミングは、ワサワサっとベイトが騒ぎ、ポーーン!!


狙うはピン。


流れに気を使いながら、ベイトの挙動に気を使い、たち位置を決める



x62eswvzrtp2tn4gnj6e_480_480-023b82a7.jpg



クロスに入れると、60センチ台とは思えない頭の鱸が反応してきた


お前は、大きくなるよ


毎晩、毎夜、追った。


しかし、甘くはない。


hr7towdmpujni6jnxxy2_480_480-a4c33b1f.jpg



前日より小さく見えるが、74センチの鱸。


この呼吸を釣る狙いは合っているが、サイズが伸びない。



夏コノシロの難しさは、ここだ



ベイトがたくさんいても、いなくても、反応しない



ybe4sfzyrax6ytndg8h9_480_480-1b3a5593.jpg




こいつは60そこそこ



f8zwfev7jc88ik5iawdv_480_480-3eea2206.jpg




こっちは70あるなし。



この、夏のコノシロ付きは必ずナイロンラインを多用する。


大型のベイトは後ろから吸うからだ


しっかり飲ませよう!!が狙い。


自分の鱸道は、この夏のコノシロこそ。

究極の大型が狙えると信じているが、今年もこれは叶わないかもしれない。

果たして合っているかもわからない


今夜は4バイト3キャッチ

すべて、チヌ



hbr9w869929jihsx2dyd_480_480-514c5a95.jpg



こんな夜もあるが、今夜はポイントを外した。
もう帰ろうか。

が、過ったが、ユーザーさんのタコ動画に癒され、上げいっぱいまで打つことを決めた

だが。

現在、時刻は3時。


川の横でこのログを書く。


下げを打つべきか。

上げを打つべきか。


迷いが出てきた

両方打てば良いのだが、身体がもたない。


夢、は遠い。

塵のようなヒントを一つづつ拾い、自然の変化に心を踊らせ、今夜も川に立つ



悔しいなあ

難しいなぁ

大鱸釣り。

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

対応する釣りログは存在しません。


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!