vytfhvwicuba9knthgk8_180_59-87ea59fe.jpg

o5m2bi8wihxzgk8xee8m-44dc6f70.gif


5ifd79yc6zfz8d599ea3-d63d86c6.jpg


プロフィール

赤塚ケンイチ-KEN

北海道

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/12 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:430
  • 総アクセス数:4151460

QRコード

2017ベストフィッシュTOP5



今年も終わろうとしてますね。
みなさんは年の瀬いかがお過ごしでしょうか
僕はまだまだやらなきゃいけないことだらけで、ジタバタともがきまくっています。

・カタログの締め切り
・フィッシングショー用のプロダクツ
・来年度のアパレル
などが要所要所で複雑に絡みあっているので、すべてが急ぎなのです。

ちなみに来年は沢山のプロダクツが発表できそうです。
アパレルも例年とは違って、生地選びからスタートし、糸に至るまでこだわり抜きました。

ラインナップは、ドライTシャツからグローブ、バッグまでいろいろ作ってますのでご期待下さい。


さて、今年も激しく動きました。
1月から5月までは国内海外のフィッシングショー。
2017年は国内の大きいショーは全部出展させてもらいました。
各地で沢山のアングラーさんとお話しさせてもらったことは、開発に非常に参考になり、製品へと反映させていただきました。

ショーとショーのはざまには全国のショップさんの店頭イベントや試投会も精力的にやってきました。


そしてライフワークである海外遠征も今年は、ヨーロッパから南米まで延べ11カ国に行ってきました。その中で国内、海外含め2017年ベストフィッシュTOP5を振り返ってみたいと思います。


まずは


第5位
フロリダキーズ・スヌーク

ni9yjkj7jbwogonn4kwt_480_480-7b46bb21.jpg

北米は何度か行っていたけど、今年、ようやく本格的にアタックできたフロリダキーズでのスヌークフィッシング。サイズは出なかったけど、子供ころから知っている憧れの魚を釣ることができた。

その映像はこちら


rod
BC4 5.10MXH
Beams CRAWLA6.6L+
Beams CRAWLA8.3L+





第4位
オーストラリア・バラマンディ

5tcwry8bcfh9e9prdp5c_480_480-e8919b32.jpg

バラマンディは各地で釣っているが、この場所はオーストラリアの湖バラマンディ。静かな大きな湖に広がるティンバー群。全部撃つ時間はない。いったい魚はどこに居るんだ?と途方にくれてしまう釣りだったので、最初のバイトがあった2日目のこの1本には撮影のムードすら変えた。ということでモンスターではないけどランクイン。

これもすべて映像に残したので2018年に入ったら編集作業に取り掛かります。

rod
BC4 5.10MXH






第3位
北海道・ヒラメ

dghycx2g3t8urfkrgvpe_480_480-74fd97f4.jpg

北海道の室蘭でロックフィッシュロケ中に来た嬉しい1枚。ここ室蘭のポテンシャルからしたら、この70cmちょいはそんなに大きくはないが、映像の中で魚が変わるのは楽しいもんです。このロケでは6種類の魚が釣れているけど、やっぱりヒラメは華があるので3位。

このときの映像はFishmanTVの番組として作ったので、見ごたえがあると思います。

ヒラメが釣れた前編

根魚爆った後編


rod
BC4 6.10XH





第2位
スウェーデン・パイク

8a7chrrwrg8i8x52zy6d_480_480-ed077d47.jpg

南北に長いスウェーデンの北のエリア(ラップランド地方)の湖でのパイク釣り。7月だが最高気温は9℃までしか上がらず常に寒いのだが、この魚はトップからボトムまでのルアーに反応するゲームフィッシュ。しかしどのルアーでも釣れる訳ではないので、手持ちのクセが違うルアーすべてを試すところから始まる。釣れども釣れども50~70cmなので、ボトムの釣りへ変えたとたんの1本。ランカーパターンに悩んだ末の110cmオーバーだったので2位。

rod
BC4 5.10MXH






第1位
ボリビア・ドラード

5zig6t3tnmns8edwyjer_480_480-7fad79d9.jpg
rod
BC4 5.10MXH/XH
BC4 6.10XH
場所、釣り方、ファイト、魚体、どれをとっても最高だったドラード。黄金の川の虎の異名を持つこの魚は、サケマス類のような形をしていることも好きな魚の1つ。体高もあるけど、上から見ると体の厚みが凄まじく思った以上にウェイトが増す。また噛む力も信じられないくらい有り、現地人に「絶対噛まれるな、ちぎれるぞ」と言われるほど強靭で、ルアーの破壊にも悩まされた。掛かったら大ジャンプの連続も奇声が上がってしまうほどエキサイティングだし、それが自分がよく行く北海道の渓相に似ているところも魅力の1つ。この旅は単独釣行で、すべてGOPROとドローンカメラに、ほぼすべての魚を映像として収めた。

これは2018年横浜のジャパンフィッシングショーから各会場でDVDの販売が決定してます。税込み3000円

移動中も撮っていたので、旅モノとしても見れると思います。
おまけでウユニ塩湖の映像もあります。


宣伝で終わる感じになってしまいましたが、これが今年のベストフィッシュです。

来年の遠征も数か所決まっていて、また面白い魚をお見せできるよう頑張って良い竿を作っていきます。





 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!