プロフィール

安田ヒロキ

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:27
  • 昨日のアクセス:616
  • 総アクセス数:187947

QRコード

◆釣れないことも収穫◆

  • カテゴリー:釣行記
さて、この日は最近ベイトが入っていて好調のエリアの確認に。

なんの確認かというと、ポイントの中の釣れるエリア釣れないエリアの確認。

では、どうやってポイントを見つけたのか?どうやって釣れること釣れないことを確認するのか?






◆航空写真を使ったポイントの探し方◆

さて、皆さんは航空写真って見ますか?

今ではスマホで簡単に航空写真を見れるようになりました。しかも頻繁に更新されている。

昔は航空写真の本を買ったりしましたよね。僕もその本を頼りに磯を歩いたりしたものです。


その航空写真のアプリ。いろいろと見ている人も多いと思います。
でもそれって一つのアプリだけを見てたりしませんか?

僕はiPhoneを使っていますが、そこに3つのアプリを入れて航空写真を見ています。

まず、iPhoneに純正で入っているアプリ。
それと、Google MapとGoogle Earthの2つ。

この3つを見てポイントを探しています。

では、なぜ3つも見る必要があるのか?

それは、航空写真の撮影時の環境がそれぞれ違うから。

たまたま満潮で撮られた写真だったり干潮で撮られていたり、太陽の加減で水中が見えたり見えなかったり。

今回確認しに行ったポイントも、アプリによっては何もないように見えるが、1つのアプリにはしっかりと沖の藻が写っているのである。

事実、この日同行した仲間は藻の存在を航空写真で見つけることができていなかった。それはたまたま写っていないアプリを見ていたから。ほかのアプリで見てみなという僕の発言で、その後すぐに位置を見つけていた。

1つのアプリで満足せず、様々なアプリを駆使することで、そのポイントの状況を把握することができる場合もある。





◆釣れないことの確認◆

そのポイントは地形変化があまりない(もちろん変化はあるのだが、これと言ってボトムの起伏があまりない)
だが、航空写真で見るとわかるし、投げればわかるのだが、藻が生い茂っている。

その藻を攻めるのがセオリーで、潮位があるときは藻の上、潮位が無くなってきたら藻にルアーが引っかかるので藻の脇、干潮時は沖にウェーディングをして沖の点在する藻を打つ。


で、断然潮位が高く藻の上をトレースできるときの表層テロテロ巻きが釣れることが、ここ数回の釣行で分かってきた。

(そのポイントは今まであまり開拓していなかったので、今年はしつこく通っている。)


こうなると釣り人は釣りたい欲が出て、釣れるエリアで釣れるルアーで釣れるパターンをしてしまう。

潮位が高いときの藻の上を通せるフローティングのミノー。カラーはクリアカラーが強く、かなりスローなリトリーブ。

これが最近の釣れるパターン。


だが、もう一つ大切なのは【釣れないことの確認】だと思っている。


潮位が低かったらどうなのか?カラーを変えたらどうなのか?藻じゃないところは釣れないのか?


釣れる潮位じゃないから今日は行かない。じゃなく、釣れないだろうけど竿を振ることで【釣れない】という収穫を得ることができる。

でだ、この日はまず釣れないだろうなと思うピンを打ってみることにした。

同行している仲間は『俺が打つところ=釣れるところ』と思っている感じで付いていてくれたが、実は釣れないことの確認だった。

そして案の定バイトがない。やはりここは釣れない。という確証持てた。






◆釣れることの確認◆


でだ。実は今やっていた二か所は釣れないことの確認だった!と仲間に打ち明けて釣れるところへ移動する。

釣れないところからの距離は2~30m程の横移動。

そして今度は釣れることの確認をするためにここ最近のヒットパターンを試してみる。

zpszb42vzn2ttd7wyran_480_480-b5e7eba0.jpg
ima iBORN98F
https://www.ima-ams.co.jp/products/iborn#tab1

するとあっさり釣れてしまう。笑

やはりクリア系の表層をスローにトレースできるルアー。そしてある程度飛距離が出るものがいい様子。

続いて藻の奥へと遠投し、藻の中にスポットである藻が生えていないエリアをピンで通してみる。

ep4t6mco4g99eepp5587_480_480-bbc94a66.jpg
ima kosuke110F
https://www.ima-ams.co.jp/products/kosuke#tab1

するとやはり釣れるのである。

さっきまでバイトすらなかったポイント。そこから少し移動しただけなのに、釣れる。これだから釣りは面白い。

もちろん帰りに釣れないことの確認をしたエリアを再度打ったが、反応を得られることはできなかった。



~タックル~
 
ロッド:APIA GRANDAGE STD.90ML
 
リール:APIA VENTURA 2508R-H
 
ライン:YGKよつあみ・G-soul X8 22lb
 
リーダー:VARIVAS VEP ショックリーダー 20lb
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!