プロフィール

BlueBlue

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/7 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2121
  • 昨日のアクセス:3599
  • 総アクセス数:2662612

俺の釣り!初夏編 ~内田聖の場合~

こんにちわ。
ブルーブルーの齋藤です。

さて、今回は「俺の釣り!初夏編」と題して、
アドバンスドテスター3人に
ご自身のフィールドなどでの、
初夏の釣りを紹介していただきたいと思います。
みなさんの初夏の釣りの参考にしてみてください。




第一回目は、内田聖さんです。
 
ご存知の方も多いと思いますが、
愛知県在住でシーバスゲームやライトゲームなどを
得意としていて、ランガンスタイルをメインに活躍されています!



さあ!!
さっそく、内田さんの初夏の釣りを教えていただきましょう!




------------------------------------------


こんにちは。
BlueBlueアドバンスドテスターの内田です。
皆様楽しいGWを過ごす事はできましたか。
僕は連休を使って家族で
駒ヶ根の温泉旅館へ行ってきました。
家族でアイス工場見学、アウトレット、いちご狩り、
釣り堀など楽しんで、
雪解け南アルプスの広大な景色にも癒され、
しっかりパワーチャージしてきました。
 
今回のテーマは「俺の釣り!初夏編」という事で、
少しだけこれからの季節の釣りについて
話そうと思います。

と、その前に僕の釣りのスタイルですが、
初めはシーバスから始めたルアーフィッシングでしたが
近年は年間それぞれの季節で
いろんな旬の魚種を狙うスタイルに変化してきました。
それは魚種にこだわりがない
BlueBlueのルアー開発コンセプトの影響も
少なからず受けています。
それともう一つは車で走っても30分圏内であること。
まだまだ手のかかる子供たちがいるので、
何かあった時に
すぐに帰れる距離にいたいと思うためです。
 



■シャローに入ったクロダイがメインターゲット
さて本題ですが、
愛知の初夏は気温の上昇とともに
港湾部が酸素不足となる状態が増えるので、
比較的流れがあって潮通しの良い河川に
入る魚が多くなる時期です。
それに合わせるように川での
シャローの釣りが多くなります。
ターゲットはシーバスとクロダイ。
特にこの時期はクロダイを狙う機会が多いと思います。
先にお伝えした通り、
季節にあったターゲットを狙うスタイル。
初夏はクロダイのノッコミの時期なので、
いっきに個体数が増えるのと、
愛知のクロダイは型が揃い
エキサイティングなファイトが楽しめるため、
狙うならこの時期!という事ですね。
e5tswmdxua59h9i5zhw7_480_480-ea1f47e9.jpg




■狙う場所はストラクチャ周り、ルアーはバイブレーションを主流に。
基本はシャローです。
河川といっても
都市型河川と比較的自然の残るシャロー河川
どちらでも狙えます。
前者であれば「護岸際」、
後者であれば岩や杭などの
「ストラクチャ周り」を狙います。
また昨年やり込んだ
「瀬の上」や「ドシャロー帯」でも
狙うことができますし、
ウェーディングで「ブレイク」を狙ったりもします。
使うルアーはTracyやNarageといった
バイブレーションが主流です。
83ncf7cucfmzj89xbgi6_480_480-74a7c769.jpg 


 
■タックルセッティング
都市型河川、シャロー河川のどちらの釣りも
シーバスタックルがそのまま使えますが、
護岸際を攻める際は
9~10ftくらいの長尺のものを使います。
岸際ファイトは根ズレの危険性が高いため、
時には安全な冲側へ移動させて
ファイトする事も必要となるためです。
また、ストラクチャをタイトに攻める場合は
25lb程度の太めのリーダーを使っています。
それでもマメにリーダーの傷チェックは必須です。
少しでも傷が付いていたら
テンションをかけて強度チェックを行い、
必要に応じ交換します。
この釣りではリーダーの交換頻度を高くしています。

 
 
 
■釣り方とポイント
①都市型河川の岸際クロダイ
ひたすら「護岸際のみ」集中して狙う釣り。
釣り方はほんとに簡単で
「岸際平行に投げて巻く」だけです。
基本は中層、渋い時ほどレンジを下げます。
最終的には頭をボトムに
擦るくらいのレンジで巻きます。
またバイブレーションの波動の強さ(ブルブル感)も
同じように基本は強め、
渋い時ほど弱めを使っています。
ルアーの使い分けはこの「レンジ」と「波動」です。
行ける時間帯の潮位と狙う層でTracy25、TRACY15を使い分けます
(ちなみに波動の強さで言うと
TRACY15>TRACY25)。
それともうひとつ意識しているのが「釣行時間」です。
護岸際といっても広すぎるので、
持てる釣行時間と攻めるエリアを考慮した場合、
時間がない時ほど、広範囲に探れるルアーを使います。
1回の立ち位置から
探れる距離が長いほど短時間で周りきれる。
一番良いのは細かく刻んでじっくり攻める事ですが、
時間貧乏な僕はここの理由からも、
TRACY25を使う事が多いです。
3uvxzzpuz9ee75gajzvw_480_480-ed2bec1b.jpg  
  
 
 
②シャロー河川でのクロダイ
陸から狙える岩や杭の多いエリア、
瀬の上に潜むクロダイを狙う釣り。
こちらもルアーはバイブレーションを主流としますが、
ルアーセレクトはやはり飛距離での使い分けがメイン。
根掛かりを気にするため、
護岸際を攻める時よりレンジ高めに巻きます。
この釣りのポイントは
やはりストラクチャの場所や
地形の変化を知ることです。
これは潮の低い時間に回って
地形調査をすることが重要となってきます。
また、こういった河川の周りには田畑が多く、
用水路からの流れ込みがあるため、
田んぼに水が入る季節は濁りが強くなったり、
草木が多く流れ込むため、
釣りがしにくい状況があります。
河川も1つに絞らず、数か所回って、
水質の良い場所を選べるようになれば
釣果UPする事が可能です。
c6r4c2wy7v3z4k92y66r_480_480-4d58e522.jpg
 
 
 
 
バイブレーション以外にも反応する
どちらの釣りにも言える事ですが、
近年はクロダイアングラーも増え、
バイブレーション以外のルアーを使って
クロダイを狙うアングラーが多くなってきました。
昨年は「シンペン」をメインに使うアングラーが
多かったように思いますし、
それなりに釣果が出ていました。
現在量産に向けて準備中の「Shalldus14」も
クロダイに丸呑みされました。
クロダイが反応するルアーは多岐に渡ります。
「このルアーでクロダイを釣りたい」
という楽しみ方も
これからどんどん広がっていく釣りだと思います。
ぜひ、今年の初夏は
「クロダイ攻略」へ挑戦してみて下さい!
8wus4eixa9ns4mcwmz7v_480_480-f8410ffc.jpg
 
------------------------------------------

初夏のクロダイ攻略楽しそうですねーーー!
内田さんには以前に「Tracyによる岸壁攻略」について、
ブルーブルーのログで書いていただいたのですが、
これもとても勉強になるログなので、
ぜひ皆様読んでみてください!!

【BlueBlue】Tracyによるチヌ攻略

また、内田さんの個人ログでもクロダイの攻略について
とても詳しくクロダイ攻略について解説している記事が
いくつもあるのでぜひこちらもご覧ください!

瀬上のクロダイ
ドシャロークロダイ


さあ、内田さんの初夏の釣りいかがでしたでしょうか?
次回は、目黒毅久さんです!お楽しみに!!

 


 
BlueBlue齋藤
 
★★★★BlueBlue Official account★★★★

■Website
http://bluebluefishing.com/
■WebShop
http://bluebluefishing.shop-pro.jp/
■Facebook
https://www.facebook.com/BlueBlueFishing/
■Youtube
http://www.youtube.com/user/BlueBlueFishing

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ