特許

  • カテゴリー:日記/一般
特許とは、「発明」を保護する制度です。特許制度は、発明をした者に対して、国が特許権という独占権を与えることで発明を保護・奨励し、かつ、出願された発明の技術内容を公開して利用を図ることで、産業の発達に寄与することを目的としています。
 特許を受けるためには、発明について特許庁に特許出願をし、特許庁の審査をクリアする(特許査定される)ことが必要です。特許査定されると、出願人がその発明についての特許権を取得し、出願日から原則として20年間、当該発明の利用を独占することができます。







特許が取れたらできること


(1)アイデアを独占できる

特許が認められたアイデアを独占的に使うことができます。

(2)アイデアを使いたい人に使わせることができる

特許が認められたアイデアを使いたい人からお金を貰い、アイデアを使わせることができます。

(3)特許を売ることができる

取得した特許を欲しい人がいれば、特許を売ることができます。

(4)アイデアを勝手に使うのをやめさせることができる

特許が認められたアイデアを勝手に使われた場合には、アイデアを勝手に使うのをやめさせることができます。また、アイデアを勝手に使われたことに対してお金を請求できます。








特許を申請するのは難しく思われがちですが


自分で申請すれば一事案18000円
弁理士に頼べば一事案10万以上

都道府県に1つ 発明協会 知的財産権協会があり予約すれば無料で何回でも相談にのってもらえます

一番大変なのは申請する事案がもう既に特許を取られているかを検索する事

これを怠ると申請料金が無駄になります









発明協会で聞いた所によると

100人特許を取れば、その内の5人がお金になる
そのぐらい狭き門です






上手くいきますとメーカーと契約
イニシャルロイヤルティ
ライニングロイヤルティ
だいたい出荷額の2~5%が相場






当たればビッグマネー❗







コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

シーバスを始めたい人への話を…
2 時間前
シノビーさん

稚アユとトワイライト
9 時間前
平田孝仁さん

復活からの房総ヒラスズキ
16 時間前
タケさん

ライン(リーダー)の真実
1 日前
rattleheadさん

時合の前の時合
1 日前
登石 直路(nao)さん

ハクガ・マサカ
3 日前
有頂天@さん

直線強度100%超えのノット
6 日前
ケンスケさん

行ってきました!フィッシング…
9 日前
ねこヒゲさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!