しつこく通す事の有効性

  • カテゴリー:釣行記

また書くペースが落ちてしまいましたが汗


月曜日のお話


この日もやっぱり夜練小河川で使うはクミホン♪


パパッとタックルを組んでチャリでゴー



PM8:20頃スタート


下げの時間が日に日に遅くなっていくので


釣りをする時間も少しずつ削られていく…


短い時間で確実な釣りをして


少ないチャンスをしっかり掴む練習や!笑


いつもよりも短期集中型で釣りを進める事に。




先ずはこれまで反応の良かった明暗エリア



しかし、反応無し


日に日に反応が薄くなっていた事も考慮すると


ここの魚は少ないのだろうと


早めに見切りを付けた。



続いては真っ暗な壁際


河川が直線のエリアで、ここは護岸を


ひたすら撃っていくのが一番だと判断


すると、真ん中まで歩いてきたあたりで


コンっ!


とショートバイト


ルアーを触ってしまったので出るか


分からないが、もう一度引いてみる


するとまたコンっ!コンっ!


今度は食いそびれた直後もう一度食ってきた


どちらも足元同じエリアなので


同じ個体では?という感じ


コイツはまだ食うかもしれない…


同じコースを巻いてきて


より深いバイトを得るために


少しジャークしてからただ巻き


するとピックアップ前にゴンっ!


と深いバイトが!!


すぐにガバガバっとエラ洗い


悪くないサイズ♪


少しいなして考えたが、


いけるかなと思い抜き上げ笑

324aon793uz24t6b2nf8_480_361-965bf862.jpg

hyjtpizbwezbxv323oob_361_480-fdba0a22.jpg

完璧予想通りな丸飲みでしたクスクス


柔らかめのMLでぶち抜けるとは思わずビックリ


経験上、壁撃ちの釣りは1投目が一番勝負では


ありますが、少なからず敢えてしつこく


通す方が深いバイトを得られる事も


良くあるんです♪


(ただ、これはナイトゲームの方が有効かも


デイゲームでは少し確率が下がる気がします)


そんな今までの経験が活きた一本♪



ささっとリリースしてまた探っていく


が、しかし反応は無い


やはり活性が下がってるのか魚自体が少ないのか


下流側まで歩いてきた


条件の良い所を優先的に撃っていく


具体的には、、

・カーブ
・ベイトが多く見える場所
そして何より、過去少しでも反応があった場所


短時間釣行で大事なのは撃つ数より確実性


少しでも実績のある場所を基準に釣りをするのが


自分のスタイル。



そんなポイントを撃っていると


ルアーのレンジがマックスまで潜って


浮上に切り替わった瞬間に


ゴンっ!!!と強いバイト!


その瞬間から強いパワーで潜っては


全身飛び出すエラ洗い


パワー的には60後半ありそうな感じ?


目の前で食ったのでロッドを持ってかれそうに


なりながら笑なんとかいなして


足元まで寄ってきた


意外とサイズは微妙みたい笑


ただ重くて抜き上げは無理そうなので


タモでしっかりランディング〜

xphv982b59pd22wrpyeg_480_361-cfd789ea.jpg

太い…重い…


目の前で引ったくっていくから最高ですね!


こちらも自分のイメージ通りの食わせでゲット!



ハマると何度も同じ釣りをしてしまう故、


難しい事でも体に染み付けば


思い通りの展開が楽しめる!


そんな魚でした♪



これも手早くリリース


時間もそこそこなので、キリ良く帰る事に。


今回も満足出来ましたっ



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まとめ

自分の経験から渋い状況を打開する

シーバス釣りにおいて非常に大事な

スタイルを最近やっと確立出来てきました!

厳しい状況でも楽しめる

理想の釣りが今回も出来て良かったっ

gw2jbctfjziec393ymky_400_400-386b6b7b.jpg

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!