プロフィール

ヤンゾー

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

logo-mini.gif

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:23
  • 昨日のアクセス:79
  • 総アクセス数:480238

QRコード

アーリープラス98H実釣インプレ。

  • カテゴリー:釣り具インプレ



タイトル通り


実釣によるインプレです。


まぁ前回のログでもそれなりに書きましたが笑


なかなかマニアック、そしてコアな部類に

入る竿の為、インプレが少ない。


ということで人柱へなるために買いました。


前に家での実験やらをやったので


本題へ。

今回、ライトショアジギ、いわゆる


LSJで使ってきました。

4zvbngewznpxi99zfa3v_518_920-2b2bd56a.jpg
リールはツインパワーSW6000HGに

PE1.5号、リーダー40ポンドの

標準タックルと



セルテートハイギャヤカスタム3012

PE1号、リーダー20ポンド


このタックルで


ジグ30~60㌘


プラグ15~50㌘を


いろいろ投げてみました。


ちなみにタックルバランス。


セルテートハイギャヤカスタムだとかなり先重りします。


ツインパワーSW6000でもすこーし先重りします。


試しに家でツインパワーSW8000をつけてみたら

リールが重すぎてよくわかりません笑


セルテートハイギャヤカスタムは290㌘。


15ツインパワーSW6000は430㌘。



恐らく


リールの重さは350~430㌘ぐらいがいいのかと。

カタログにも

適合リール
D社3500~4000番、S社SW5000~6000番と

書いてありましたが


SW4000ぐらいが個人的にはベストな気がします。

どっちにしろ先重りは多少しますから笑

まぁ自分はS社派なんで

SW4000ならPE1.2~1.5号

SW5000~6000ならPE1.5~2号


をアーリープラスで使うと思います。



続いてキャストフィール。


標準タックルでのキャストは


ベストは40~50㌘でしょう。

このタックルバランスだと振り抜くと

矢のように飛んでいきます。


30㌘は飛びますがこの重さを使うならライン細くしたいです。


60㌘は問題なくキャスト出来、飛んでいくが恐らくビビってしまってるのかフルキャスト出来てない。故に飛距離はもう少し。


ティップは60㌘でも余裕です。

恐らく80㌘も振り抜かなければ投げれるでしょう(自己責任でお願いします笑)


そしてプラグ。

やはり20㌘あると飛びます。飛行姿勢などもあると思うのでルアーにもよります。


ちなみにハードコアTT115(18㌘)でもそこそこ飛んでくれました。

プラグでおいしいところは

25~45㌘ぐらいがいいのかと。

K2F142やぶっ飛びシンペン系などは


アホみたいに飛びます。


故に平磯のヒラスズキなどでも

使えるでしょう。


シーズン始まったら使ってみます。


そしてライトタックル。


ジグ30~40㌘はめちゃくちゃ飛びます!が指が痛いです。


40~60㌘も投げれますが


フルキャストしたらライン切れそうです笑指がめちゃくちゃ痛いです笑グローブしないと恐らく指切れます笑


プラグは標準タックルと変わらないですね。

逆に重いものを振りきれる安心感を考えると


このロッドには最低PE1.2号ぐらいは欲しいかと。

キャスト後のティップのブレは戻るのが早く

高弾性ロッドの雰囲気を感じ


好印象。

前のアーリーは中弾性がメインな感じで

あまり好みではなかったですが

アーリープラス98Hは好みです。

マンビカ96Hはかなりブレて

ダルい感じだったので笑



続いてアクション。


30~40㌘はジャカ巻きで少しティップが入るぐらい。

ポーン、ポーンと大きいシャクリでもかなりジグが動いてる感じがします。


そして45~60㌘。

ジャカ巻き、大きいシャクリも程よく曲がり程よく動いてる感じで

やはりベストはこのぐらいのウェイトかと。


ちなみにいちおシーバスロッドなので


ミノーも少し引きましたが

感度は良くないです笑

マンビカ96Hではシャクリでもかなり曲がりましたので


この辺がかなり違いがあるのかと。



まぁロッドのスペック的に

干潟やリバーで使うロッドではないので


問題ないかと。


そしてファイト。

今回はソーダ数本と

いい型のシイラとファイトしましたが


最初の1本以外ドラグフルロック。


正直ソーダは楽勝過ぎます笑


楽勝だけど面白さもあります。

ティップはちょこっと曲がってました。


そしてシイラ。


ジャンプした姿は80センチはあったと思いますが

フルロックなのでベリーまで曲がってました。

がバットは残ってました。


アシストフックが切れなければフルロックでも全然とれたはずです。


ただ体がしんどい笑


やはり高弾性ロッドは固い分、曲げると


体にダイレクトにきますね。


逆にマンビカ96H。

ティップこそ入るがベリー、バットは強いので


ヒットしてからはかなり楽。


逆にソーダやサバだとティップがちょっと

入るんですがパワーは言ってショアジギの


Hクラスですから。


さてさて、そこはどちらを優先するか。


釣るまでを快適に過ごすか。


釣り上げるのを快適に過ごすか。



みなさんはどちらでしょう?



Android携帯からの投稿

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!