プロフィール

バッシー

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2018年 1月 (7)

2017年12月 (7)

2017年11月 (6)

2017年10月 (6)

2017年 9月 (6)

2017年 8月 (8)

2017年 7月 (15)

2017年 6月 (6)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (15)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (6)

2017年 1月 (5)

2016年12月 (6)

2016年11月 (5)

2016年10月 (8)

2016年 9月 (8)

2016年 8月 (5)

2016年 7月 (5)

2016年 6月 (9)

2016年 5月 (9)

2016年 4月 (7)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (12)

2016年 1月 (25)

2015年12月 (14)

2015年11月 (8)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (14)

2015年 8月 (10)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (3)

2015年 5月 (6)

2015年 4月 (10)

2015年 3月 (14)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (11)

2014年11月 (12)

2014年10月 (22)

2014年 9月 (12)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (23)

2014年 5月 (22)

2014年 4月 (20)

2014年 3月 (19)

2014年 2月 (18)

2014年 1月 (23)

2013年12月 (18)

2013年11月 (14)

2013年10月 (18)

2013年 9月 (25)

2013年 8月 (22)

2013年 7月 (28)

2013年 6月 (27)

2013年 5月 (26)

2013年 4月 (28)

2013年 3月 (28)

2013年 2月 (23)

2013年 1月 (34)

2012年12月 (35)

2012年11月 (28)

2012年10月 (38)

2012年 9月 (38)

2012年 8月 (30)

2012年 7月 (39)

2012年 6月 (40)

2012年 5月 (41)

2012年 4月 (26)

2012年 3月 (44)

2012年 2月 (38)

2012年 1月 (48)

2011年12月 (43)

2011年11月 (32)

2011年10月 (31)

2011年 9月 (43)

2011年 8月 (43)

2011年 7月 (47)

2011年 6月 (32)

2011年 5月 (58)

2011年 4月 (26)

2011年 3月 (24)

2011年 2月 (23)

2011年 1月 (14)

2010年12月 (16)

2010年11月 (17)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (18)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:629
  • 昨日のアクセス:540
  • 総アクセス数:2283663

QRコード

アジ。

アジング、の話ではなく「アジカラー」について。

ルアーにはさまざま、いわゆる「ナチュラル系カラー」と言われるものがラインナップされている。

人気
=買って使う人が多い
=釣れている、
と言う見方をした場合、「サカナ系に絞って」人気上位の順に挙げると、

マイワシ
カタクチイワシ
ボラ、イナッコ
アユ、稚アユ
コノシロ、コハダ
サッパ
トウゴロウイワシ
アジ
ハゼ
その他

「その他」には、地域によってパターンと呼ばれるモノが成立している「ご当地ベイト」、サヨリ、イカナゴ、キビナゴやサバ、ヒイラギ、キス、イシモチにイカとエビ、カニあたりが入るのかな。

アユ、コノシロ、トウゴロウあたりが「季節労働者」とすると、
通年モノとしては、マイワシ、カタクチイワシ、ボラが断トツのベスト3に対し、
サッパやアジはだいぶ差を付けられた人気。

さらには、サッパはかなり身近でイワシの力を借りると強力なベイトとなっている。

それに対して、アジ。

東京湾なら房総半島では多少馴染みがあるけど、アジングが盛んになってきている神奈川県側でさえ、アジをベイトとして意識することは少ない。

と言うことで、人気はイマイチだし、そもそもカラーラインナップにない事も多い。

「アジ、いないしなぁ」
「アジいるけど喰われてないし」
なんて理由もあるのか、ショップでも売れ残っていることが多い。

そういうのを見るにつけ、いつも「勿体ないよなあ」と思う。

アングラーに対してもだけれど、メーカーに対しても。

「アジ」ってネーミングじゃなければ、もっと売れるのに~、と。

多くのアジカラーパターンを、
単純に「ブラウンバックシルバー」と見たら、捉え方が違ってくるような。
爆岸系みたいに「シークレットブラウン」とか付けたら売れるでしょ?

多くのモノは無理にアジに似せようとして、逆に手に取りにくくしてる印象が...

マイワシカラーが「ブルーバックグ」
カタクチカラーが「ブラックバックやパープルバック」

背面カラーのコントラストに注目するとこれらとの使い分けで、薄濁りの水質では一番馴染みやすいカラーだったりする。

「薄濁り」の程度は、
丁度今くらいの時期で、葉緑素をあまり含まない薄い茶系の濁りがしっくりくる。

そう、使う時期は今。

ある程度の濁り、または澄みでも対応するので、例えばバイブを1つだけとかなら、アジカラーはオススメです。

ちなみに同じアジカラーでも、Bassdayのマメアジカラーは金ベースで、もう少し濁りが強めやローライト寄り。

また、抵抗のある人は、
アジカラーで良くある頭部の黒点、
あれを赤マジックで塗ってください。
むしろ釣れそうな流血したエラみたいになりますから、是非。

まぁ釣り施設とか内房とかでは、普通にアジの泳がせでスズキ狙って釣れてるのだから、アジだと思って使っても自然だとは思いますけどね。

てな訳で、今週はアジカラーが先発です。

と言うか、釣り行けるのかな?

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!