プロフィール

佐藤宏憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:32
  • 昨日のアクセス:56
  • 総アクセス数:1076732

契約メーカー


ラパラジャパン

SPECIAL THANKS


ノースクラフト

シマノ

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

CHARTER BOAT


アングラーズスタッフ

LINK


爆釣速報

検索

:

QRコード

爆風の河川で連発

  • カテゴリー:釣行記
  • (RIVER)
前回セレクトしたポイントは序盤にアベレージがまとまるなど、ランカークラスの可能性を少なからず感じ取れという事で北寄りの爆風といったコンディションではありましたが、当日も仕事後の下げ六分から同ポイントへ。





前日の状況からとりあえず魚の顔は見れるかと思っておりましたが、現着すると北寄りの風が6〜7m吹いており、ウネリも入ってボイルはもちろん、ベイトの存在も目視では確認できず、苦戦を強いられるといった展開。




釣りもかなりやり辛いといった状況ではありましたが、幸い風が流れの向きと同調していた為、手前のシャローまでしっかりと押しのある流れが効くといった中、ルアーは水掴み・魚にルアーの存在をしっかりと気付かせるといった意味で12cmクラスのミノーを中心に。




そして、風が弱まるタイミングを見計らいながらキャストし、着水後しっかりとラインメンディングをしても遠距離の釣りが成立するような状況ではなかった為、前日に反応が出た岸寄りのファーストブレイクを丹念にチェック。




それでも、リーリング途中で横風の影響を受けたりと思い描いたアプローチが常に決まる訳ではなく、暫し沈黙が続いたところで待望のヒットは60cm程であり、ランディングにも至らず・・・



その後、30分程が経過した頃には風が10m近くまで強まってきたものの、更に流速が加速してファーストブレイクにくっきり潮目が入ったタイミング。



ルアーは変わらずマックスラップロングレンジミノー12で少しでもラインコントロールがし易いよう潮下へとキャストしてダウンドリフトで潮目にアプローチすると数投でゴンッ。



フッキング直後にそれなりの手応えを感じられた事もあり、丁寧に寄せてきてその姿を確認すると80cmあるか無いかといったグッドサイズ。



しかし、手前でいなしてる最中のエラ洗いで痛恨のフックアウト・・・




これを最後に潮目も消えて再び沈黙が続いたところで、潮時的にもこのポイントは見切って仲間がエントリーしていた明暗部へ。



こちらも風は変わらずといった感じでしたが、岸寄りのシャローにはサッパの姿も確認でき、早い時間帯にはそれなりに数は釣れたとの事。



そして、潮位的にブレイクより手前のラインは既に流れも残っておらず、魚が定位している沖目のラインにアプローチする事を最優先にルアーはラインスラッグを処理し易く、水掴み・飛距離も優れたバイブレーションのBTバイブ78Sをセレクト。




なるべく低い弾道でキャストした後、手早くラインスラッグを処理してから明暗部をトレースしていくと1投目から♪

5z9ingfwzhc5tun5dv9m-a67af6e3.jpg
(BTバイブ78S HOOK:VMC7554 ♯8)



この魚をキャッチしてから仲間もスイッチが入り、ここからは3人でバイブレーションを投げ始め連発モード。

dezh72oz6d8yof7t5nfu-c861d5da.jpg
(BTバイブ78S HOOK:VMC7554 ♯8)

vjp3acp37vck9zvgnwf3-e8fadaad.jpg
(BTバイブ78S HOOK:VMC7554 ♯8)


ほぼキャスト毎にコンタクトが得られるといった状況ではありましたが、流石にバイブレーションを使用しても大雑把なアプローチしかできない強風下であり、ラインもフケってしまう為かフッキング率はもちろんバラシも頻発。



それでも、バイトは続いて60UP連発♪

3n5khw9um59tania5fiy-60ac6546.jpg
(BTバイブ78S HOOK:VMC7554 ♯8)

yy78d86hy2en4istmpto-51103d68.jpg
(BTバイブ78S HOOK:VMC7554 ♯8)


そして、バイトの回数より頻度は少ないものの、時折ボディタッチが出る事からも魚はそれなりに上を意識している感じで、通常であればバイブレーションを3人で投げ倒していれば直ぐに釣れなくなるようなコンディションでしたが、強風が魚の活性も高めているようで、その後も終始反応が続く無限バイト状態♪

vww9mu54gw8ybhrvuzft-3277e72e.jpg
(BTバイブ78S HOOK:VMC7554 ♯8)

ndhsn4eymxs6b3t37uy8-ad02e118.jpg
(BTバイブ78S HOOK:VMC7554 ♯8)





流石にソコリが近づいて流れが緩んでくるとバイトの頻度は減ってきたものの、それでも5投もすればバイトを得られるといった状況ではありましたが、時刻も深夜1時をまわったところで無理せず納竿としました。






TACKLE

ROD:クロノタイド912ML(以上 ジャクソン

REEL:エクスセンスLB C3000HGM(以上 シマノ

LINE:オクタノヴァ1.0号(以上 ラパラジャパン

LEADER:ラピノヴァリーダー22lb(以上 ラパラジャパン

HOOK:VMC7554トレブルフック(以上 ラパラジャパン

LONDING TOOL:アルマプログリッパー6インチ(以上 ラパラジャパン

LURE:
マックスラップロングレンジミノー12(以上 ラパラジャパン
ソーランリップレスミノー120F(以上 ストーム
BTバイブ78S、アドラシオン125F(以上 ノースクラフト
サイレントアサシン140F(以上 シマノ) etc.

コメントを見る

佐藤宏憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!