プロフィール

佐藤宏憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/11 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:3
  • 昨日のアクセス:152
  • 総アクセス数:1051397

契約メーカー


ラパラジャパン

SPECIAL THANKS


ノースクラフト

シマノ

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

CHARTER BOAT


アングラーズスタッフ

LINK


爆釣速報

検索

:

QRコード

連日良型キャッチもランカーまではあと一歩

  • カテゴリー:釣行記
  • (RIVER)
三夜連続にて80UPをキャッチできるなど、晩秋のランカーシーズンもいよいよ本格化した湾奥河川。


当日は仕事後からの釣行でもあった為、下げ残りを狙って鈴木君と河川へ。



目的のポイントにはアングラーの姿があった為、上流に位置するエリアに移動して実釣を開始する事に。


北寄りの風が程よく水面を波立たせ、下げ流れも加速させるといった中、既にブレイク手前の潮位は1mを切ってはおりましたが、そんなシャローでも時折イナッコの姿は確認できるといったコンディション。



ルアーはブローウィン140Sをセレクトしてブレイク先の太い流れまでを広くチェック。



ダウンクロスにてアプローチし、しっかりとルアーに水を当ててレンジを入れていくと何度かコノシロのコンタクトも。



そして、流速差によってブレイクにはヨレが生じており、そんなラインにルアーが到達する頃には完全にダウン方向に入っていた為、アクションをキープするといった意味でも殆どリーリングはせずにヨレを切っていったところでヒット♪




しかし、70cm弱といったサイズではありましたが、ランディング手前でフックアウト・・・



更に同様に探ってもう1バイト得られるも今度はフッキングには至らず、次第に流れが離れてヨレも消えてしまったところで、流速的にもフローティングタイプのサイレンアサシン140Fへとローテーション。



この頃にはソコリを迎えて惰性での流れが残る中、目視で確認できるような変化も生じていなかった為、引き続きブレイクラインを中心に探っているとヒット♪

9unib35y6cgnw9a5dpjp-38952dba.jpg
o866b9uuynerdeg8t726-aefafcae.jpg
(サイレントアサシン140F HOOK:VMC7554 ♯4)



ランカーには届かなかったものの、この時期らしいコンディションの75cm。

hnubmjjzm4txmcfyghaw-994bfe8b.jpg



リリース後、引き続き同じラインを探っていくも、雨が降り始めてしまってストップフィッシング。




そして、その翌日もサイズを視野に下げ五分から鈴木君と同河川へ向かうとアングラーの姿はなく、目的のポイントにエントリー。



当日も北寄りの風が程よく水面を波立たせる中、スタートはいつも通りブローウィン140Sにて。



ブレイクには流速差によってヨレが生じており、そんなラインを探っていくと早々にバイトが得られるもフッキングには至らず・・・



その後は暫し沈黙が続き、セカンドブレイク先に潮目が絡んだタイミングにはそんなラインまでルアーを到達させる事を優先してサイレンアサシン140Fへとローテーションすると数投で♪

d8c4wj2b3bvupi3em944-3c199cf3.jpg
mb29rewuut24bf4tnzeg-ad649abe.jpg
(サイレントアサシン140F HOOK:VMC7554 ♯4)



フッキング時に手応えを感じられるサイズではありましたが、ランカーには一歩及ばずグッドコンディションの77cm。

xyvyf5hfd522fap4iyia-31df5b38.jpg




ワンチャンスといった感じでこの魚のリリースを終えた頃には潮目が離れてしまって連発とはいかず。


それでも下げの進行とともにコノシロの気配が出てきたところで薄っすらと生じていたブレイクヨレにて立て続けにバイトは得られるもフッキングには至らず、これからといったタイミングではありましたが予定もあった為、ソコリを前に納竿としました。




狙いのランカークラスまでとはいきませんでしたが、両日とも晩秋らしいコンディションの70UPはキャッチする事ができ、今後も十分チャンスが巡ってきそうな湾奥河川でした♪







TACKLE

ROD:エクスセンスS903ML/MH(以上 シマノ)  

REEL:17’エクスセンスC3000HG(以上 シマノ) 

LINE:オクタノヴァ1号(以上 ラパラジャパン) 

LEADER:ラピノヴァリーダー25lb(以上 ラパラジャパン) 

HOOK:VMC7554トレブルフック(以上 ラパラジャパン) 

LONDING TOOL:アルマプログリッパー6インチ(以上 ラパラジャパン) 

LURE:
マックスラップロングレンジミノー12(以上 ラパラジャパン) 
アドラシオン125F(以上 ノースクラフト
ブラストシャッド140F、スタッガリングスイマー125S AR-C、サイレントアサシン140F(以上 シマノ
ブローウィン140S etc.

コメントを見る

佐藤宏憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!