プロフィール

STUDIO COMPOSITE

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/12 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:650
  • 昨日のアクセス:1125
  • 総アクセス数:281342

QRコード

ビッグベイトのシーバスゲーム (ハイギアとパワーハンドル)

  • カテゴリー:日記/一般
前回は、ハイギアリールのメリットとフッキングについて少し話しました。

主にベイトリールには、ローギアのモデルとハイギアのモデルが2タイプ存在し、ローギアは、クランクベイトなど巻き抵抗が強いもの。

そしてハイギアは、回収及び手返しと思われがちですが、ハイギアのもう一つのメリットは、フッキングなのです。

このハンドル一回転のラインの巻き取り量を利用して、効率よくフッキングする事により、ターゲットの硬い口を貫くフッキングが可能となるのです。

多くの人が当たりがあると、竿を立ててフッキングします。

しかしロッドを上げるだけの動作では、フッキング時にラインスラッグが回収出来る距離は、1メートル程です。

これでは、ターゲットの硬い口を貫く事は出来ません。

もし掛かったとしても、掛かり方が浅くて、最初のヘッドシェークやエラ洗いでバレる可能性が高いです。

これをやってる人は、早めの段階で、直した方がいいでしょう。

それでは、ハイギアリールとパワーハンドルを利用した効率良いフッキング方法を説明します。

その1

アタリを感じたと同時にハンドルを巻き、ラインスラッグを回収しロッドを立てて合わせる方法。

ビデオ等でエキスパートの方が良く行っている動作です。

そしてこの動作を効率良く行う為に、ハイギアのリールが有効になるのです。

特に流れの中では、結構な量のラインスラッグが出ていて、これを一気に回収するのは、ローギアでは遅すぎます。

一回転の巻き込み量が多いという事は、より少ないハンドルの回転数で、ラインスラッグが効率よく回収出来ると言う事です。

その2

これは、自分が良く行うフッキングですが、ロッドを立ててフッキングしません。

と言っても、最終的にロッドは立てるのですが、これはサカナの頭を自分の方向に向かせる為の動作で、フッキングとは違います。

では、その方法ですが、当たりを感じます。

ラインスラッグを回収します。

そしてサカナの重みが更にハンドルに伝わるまで、リールの回転を止めません。

完全に重みが加わった時点で、ロッドを立てて、サカナを誘導します。

これが、ハイギアリールとパワーハンドルを利用した巻き合わせです。

上顎を貫くロッドの硬さなど関係ありません。

必要なのは、ギア比とハンドルのトルクとパワーです。

これが出来る様になると、フッキング率も高まり、合わせ切れが無くなります。

以下、フッキング時のラインスラッグの回収量です。

ロッドを瞬間的に立ててフッキング 1メートル

一回転に80cm 巻き取れるハイギアリールを3回転で、単純に2、4メートル 。
プラス ロッドを立てて1メートル 合計 3、4メートル

ハイギアリールを6回転で、4、8メートル
どの方法より効率的です。

それではなぜ、そこまでラインを回収しなければならないか?
ラインは、アングラーが思っている以上に水中で弛んで居るからなのです。

そしてロッドを立ててフッキングしない代わりに、ハイギアのギア比とハンドルのパワーを利用して、ターゲットの硬い口を貫きます。

この事実をいち早く理解出来、取り入れたのが、琵琶湖の巨大なバスをターゲットとするプロアングラーなのです。

これについては、次回お話しさせて頂きます。

参考までに

スタジオコンポジット セキグチ












コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

意外な結果 試すことの重要性
2 時間前
ケンスケさん

僕は塩水くさびを知らない
10 時間前
平田孝仁さん

ビッグベイトの話をしよう。
11 時間前
シノビーさん

湘南河川 この時期特有のアタ…
15 時間前
登石 直路(nao)さん

釣り負った心の傷は釣りでしか…
3 日前
カサゴスレイヤーさん

新境地の開拓へ
3 日前
タケさん

シーバスを探せ!〜先ずはいつ…
3 日前
ねこヒゲさん

ベイスラッグの系譜
4 日前
有頂天@さん

湾奥アジング 極寒激シブから…
13 日前
Gontaさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!