プロフィール

松浦宏紀

香川県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:103
  • 総アクセス数:1730353
top_logo.gif sd2wced9tepxug3e5ew3-10aaedd8.gif 72y8zryyo4eu5dbaywi4-ae8201dd.jpg s2r93fp3poohvmwt4zb5-72e3e091.jpg 1.jpg?v=bbf3b7 button331.gif

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

QRコード

クロダイ~HIROstyle~

最近連日釣行していたチヌゲー

特にチヌゲーはトップで狙うのが
超楽しい♪

楽しすぎて、腱鞘炎(爆)

しばらく、腕を休めています(笑)

さて、今回トップで狙うチヌを
少し書かせて頂こうと思いますが、
知っている方は、当たり前のことと
思われるかもしれません。

これは、今から初めてみようかな?
ってアングラーが見てくれたら良いな的な
感じで書きますので・・・。

まず、トップで狙う時はポッパーとペンシル
を使用すると思いますが、
使うタイミングは分かりますか?

まず、どちらがアピール力が強いのか?
っていうのを考えてみると・・・

はい、当然ポッパーが強いですよね(*^_^*)

まあ、どちらのルアーも自分自身のルアー
コントロールで、アピールの幅は調整できますが。

で、その使い分けが大切。

チヌはルアーをじっくり観察して捕食します。

ただ、観察にもっていくのが難しく、
チヌをイラッ!っていかにするか?

一番大切なのは、水深。

深くて2m、浅くて50㎝くらい。

浅くても、深くてもダメなんです!

一番ポッパーで反応するのは1m以上の水深。

それ以下は、基本ペンシルを使用しています。

ただ、波化がある時は、ペンシルは使用しません。

なぜなら、波化でペンシルはアピール力が
低すぎるから!

また、濁りがきつい時は、ほぼどちらも出ない!

クリアで水深1メートル前後、凪なら
まず、出ます!!

後は、地形。

地質は石が混ざっている砂地又は泥場。

ヘドロはあまり良くないです。

手前が深くて、沖が浅い河川なんかは、
大抵沖の浅場にキャストして
深場に入る前にバイトが集中します。

マズメ時は良いと思いがちですが、
一番大切なことは、水深・水質・波化
この3つが大切になることを覚えといてください。

クリアなほど良いし、凪ほど良いのがトップで
狙うチヌゲーだということです。

あとは、河川により上げ下げどちらか良い方が
あるので、それを狙って、短時間で勝負!
ってこともできると思います。

釣り方は、色々試してください!
先ほど書いた状況と当てはまる時は
少々雑にしてもチェイスしてきますから!




 

コメントを見る

松浦宏紀さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!