ゼロベース

  • カテゴリー:釣行記
作戦をシンペンとバイブの二投流にした二日めの夜。
あくまでもバイブはオトリで、シンペンで食わせる意図。


レンジバイブ80をカウント5から中速で、アップからダウンまで扇状に五等分に切っていきます。


クロスからのカウント後、巻だし5回転でバイブ特有のズシッと重くなるアタリが♪


はぁ?
まさかヒットするとは思わなかった中速のバイブ。今日は活性が高いのかと思いきや、続かない。

yc3ysosmzzv9joimt8f6_920_518-d430d757.jpg





ならばシンペンに替えて、ダウンからの足元でズゴーン!

fwxga5xa2gkgyrwzd65i_920_518-177a1528.jpg
この時、確かにルアー背後の水面が盛り上り、んっ?っと思った直後のヒット。
やはり今日は活性が高いのか?


けど、後が続かない…………
しかも、ヒットポイントが全然違うしレンジも違う…………
パターンがつかめない…………
この時期ベイトとなる小魚が、イナッコ、ハヤ、サヨリ、ハゼ、などと多様に点在している為、活性は高いがポイントが定まらない。


作戦続行で、バイブに交換します。
レンジバイブ55が、着水と同時に引ったくられる‼全くの想定外のヒットに対応が遅く、ジャンプ一発フックアウトとなり、その後ルアーローテするけど、全く反応がありません。


こうなると、迷いが生じて釣れる気がしなくなってきます。


ここは一旦、作戦を白紙に戻しゼロベースで練り直します。

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!