カレンダー

<< 2020/2 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

:

QRコード

秋の大分Seabassゲーム-Toshiki Kajiwara

皆様こんにちは。

大分県の梶原です。
だいぶ冷え込みがキツくなり、大分県でも夜間は10℃を切る日も増えてきました。

風邪も増えてきてますので、皆様も防寒対策をしっかり行ってフィールドに出て下さいね。

今回は先日の釣果をご紹介します。
大分県大分市内河川の秋のパターンと言えば、コノシロパターンと落ち鮎パターンの二大パターンですが、ここ数年秋のハイシーズン時にコノシロが非常に薄く、機能しにくい状況です。

何故なのか理由は分かりませんが、秋のコノシロパターンはコノシロの入りが悪く、本当に厳しくなりました。

そこで、必然的に落ち鮎パターンを選択することになるのですが、こちらは落ち鮎パターンのポイントにアングラーが集中し、とても入れる状況ではないくらいの混雑ぶりで、個人的にはこの秋そういった混雑したポイントは避けてました。

ただ、人が多い落ち鮎ポイントは魚も確かに多かったとの話しでしたが、落ち鮎パターンが成立するポイントは一ヶ所だけではなく、他にポイントがあるのはある為、先日はそういった人が多いポイントを外した選択で、落ち鮎パターンを狙ってみました。

それまでは地形変化や別のパターンを模索していましたが、まだまだすぐには答えが見つからないのが現状ですね。

今秋初めての落ち鮎パターン狙い。
透明度の高い美しい水の中で、ウェーディング
し、流れの中を狙っていく。

落ち鮎パターンで今回使用したルアーはデッドスローアクト145。

落ち鮎パターンで私が良く使用するルアーの1つ。
名前の通りデッドスローでドリフトさせながら使うのが私の場合はメイン。

この日はなかなか出ませんでしたが、深夜まで粘り、歩いて移動を繰り返し、流れの中を何度もやっているとようやく一本出ました。
ap5rrc3uw3ftnsdkuww5_480_480-798a24ce.jpg
77cmと少しサイズには物足りなさが残りますが、コンディションも良く、良いファイトをみせてくれました。
dsmmvaactf7nht3a4t97_480_480-84a9feaa.jpg
デッドスローアクトは艶やかな動きで、流れの中で暴れ過ぎず、落ち鮎パターンでも良い仕事をしてくれます。

また、残りのシーズン使用機会が多くなりそうです。


大分県フィールドテスター

梶原 利起
Toshiki Kajiwara

個人Blog

 http://www.fimosw.com/u/Dgs1 

Facebook

 https://www.facebook.com/toshiki.Kajiwara.7/ 

Instagram

 https://www.instagram.com/Kajiwara_toshiki

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

以心伝心なSTVTD
18 時間前
rattleheadさん

夜釣りで灯りを照らすと釣れな…
1 日前
ケンスケさん

行ってきました!フィッシング…
1 日前
ねこヒゲさん

魚を釣ることだけじゃない僕の…
1 日前
平田孝仁さん

ぶらり途中下車の横浜シーバス
2 日前
登石 直路(nao)さん

コーヒーの話をしよう。
12 日前
シノビーさん

挨拶から始める釣り
20 日前
カサゴスレイヤーさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!