本当は怖い釣りの病気。

  • カテゴリー:日記/一般
フィッシャーマンの皆様。
お元気ですか?


日本釣り連盟
広報担当『こちん』です


この度、釣り連盟では三年に渡る独自調査において
釣り人が注意すべき病気を発見し、データ化いたしましたので
この場を借りて発表させてもらいます。


皆様も以下の病気に心当たりがあるのならば
対策、治療の上、釣行されますよう
お願い申し上げます。











病名 キャスト病



学名 キャスティングシナイトオチツカン症候群



主な症状

仕事帰り。帰ってから。少し時間が空いた時などに
どうしてもロッドを振らないと気が済まない人
釣れる釣れないよりも空気を切り裂いてルアーを遠くに飛ばしたい人などは、この病気



初期症状

例えば仕事中などで狭い空間(室内など)を歩いていて
突然広い空間(外など)に出たときに
『ヒュッ!』といった効果音をつぶやきながら
キャスティング素振りをやっちまう人。



治療法

バカにつける薬など無い










病名 ウェーディング病


学名 ウェーディングナンタラカンタラウンコ病



主な症状


特にウェーディング初心者に多くみられる病気。
ウェーダーを脱いだのに水の流れに押される感覚や
水圧に足を揉まれる感覚が残る病気。




初期症状

初期だからなるんじゃ?




治療法

バカにつける薬など無い











病名 fimo病


学名 フィッシャーマンズマウンテンゴリラ ラッパ パナキ病



主な症状


fimoというサイトがあるらしい。(自分は知らないが)
そのサイトをBookMark登録し
ログイン、ログアウトを繰り返す病気。
ログインしたはいいが何を見る訳じゃなく2分くらいでログアウト。
しかし、またすぐにログインしウロウロする病気。




初期症状

簡単ログイン設定をしたが最後
1分でも暇があればログインしてしまう。




治療法

お前はもうログインしている












以上が9月末現在で
日本釣り連盟が発表している
釣り人が注意しなければいけない病気です。


これらの病気と釣り人とは
切っても切れない縁になりがちです。

みなさんもこれらの病気と上手く付き合いながら
快適な釣りライフを送れるように努力しましょう!




最後になりましたが
日本釣り連盟会長の『こちん』が
心の俳句を発表してますので
こちらに記載させて頂き、最後のご挨拶と変えさせていただきます。





















シーバスや

いいからルアーに

かぶりつけっ コラァ ボケェ

(相当字余り)

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!