アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:25
  • 昨日のアクセス:65
  • 総アクセス数:589275

プロフィール

川端浩二

宮崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

QRコード

9月に入りサーフに立つ

ちょいと前。


釣りやすい地合いに入ったつもりが、 全く魚っ気が無い!
何か悪い事したかな?と考えてもそんな心当たりはない。数か所をランガンしてノーバイト。。釣れたと思いきやミニマムセイゴやチヌ。
最終的にさらにランガンしてやっとこさブローウィン125Fで釣れた。。。フッコサイズでした。

se8xw6zgt883295c3sgv_464_400-08158452.jpg

こんな日もあるかと後日入っても、あれだけ釣れたエリアは何も無し。季節の変わり目はこんなもんだし河川から付場が変わったのかもしれません。
諦め悪く昨晩もたまたまでしょ〜と日にちも変わって入って相変わらずミニマムチヌとセイゴ。。


今期は終了ですね〜。


アジフライが強烈に食べたくなってアジングを堪能しました。アジングも最高に楽しくて時間を忘れて没頭してしまうから適度に抑えますが、、、やっぱり楽しい釣りですね!


河川の付き場に変化がやってきて、今季もオオニべを狙うシーズンの再来しました。
狙う条件としては主にガンガンに時化たサーフでカレントに潜む個体になる。
ただ海はまだまだ夏の水温だからアカメも混じり、平鱸のバイトが多い時はアカメやオオニべが居なくて、平鱸のバイトが全くないときに居る確率が高くなる。。。。
すーっと流してルアーがターンしたときに強烈な一撃が走る。スコーンと吸い込んだ感触が伝わった瞬間に少しボヨンとした生命感のある根掛かりのようなフリーズ。この瞬間にあらゆる快感がやってくる。
ビーキャス100Hでは巻けない個体が居るから昨年導入したアブの青物べイトロッドを使用。ミノーのキャストや操作性はストレスを感じるくらい最悪ですが、そこはしょうがない部分として割り切ります。

地形はサーフらしくずいぶんと変わっている。水深は深くなって感じではあるけど、波が割れるサラシの位置がイマイチ遠い。初日はノーバイトで今年はどうなるか。


ハイシーズンの肝属川に立ったとき、メーターが出た時の好調な年だった時なんかは期待感で心臓がドキドキする。そして時化まくりのサーフに立った時も同じく。

1投1投が心からドキドキできるシーズンになってきました。 

コメントを見る

川端浩二さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!