プロフィール

川本 斗既@ガチ

島根県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:3
  • 昨日のアクセス:361
  • 総アクセス数:649513

QRコード

SALTY × ima channel


前回収録したima channelですが、んん?てしゃべりもあり~~ので後から見返しても・・・・な感じの第一弾でした(苦笑)







基本しゃべらない人間なのでしゃべろと言われてしゃべるのはなかなか難しいものですね



で、本日正午いよいよ第二弾が公開となります!







今回の動画はSALTYとの連動記事となっております!



gmzi8p2jm8yi6dymdpf2_650_920-3725b186.jpg



サヨリパターンでの細かい操作方法等、内容についてはSALTY内に書いてますので、よかったらご覧になってみて下さい♪



3bdcjcgyc8endtnicvib_920_610-e6349be9.jpg




3marh4cyuhutuhakftyv_920_610-98d550b4.jpg




シンペンとミノーを使ったサヨリパターンというお題で実釣してますが、その動画内で見え辛い箇所についての補足です。



先ずは一本目魚ですが、ここはシンペンのお題でしたので当然シンペンを使用しての実釣となっています。



で、ヒットする前が背後からで見え辛いかと思いますが、この時は下げの流れがキツい上に沖からの波もきつい状態でした。



距離にすると50~60mくらい沖で川からの下げの流れとサーフからのカレントの両方の流れがぶつかっているような感じで、その辺りにシンペンを送り込んでます。



この時は波高も高く下げも強いのでリトリーブはせずに、ロッドを数回煽っては送り煽っては送りしてシンペンを前後に動かして、その流れのブツかる場所に居るであろうシーバスに目の前に流れて来るサヨリをイメージして誘ってる訳です。



少々大きくアクションさせてる様に見えるかもしれませんが、実際は距離が50m以上離れていて、尚且つ波高もあったのでそれ程動いてはないはずです。



先に書いた動いていないは、荒れている状況の中での動きですから、静かな時よりは大きく動かしてシーバスに見付けてもらう必要が出てきますので、その時の状況の中での動いていない、大人しいと捉えて下さい。



二匹目のミノーを使っての実釣ですがこれはヒット前に手元が映っているのでよく見ていただきたいのですが、軽くロッドを煽った後、デッドスローで竿先を送り込んでるんですね。



こうした送り込む釣り、流す釣りというのは特にですが、流れや地形、ルアーの動きやベイトポジション等を自分の中で何処まで水中をイメージ出来てるか?



そのイメージが実際と何処までシンクロしているか?がキーとなります。



イメージと、実際とが上手くシンクロすると



ドスンッ!!と



uir7zn43m2h2oo68skt7_920_610-7cf067dc.jpg



あれくらい荒れてても、特定のベイトを偏食しているシーバスはその動きをよく見ていて、ス~~~~っと流れてくる物を確実に見ているんですね。



なので、サヨリを偏食しているような時は動かし過ぎは禁物!!



シルエットは細くアクションはロール主体が鉄則なのです。



このような流れのあるシチュエーションでは、狡猾なランカーサイズほどベストポジション(楽に捕食出来る場所)で待ち構えているので、自分の方に流れてくる物に好反応なんですよね。



なにやらKo 130Sが限定ではありますが、10月に発売となるようでございます。



サヨリパターンのあるエリアの方は是非試してみて下さい!!



何度も言いますが、今回のkoは限定発売となっておりますので、使ってみよ♪って思われた方は各小売店様にて早めにおさえちゃって下さいませm(__)m


あっ!ちなみにこのko


バチにもスゲー効くんです♪





コメントを見る

川本 斗既@ガチさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!