エギ誕生秘話

  • カテゴリー:日記/一般
エギ(餌木)が誕生したのは、薩摩地方(現在の鹿児島県)だといわれているが、薩摩よりもっと南の島が発祥の地だという説もある。

 

だが、いずれにしても九州地方であることは間違いない。

 

昔からある餌木は、山川型とか大分型と呼ばれるように、九州地方の地名が付けられたものが多いことからも、その事実がうかがい知れる。

 

エギとは、イカを釣るための擬似餌の一種で、昔、薩摩地方では餌木と書いて「えど」と呼んでいた。

 

エギの誕生には諸説あるが、実際に使われ始めたのは江戸時代の後期(1700年代)だといわれており、その時代に夜焚きに使った松明(たいまつ)の焼けこげたものにイカが抱きついたことがヒントになって考案されたという。

 

この時代の餌木は、今のような布巻きや塗りで美しく加工されたものではなく、木肌を生かしたものだった。

 

主にクスノキの材が使われたが、桐や山椒でも作られたという。

 

耐久性を増すために削りだした餌木のボディを火であぶり、それに磨きを加えて美しい木目を出したり、模様を付けたりして作られていたそうだ。

 

そして、オモリの代わりに六文銭を使ったものが見つかっている。

 

エギには大きく分けて二つのタイプがある。

 

ひとつはもっともポピュラーでシャクリを基本にしたエギングで使われているもの。

 

昔はエビ型とも呼ばれていたように、大型のエビの格好や動きを模したもので海底近くでエビが、ぴょんぴょんと飛び跳ねている様を演出するシャクリ方が有効だ。

 

もうひとつの魚型とか細魚型呼ばれるもので、小魚を模したエギである。

 

もともと外洋性の大型のアオリイカを釣るために開発されたもので、漁船をスローで走らせながら、船尾から数本糸を出してエギを引きながら釣るため、曳き型とも呼ばれる。

 

このタイプのエギには布巻きは少なく、背は茶系、腹だけ白く塗り分けたものが多い。

 

大型のアオリイカを狙うため、使われるエギもエギングではまず使わない4・5号とか5号が普通だ。

 

しかし、この曳き型と呼ばれるエギも最近では、魚型見られなくなりエビ型が主流になってしまった。



上記は文献を引用












魚型エギを考案



特許庁の事案を調べると魚型エギが出願されていました



画像一番上



普通に型を変えた位では申請は認められそうにありません!



付加価値を付ける事にしました



以前からエギは新品ほど釣れる事に気づいていて、風呂に入る時2つを比べてみました



違いは歴然



新品は全身に気泡を纏っていました!



これを魚型エギで再現しよう



画像三番目



エアホールをエギの下部に斜めに開け、キャスト時、水がホールから排出する様に設計しました



三シャクリ目位、ボディーから泡がでます



パニックになったベイトを演出出来る様になりました!











特許庁からpat.p認めて頂きました









コメントを見る

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!