プロフィール

自作ライト

愛知県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/6 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:16
  • 昨日のアクセス:661
  • 総アクセス数:1111506

QRコード

変態ライトマニアです! 市販品を改造して、明るくして楽しんでいます。(笑) また、ソル友申請など、お気軽にどうぞ! ヤフオク http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/ user/fumiaki12001 フェイスブック https://www.facebook.com/ fumiaki.nakamura.98

ダブル レッドLEDライト対決

er753osuny86tefhs5p7_480_480-86b9160a.jpg
このような改造をするのは自分だけだろう。

LEDを2つ乗せちゃう手法。

波長670nmレッドLEDを2つ乗せたライト。

既に1ヶ月前に完成していたんだが・・・(汗)


近所で光の様子だけでもテストして見た。

xyyed9cnmzdgpj89peen_480_480-b12bc000.jpg
見にくいが、波長670nmダブルLED(上)と波長630nmダブルLED(下)の2つ。
上のヤツが波長670nmダブル。
LEDの周りの基板が緑色なのが目印になる。
旧型LEDのシリーズだが、最大電流が高い新型となっている。これはシリーズの追加版って事。
参考までに、この写真、暗い室外にテーブルを持ち出して、ズーム1000(旧型)で照らしている。

ダブルLEDの目的だが、波長670nmまでになるとシングルLEDではLEDの最大出力でも人間の目では暗く感じる。
実際は、それなりのパワーなのだが目が明るく感じない、見え辛い波長なのだ。
それで、2つのLEDを載せて、倍の明るさにした。

欠点は、スポットにすると光が2つに分かれちゃうので、中間位置程度が限界となる。
しかし、別れた1つの光は200m程度は飛ぶので使えない事はないだろう。

s3b53gab6b8ucvsrovfm_480_480-dc2df61a.jpg
波長670nm(左)と波長630nm(右)

どちらも常識外れのダブルLED仕様なので、凄く明るい!(笑)

8832sozrw5b963s5ut5n_480_480-c1ad3aa3.jpg
写真は、自動で明るさが変わるので、余り参考にはならない。
シングルとダブルを比べても、写真では違いが出ない。
実際には、凄く違うのは、御理解頂きたい。

この写真は、2つを比べている。

波長670nmダブルは実用性がある明るさだった。
それに対し波長630nmダブルはやり過ぎか?(笑)

zyij3aevwk7orwr6bop6_480_480-01e7faa0.jpg
どうだろう、この写真ならパワー感が伝わるだろうか?

vaoadvrb79tf24u4xzry_480_480-86b43370.jpg
me2vvrb4jac6ybaj678y_480_480-41c31ea2.jpg
この写真を見れば、違いは分かるか?

明るい方が波長630nmとなる。
色は実際の方がどちらも、より赤い。


生き物でテスト
rpegpiksks8hsu9t4fjo_480_480-f6e28c91.jpg
b38v42jwk5hrm2ekeih5_480_480-adc97eac.jpg
亀とおたまじゃくしを波長670nmで照らして見た。

白色ライトで照らせば、速攻で逃げるヤツラも、このライトなら、全く反応を見せなかった。

亀は最初、寝ていたようだったが、後ほど照らしたら首を出していたので、スポットで目を照らして見たが、全く反応が変わらなかった。
どうやら、見えないようだった。

おたまじゃくしも同じ、スポットでも反応は無い。

かなり不可視ライトに近づいたようだ。

爆光ライトシリーズとしては、不可視用途なら、迷わず波長670nmダブルLEDをお勧めしたい。

実用重視の場合、波長630nmなら、シングルLEDで充分な明るさがあるので、そちらで使えると思う。
こちらのダブルはやり過ぎ感があるかも?(笑)




5月2日に奇怪な生物の動画があります。(シェア)
もし、宜しければ、見てネ、
凄く怖いと言うか、鳥肌です!
この生物、一体、なんなんだろうか??? (怖)
 

コメントを見る

自作ライトさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ