プロフィール

TOSHI

島根県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:25
  • 昨日のアクセス:70
  • 総アクセス数:353651

QRコード

ランカー平鱸確保‼︎‼︎メモリアル90up


釣行日3日前


天候 波高 風向の大体の予想がつく


曇り

波高2.5m→3m

北の風


絶好のヒラスズキ日和‼︎‼︎


この風でヒラスズキゲームするなら


ポイントは無数に存在する


僕が行ける範囲の海図を見ながら考える


twsg6e3bzhm6wfu5o5ke_920_690-f31b8a68.jpg


さぁ〜どこに行くか…


様々なファクターから


ポイントを絞り込んでいく


この考えてる過程が


たまらなく楽しい‼︎‼︎‼︎‼︎


頭の中はもうフィールドに居て


ゲームプランを考えている



ロックショアバカヤローなら


もうこの時点で興奮するはず


完全にサラシ中毒です


荒磯の過酷な状況の中に身を置き


自らの対応力を磨く


本当に好きじゃないとこんな荒行みたいな事出来ないと客観的に思う‼︎w


サラシの中から飛び出す銀鱗を夢見ながら


釣行当日



興奮してあまり寝れていない


小学生の遠足の前みたいな感じ…


嫁におやつは300円以内よってバカにされながら家を後にした‼︎w



現場に着くと


予想通りのサラシ具合


ベイトの気配は濃厚



r9jrcgexnbpgn7oyr272_690_920-854fd95c.jpg


そして…


朝一に80upのヒラスズキをかけて

ランディングミスする。


確実に自己記録更新サイズだっただけに


悔しい(≧∇≦)


朝一のワンチャンスを逃して



魚からの反応がなくなる



再び海に生命反応が出たのは昼過ぎ


だが…


p8a786ffrgtjtd3x9pav_690_920-56771328.jpg


磯マルの群れ


そして…


ヒラセイゴの群れ


iwyxibdcsk2o9t9hr348_690_920-53cbca1f.jpg


コレはコレで嬉しい


普通なら満足して帰るのだが…



何か海の雰囲気が


釣り場の空気というか


いつもと違う気がしていた


水色だったり


魚の気配だったり


潮の動き方や風だったり


具体的に何が⁇



って聞かれても答えれない




ただ第六感や直感的なものが



僕をフィールドに留まらせた



そして


期待の夕マズメ


潮止まりからの動き出し


とある地磯


足場は7m


kb8mj7e86cm9ihxyek3g_690_920-0aacc744.jpg


北風が強く吹き


波も激しくなり


サラシが一面に広がる


波のセットを見る為に


しばらく海を眺めていると


ベイトが何かに追われて飛び出した


そして


大きな尾鰭が


サラシの中から現れ


ゆっくり消えた


魚までは特定出来なかったが


ヒラスズキのような気がする


…だとしたら


モンスター級


ただただ


デカイ


その魚は行動に無駄がなく


間違いなく餌が獲れるタイミングで


確実に獲れる場所に陣取りしていた


ベストポジションにヤツは居る


後はどうアプローチするか



違和感なく口を使わし


確実にヒットさせなければ


スレでかかれば絶対獲れないサイズ


セレクトしたルアーは


ダイワZ130F-HD

フックはSTX58#2

ハイパーリング#4


沖にキャストし高速引きして


レンジを入れてやる


サラシの出来るタイミングで


サラシに入れて


漂わす

ドンピシャのタイミングで


ポイントの上に流れた



おそらくヒットゾーンは狭い






さぁーこい






さぁーこい










ドパーン‼︎‼︎‼︎‼︎



予想ヒットゾーンで



魚体を全て出して


ルアーに襲いかかる銀鱗


あまりの太さに



頭の中は一瞬パニックに






あんなデカイヒラスズキが居るのか⁇





真鯛か⁇




確実にヒラスズキを目で見てるのに


信じられない自分がいた


一呼吸置いて


鋭くアワセを一発入れる


フッキングは成功


平狂2がフルベント


ドラグはかなりしめてあるが


魚が潜ると


糸が出ていく


ティップを叩かないので


鯛ではない


やはりヒラスズキなのか⁇


頭を横に振っているが


振る度に


ドラグがチリチリ出ていく




なんとか瀬には行かせないように



ロッドを立て



膝まで使って溜めて



踏ん張る



ヒラマサで特訓してきた甲斐があった‼︎w



少しずつ相手の体力を奪い



距離を詰め



浮かせた魚体は見た事のないサイズの



平鱸



完全に弱らせる為に


沖に出しては弱らせてを繰り返す


完全に横にしてから


ランディング


いろいろトラブルがあったが


全てがギリギリのとこで



ijvmw62njmn2sc7vkkij_690_920-da070da1.jpg



荒波にもまれてリングまで変形



zsd8x4i4ms7bjypkhhuk_690_920-6fa58155.jpg





なんとかランディング出来た




危機一髪




起死回生の一尾‼︎




i498hpkmm8fwi6t4mhio_920_690-c2b0e562.jpg


ヒラスズキを追いかけて

ここまで来るのに

8年かかった



No pain , No gain


苦労なくして 得られるものはない





nomsspegy7x6j23c59uy_690_920-9407d037.jpg

平鱸91cm

7.2キロ


y7zvh7hsor2jckf8tkit_549_920-e97cbc2b.jpg


全てを想定し


完璧な装備で挑み


それでも運がないと獲れないサイズ


感動や興奮


今までの釣行を


意味のあるものにしてくれた


ヒラスズキに感謝


山陰の荒磯にもロマンがある


58cigzk8eumbf9ptp2cy_920_690-66849cdf.jpg


サラシ中毒末期患者より























































































































コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!