プロフィール

ヒサ

愛知県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/6 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:39
  • 昨日のアクセス:78
  • 総アクセス数:1099265

ナイトブレード

2月25日 大潮 満潮8:00?
 
沖のマダイとかシーバスや、アジが気になって仕方ないヒサです。
 
でもそんな滅多に行けないので、頭に「そのうち」の夢を持って楽しんでます(笑)
 



 
土曜日は釣り友のやしゅりさんを誘い久しぶりに釣行。
オープンのディープエリアのナイトゲーム。

これは去年自分はかなり苦手だったのですが、今年はかなり得意になってきてます。
 


ナイトブレードの可能性。
そのフィールドのクセがわかれば、かなり良いルアーだと思う。

 
元々フルキャスト系アングラーで、ピン狙いとかは ほんとしないし、キャスト精度も低いから「できません・・」

 


釣行PM11-AM1
下げはじめには間に合わないので下げ5~
水温前回より2度アップ
 

衣浦エリアではたぶんあと2潮でバチにシーバスが着く。
それまでは、伊勢湾・・・。シーバスのストックが違う。
 
 

 
今回も同じくナイトブレードのみの釣り。ルアーチェンジゼロ・・w
 
なぜかというと、爆風向かい風と、激流でミノーシンペンがどうにもならず、かといってバイブは、はずれルアーとなる日だからです。


 
実際何を食っているかはわからない。ただ、食い方、バイトの感触が自分で言うのに楽な説明だと「アミパターン系」

 
ー以下、その日に妄想して調べた内容ー

まずは、適当に扇状に投げ、上から下まで探る。
まく速度も当然、上の時は早めになってるし、下だと遅い。
 

あと気にすることは、ブレードが着水し、それが斜め前方潮上に落ちたら自然とターンして帰ってくる。
そのターンする位置を少しずつずらしていって、どこのターンでバイトがでるかを調べる作業。
 
要は
巻き速度
深さ
ターン位置

 
だけで、同じルアーだけ使ってみた。
但し、ブレードじゃなくても、それに近い位置と速度とレンジが出せるなら、他のルアーも良かった。
 
 
そのうちバイトがでるゾーンが見つかる。もしくは、出るゾーンが出来る。
※  出来るってのは、魚が降りてきて、ちょうどそこに留まり出す事。
 

 
1時間経過し、ある範囲5mの円で何か魚のバイトらしいものが出た。

そこへ直接打ち込んだら、狙う4mに届く頃には、ルアーは5mの円には無くなる。

だから、潮上の斜め前方へフルキャスト→若干沈める→5m円でターンするよう(4mかつ超スローで)ルアーを巻いてくる。
 
「プニョ」
 
バイト。20cmのセイゴがかじったくらいのバイト。だけど、追って捕食しない魚(ちょうど流れてくるエサを スポっと吸うだけのシーバス)なだけであって、実際は40cm~は必ずあると思ってる。
 
2投目
「プニョ」
 
ここで3投目!って普段行くんだけど、今回は、あえてここで一服。




画像撮影時間で確認すると23:14 
 
プニョで終わってしまって、ヒットしないのは何かわけがあるんだと・・・・何が理由??

ん~~こうやってあえての一服して何か考えて、次投げてヒットしたら、最高。
とか、妄想して休憩。


理由は・・・・微調整。もうあと1m奥にターンさせた方がいいと見た。
そこに岩のヨレがあるから。
 
理由を予想して投げてヒットの一撃王なんて面白いだろうなあ・・・なんて。

3投目
「ゴン!」ヒット!
うわ~~~超気持ちいい~と心の中でつぶやく。

一撃

23:19  偶然かもしれないんだけど・・
 







 
場所をやしゅりさんと変わり、投げてもらうことに。


そこで彼のブレードを見る。
ここではヒットさせにくいブレードを使っている。
それを曲げて、改造してみた。
※ブレード曲げたり伸ばしたりして、その日の流れで、一番使いやすい引き抵抗と、巻き速度ができるよう調整する。
 
その流れが把握できやすくするチューンです。

1投目
ヒット!
 
 

ファイト中を隠し撮り(笑)

 
「プニョ」のバイトがセイゴが沸いてるって言うけど、冬はそんなこと無い。って思う。
 
ちょうど、そこにシーバスがじっと待ってて、流れに乗ってくる バチとかアミとかを吸ってるからそうなっちゃうのじゃないかな・・・って思う。
 
 
ん~~~~なんか・・・これがヒットさせた感という奴で、単に投げてたのと違うという釣りなのか・・・・?


そして、よくよく考えると、これもピンの釣り。縦 横 速度 調整で その5m内を通すことに専念するのもピン???
 
5mを探すことからスタートだから、長い準備が必要だけど、これはこれで面白かった!
 
そして、やしゅりさんもタグをブス!っと刺し、リリース。
二人でゆっくり泳いでいく姿を、見えなくなるまで眺めてました。



 
ううーん
ブレード一つとってもルアーって奥深いのかもしれないなあ・・・。
ベイトを追って追って食って、をしてない日。
そういう日がルアーの使い道を追求してくこと=ヒットかもしれん。
 
 
 でも・・・・魚は教えてくれないから、わからない・・



ブレード曲げて抵抗過大にしたほうが使いやすい日もあります^^
-----------------------------------------------


潮時:大潮 
時間:PM11-AM1
ベイト:バチ・アミ
水温:10度

タックル
ディアルーナS906M
バイオマスターSW4000XG
PE1号
フロロ20lb
 
ヒットルアー:
湾ベイト29g
 
――――――――――――――― 
 
 
タグ番号:JGS-161578
釣り人:ひさ
全長:52cm
日時:2012年2月25日
場所:伊勢湾中部
 
タグ番号:JGS-161579
釣り人:やしゅり
全長:57cm
日時:2012年2月25日
場所:伊勢湾中部

コメントを見る

ヒサさんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

湘南河川でオススメポジドラル…
17 時間前
登石 直路(nao)さん

釣れた場所がジャスティス。
24 時間前
BlueTrainさん

釣りバカ解体新書
1 日前
有頂天@さん

ベイト初心者によるベイト初心…
2 日前
ねこヒゲさん

ブルーアンタレス -BLUE ANTAR…
4 日前
柳竿 シンゴさん

お気に入りのロッド!
4 日前
渡邉 雄太さん

飛ばないルアーは飛ばせなくて…
4 日前
ケンスケさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!